稲田徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いなだ てつ
稲田 徹
プロフィール
愛称 トロンベ、ボス
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都八王子市
生年月日 1972年7月1日(42歳)
血液型 A型
身長 184 cm
職業 声優
事務所 青二プロダクション
活動
活動期間 1994年 -
デビュー作 男性
(『美少女戦士セーラームーンS』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

稲田 徹(いなだ てつ、1972年[1]7月1日 - )は、日本男性声優ナレーターである。青二プロダクション所属。

東京都八王子市出身。身長184cm。体重81kg。血液型A型星座かに座

経歴[編集]

青二塾東京校第14期卒。デビュー当初の声優としての活動の傍らで『激走戦隊カーレンジャー』、『ビーファイターカブト』のヒーロー役のオーディションに参加していた(その縁で『ビーファイターカブト』に声優として出演)。

人物像[編集]

出演作品との関わり[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ
スーパーロボット大戦シリーズ」の熱狂的なファンで、『スーパーロボット大戦α外伝』の収録で『∀ガンダム』のハリー・オードを演じた際、ファンであることをプロデューサーの寺田貴信が引くほどにアピールし、その縁でエルザム・V・ブランシュタイン(レーツェル・ファインシュメッカー)役をもらっている。緑川光によると、携帯の着信音は「Trombe!」(エルザムのテーマ曲)。なお、『∀ガンダム』で共演した曽我部和恭の代役も一部受け持っている。スパロボ公式ブログで相沢舞の記事にたまにメッセージを送ったりすることもある。また自身が担当したキャラクターが登場しない作品においても一般兵の役で出演することもある。
スーパー戦隊シリーズ
スーパー戦隊シリーズ」では悪の怪人、幹部役として出演することが多いが、『特捜戦隊デカレンジャー』では唯一ヒーロー側のレギュラーとしてデカマスター/ドギー・クルーガー(通称ボス)の声を演じた。今でもこのキャラクターを愛しており、携帯電話にはデカマスターとドギーのキーホルダーを付けている[2]。その惚れ込みは尋常ではなく、「地獄の番犬(ドギーの異名)」「碧牙(読みは「ベガ」。ドギーの愛刀「ディーソード・ベガ」に因んでいる)」のロゴ入りの帽子を特注で作ったほどであり[3]、声を役のイメージに合わせるため、録音前に車中で大声で歌い、わざとかすれた感じの声を作ったともコメントしている。他にも、デカマスターに初めて変身した回のアフレコの前日は、興奮のあまり眠れず、アフレコ当日は気合を入れすぎて喉を切って血を吐いたという逸話もある。また、最終回のアフレコではあまりの思い入れに号泣したという。『海賊戦隊ゴーカイジャー』においてドギーを再演する際はアフレコに参加するだけでなく芝居を確認するという目的でロケーションも見学しており、スタッフをしてその思い入れを「火傷しそうなくらい熱い」と称されている[4]。また歴代の戦士に変身出来るゴーカイジャーがデカマスターへ変身する際にはジョー・ギブケン / ゴーカイブルーが担当するのを希望していたようであり、実際にジョーがデカマスターに変身した際にはTwitterで絶賛している。『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』への出演も(アトラクションショーにおいて、ドギーとギャバンが旧知の友である設定もあり)熱望していたが、ドギーまで絡めると尺が足りなくなるからと実現しなかった。放送から約10年が経った現在でもデカレンジャーに対する情熱は凄まじく、『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』が発表された際にはその経緯等からデカレンジャーの10周年作品を作りたいとTwitter等で度々発言している。
『デカレンジャー』以降、稲田は『BLEACH』の狛村左陣のように、ドギーを彷彿させる人狼役に起用されたことがいくつかある。また、後の戦隊シリーズの『獣拳戦隊ゲキレンジャー』にゲスト出演した際に、稲田の演じる幻獣カプリコーン拳ドロウ(修行その41・42)がゲキレンジャーに向けて「まとめてデリートしてやる」と言いつつデカレンジャーの決めポーズを取るという、同シリーズ内でのファンサービス的なパロディもある(ただし、ドロウのキャラクターはドギーとは大きく異なる)。
デカピンクを演じた菊地美香が声優として活動するようになったのは稲田からの誘いだったという。
劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』の公開記念で酒井一圭ら戦隊OB俳優による自主製作予告編が作られたが、稲田もナレーションで参加した上で、ドギー役としても顔出し出演し、上記の「地獄の番犬」帽子姿でデカマスターの変身ポーズを決める姿がYouTubeにアップされた[2]
特撮作品のメジャータイトルと言える4タイトル(「スーパー戦隊シリーズ」「仮面ライダーシリーズ」「ウルトラシリーズ」「メタルヒーローシリーズ」)全てに出演した数少ない声優の一人でもある(他には加藤精三などがこれに該当する)。
また、前述のデカマスター以外にも、『劇場版ウルトラマンコスモス』のウルトラマンコスモス、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』の仮面ライダー1号と、戦隊、ウルトラマン、仮面ライダーそれぞれのヒーロー役を演じている唯一の役者でもある。

趣味・嗜好・特技[編集]

愛車の名前は「アマンダ」(前述のハリー・オードの妻の名前)。

モヘヤでできたセーター(特にタートルネックノースリーブのもの)に目がない。モヘヤのセーターを見ると人が変わる。味覚に関しては『ツバサ・クロニクル 由依&美香のぷり☆すて』にて甘党とコメントしていた。また、好きな食べ物は麦とろとも語っている。

特技は殺陣。ただし本当は基礎をかじった程度で、本人は「ハッタリです」と語る。

自身もゲスト出演した『海賊戦隊ゴーカイジャー』のヒロインのアイム・ド・ファミーユ / ゴーカイピンク及びそれを演じる小池唯の大ファンであり、Twitterで彼女の魅力を度々語っている。

演目としては所謂「熱い」作品を好む[5]

番組・イベント出演時の様子[編集]

よく甚平雪駄を身に付けていて、イベントでもその姿で登場したことがある。

ラジオでゲストに来たりすると突っ込み役になりやすく(上記のモヘヤのセーターを見たとたんに「壊れた」、という例がある)、役もどちらかといえば突っ込み系が多い。場合によっては「空気が読めない」と評されることもある。

悪戯が好きで、入野自由トウガラシを食べさせたり、隣に座っていた女性共演者の履いているスリッパを飛ばしたりする。また最近では誕生日プレゼントの際に貰った頭のマッサージ機を他人に(いきなり)付け、反応を楽んでいる姿も見受けられる。このマッサージの被害にはとりわけ牧野由依が遭う頻度が高く『ぷり☆すて RETURN』では毎回牧野が被害にあったときの「ぬぐぇ!」という声が聞かれた。また女性の二の腕が好きで、女性の共演者の腕を必ずと言っていいほど触らせてもらう。

プロレスとの関わり[編集]

リングアナになりたいと語っている。アントニオ猪木の物まねも得意(『電光超特急ヒカリアン』、『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』で、それを連想させる台詞がある)。PS2ゲーム『餓狼伝 Breakblow』においてアントニオ猪木をモデルとしたキャラクター・グレート巽を演じたこともある。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

時期未定

OVA[編集]

1994年

1998年

1999年

2002年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

劇場アニメ[編集]

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2007年

2008年

2009年

2011年

  • 劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜(中年)

2012年

2013年

2014年

Webアニメ[編集]

2001年

ゲーム[編集]

1997年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

  • DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND(雷道[38]

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

1996年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

映画[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

ドラマCD[編集]

朗読CD[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 劇団大富豪第5回公演 「ETERNAL BLUE」(2008年9月25日‐28日、浅草橋アドリブ小劇場)
  • 劇団大富豪番外公演 「カレッジ・オブ・ザ・ウインド」(2009年8月27日‐30日、浅草橋アドリブ小劇場)
  • 劇団大富豪特別公演 「Cage.」(2010年3月24日‐28日、中野ザ・ポケット)

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 稲田徹‏@trombe_boss”. 2013年10月5日閲覧。
  2. ^ a b 劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー CM4 Tetsu Inada.ver - YouTube
  3. ^ 特捜戦隊デカレンジャー 第19話”. 特捜戦隊デカレンジャー 東映公式サイト. 東映 (2004年6月27日). 2013年5月7日閲覧。
  4. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー東映公式サイト「第5話・ジャッジメント・パイレーツ」
  5. ^ 2012年11月2日、公式ツイート
  6. ^ 月刊ニュータイプ』2013年10月号、角川書店2013年9月10日
  7. ^ ABOUT”. アニメ ブラッドラッド 公式サイト. 2013年7月1日閲覧。
  8. ^ ケロケロエース2013年5月号』、角川書店、2013年3月。
  9. ^ 俺、ツインテールになります。 公式ホームページ”. 2014年8月9日閲覧。
  10. ^ NHKアニメワールド くつだる。公式”. 2014年4月10日閲覧。
  11. ^ 夏アニメ『東京ESP』が、7月11日よりTOKYO MX他にて放送決定! 主人公・漆葉リンカ役に木戸衣吹さんが決定&新着情報を大公開!”. アニメイトTV. 2014年6月2日閲覧。
  12. ^ 三瓶由布子さんや神谷浩史さん出演のアニメ『ヒーローバンク』が放送決定! 第1話先行場面カットも大公開!”. アニメイトTV. 2014年1月14日閲覧。
  13. ^ PirikaChroのツイート (497575121993732096)
  14. ^ 新作アニメ『参乗合体トランスフォーマーGo!』ケンザン役・興津和幸 インタビュー”. れぽたま!. 2013年8月14日閲覧。
  15. ^ 劇場アニメ【AUR〜A魔竜院光牙最後の闘い〜】”. AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜公式サイト. マーベラスAQL. 2013年1月3日閲覧。
  16. ^ 電撃PlayStation』 Vol.519 2012年5月31日号
  17. ^ 『SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド』新システム続々!”. ファミ通.com. 2012年8月20日閲覧。
  18. ^ キャラクター デビルリバース”. 真・北斗無双. 2012年11月9日閲覧。
  19. ^ キャラクター 赤鯱”. 真・北斗無双. 2012年12月6日閲覧。
  20. ^ ヒーロー”. カオス ヒーローズ オンライン公式サイト. 2013年3月12日閲覧。
  21. ^ タイトル情報”. DRACUE. 2012年11月12日閲覧。
  22. ^ 『機装猟兵ガンハウンドEX』の発売日が2013年1月31日に延期”. ファミ通.com. 2012年11月22日閲覧。
  23. ^ 『シャイニング・アーク』人と人の“心”をつなぐRPG”. ファミ通.com. 2012年10月17日閲覧。
  24. ^ 『真・三國無双7』武技覚醒! 武将と成長システムの情報を公開”. ファミ通.com. 2013年1月9日閲覧。
  25. ^ CHARACTERS”. 真・三國無双7. 2012年12月3日閲覧。
  26. ^ キャラクター”. 真・三國無双7 猛将伝. 2013年8月29日閲覧。
  27. ^ 登場機体”. スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE. 2013年9月24日閲覧。
  28. ^ About ストラガイア”. HEROES' VS. 2013年1月22日閲覧。
  29. ^ 『電撃マブラヴ』Vol3、アスキー・メディアワークス、6-7頁
  30. ^ 週刊ファミ通』2014年11月20日合併号、エンターブレイン、2014年11月6日
  31. ^ キャラクター”. シャイニング・レゾナンス 公式サイト. 2014年10月20日閲覧。
  32. ^ 「スーパーヒーロージェネレーション」,残された最後の敵が大幅に強くなる「ラストショック」の詳細が判明。新たな参戦ユニット情報もお届け”. 4Gamer.com (2014年9月19日). 2014年9月20日閲覧。
  33. ^ 週刊ファミ通』2014年1月2日号、エンターブレイン、2013年12月19日
  34. ^ 『戦国無双 Chronicle(クロニクル) 3』サブモード“練武館”の新情報が公開 置鮎龍太郎さん演じる“遠呂智”などが登場”. ファミ通.com. 2014年10月19日閲覧。
  35. ^ キャラクター”. ヒーローバンク. 2014年3月14日閲覧。
  36. ^ キャラクター”. ヒーローバンク2. 2014年11月21日閲覧。
  37. ^ 『BLADE ARCUS from Shining』の最新映像が公開、第2回ロケテ版の使用キャラを紹介【動画あり】”. ファミ通.com. 2014年8月22日閲覧。
  38. ^ CHARACTERS”. DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND. 2014年11月22日閲覧。
  39. ^ フィギュア王』No.181、ワールドフォトプレス、2013年2月23日
  40. ^ ちび戦!!公式サイト”. 2013年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]