GENTARO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GENTARO
GENTAROの画像
プロフィール
リングネーム GENTARO
"ナスティ"ブラック・パンサー
BENTEN
TAKAHASHI
本名 高橋 元太郎
身長 176cm
体重 95kg
誕生日 1974年10月28日(39歳)
出身地 東京都小金井市
所属 FREEDOMS
デビュー 1999年5月8日
テンプレートを表示

GENTARO(ゲンタロウ、本名:高橋 元太郎(たかはし げんたろう)1974年10月28日 - )は、日本の男子プロレスラー東京都小金井市出身。身長176cm、体重95Kg。血液型O型FREEDOMS所属。跳躍力を生かした美しいフォームの空中殺法を得意とし、また試合運びの上手さには定評がある。

大学生の頃はプロレス同好会に所属しており、通っていた城西大学[1]ではハヤブサをモデルとしたレスラー、「ヤブサメ」として人気を博していた。なお、プロレスリング華☆激に参戦していた"ナスティ"ブラック・パンサーの正体でもあり、その他様々なマスクマンとしても活動している。大日本の別ブランド横浜プロレスでは、GENTAROによく似た黒ドクロ団の総帥「TAKAHASHI」が参加している。

経歴[編集]

レッスル夢ファクトリー入団後の1999年5月8日埼玉県所沢サンアビリティーズにおける興行で、対加藤茂郎、死神、怨霊組との6人タッグ戦でプロレスデビュー(デビュー戦のパートナーは覆面太郎三浦博文)。F.M-TARO(ファイティングマシンタロー)と名乗る。

2001年KAIENTAI-DOJOに移籍するも同年中にフリーランスとなり、2002年DDTプロレスリングに所属し、佐々木貴山下義也とのタッグで活躍した。

2003年に再度フリーランスを経て、2004年アパッチプロレス軍に入団。

DDT時代から佐々木貴とのタッグチーム「アカレンジャーズ」を結成、活躍していたがアパッチ移籍後、佐々木貴が主戦場を大日本プロレスに、GENTAROがZERO1-MAXに移した事もあり、タッグは消滅。以後、シングルプレーヤーとしての道を歩む。

2006年には、ZERO1-MAXで、菅原拓也の4団体認定インターナショナルジュニアへの挑戦、天下一ジュニアへの出場の他、アパッチ本隊の抗争とは別に参戦した、新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニア2006では前年度覇者のタイガーマスクから白星を奪うなど成長をアピールした。

2007年、デスマッチ経験者であるにも関わらず、それを毛嫌いするキャラで、デスマッチ中心に活動する佐々木貴の「たかし軍団」、葛西純の「045邪猿気違's」と抗争。これにジ・ウィンガーHi69と共に、デスマッチ否定派閥「PULP PACKS(紙パック軍団)」を結成。その屁理屈ぶりでマンモス佐々木を怒らせた。

2008年、佐々木貴とのチームでDDTに出戻り参戦。

2009年、第1次アパッチプロレス軍解散後、新団体プロレスリングFREEDOMSに参加。その後、VKF KING of WRESTLE NANIWA王座インディージュニアヘビー級王座DDT EXTREME級王座を立て続けに獲得。12月には、新日本主催・スーパーJカップにも出場。

2012年8月5日、札幌大会のセミ出場後、体調不良を訴え緊急入院。検査結果、脳梗塞と診断された[2]。以降、予定された試合はすべて欠場している。

9月17日のFREEDOMS新木場大会が「GENTARO AID」と題した大会に変更され、収益すべてが治療費に当てられる他、8月27日以降の主催興行にて募金箱も設置された[3]。また、アイスリボンもGENTARO AIDと同日同時間帯に予定されていた道場マッチの時間帯を変更[4]し、試合を提供している。

退院してからは復帰を目指しリハビリを行なっており[5]2013年5月の後楽園ホール大会にはKING of FREEDOM WORLD選手権のベルトプレゼンターとして来場。退院後初めて観客の前に姿を見せ、補助無しではリングに上がれない状態ながらも[6]自ら佐々木貴にベルトを手渡し、「いつか、いつか、このベルトに、絶対、挑戦するからな、それまで守れよ。」とスピーチを行い身体の回復をアピールした。その後、リハビリを兼ねながら復帰に向けトレーニングに励み、多少の言語症が残る状態ながらも身体機能はほぼ回復したとして、2014年3月13日のFREEDOMS後楽園ホール大会において同団体の5月2日後楽園ホール大会での復帰を表明。4月3日には復帰戦の対戦相手が木高イサミとなることも発表された。当日、メインイベント後に特別試合として組まれた復帰戦に休場前と変わらぬビルドアップした肉体を披露し、ダイビングヘッドバットや雪崩式ブレーンバスター等の大技も繰り出した。イサミの勇脚により敗れたものの、20分を越える試合時間を無事にこなし、今後のレスラー活動を継続することも表明している。[7]

得意技[編集]

かつてはブレット・ハートショーン・マイケルズを強く意識したファイトスタイルだったが、近年ではグラウンド重視の試合展開や一点集中攻撃などの試合組み立てを重視したプロレスを得意とする。

  • シューティングスター・プレス
非常に美しいフォームが特徴。かつてはGENTAROを代表するフィニッシュ・ホールドだったが近年では使用機会が減っている。
ショーン・マイケルズの得意技で、彼にあやかりこの名で使用。
  • ダイビング・エルボードロップ
両手を組み合わせたまま落ちてくるスタイル。こちらもマイケルズの得意技。
  • フライング・フォーアーム
これもマイケルズの得意技。ヒット後にヘッド・スプリングで立ち上る仕草もまねている。
  • サスケスペシャル1号
シューティングスター・プレス同様の得意技であったが、近年は使用機会が減少。
  • スワンダイブ・プレス
  • GENTAROカッター
雪崩式ブレーンバスターを狙った相手をフロントネックロックの体勢に捉え、前方回転して放つネックブリーカー。
  • シャープシューター
主に繋ぎ技として使用。こちらはブレット・ハートの得意技。
  • 足極め首固め
相手の首をサイドネックロックの体勢で捉えた状態で足を掛け、首を前方に引き込んで丸め込む技。
GENTAROこだわりの技で、藤波辰爾がかつて数回使用した際、非常に理にかなった技であると判断し、使用し始めたとテレビ番組のインタビューで答えている。

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • 初代:「I die for you」(ボン・ジョヴィ
  • 二代目:「Another side of」(D.B.M.N ドーベルマン)

特記[編集]

映画[編集]

その他[編集]

ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし大学では1年留年した後、中退している。
  2. ^ 現在のGENTAROの症状について”. 2012年8月22日閲覧。
  3. ^ 9・17(祝月)新木場大会をGENTARO・AIDとして開催!”. 2012年8月22日閲覧。
  4. ^ 【大会情報】9/17アイスリボン道場マッチ416大会時間変更のお知らせ”. 2012年8月22日閲覧。
  5. ^ GENTAROからファンの皆さんにお礼の手紙が届きました!”. 2013年2月2日閲覧。
  6. ^ 『東京03豊本のプロレス回覧板』2013年5月3日「帰ってきたGENTARO選手」より。
  7. ^ 『脳梗塞で倒れてから約2年…GENTAROが奇跡の復帰!』=Yahoo!ニュース”. 2014年5月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]