KAZMA SAKAMOTO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KAZMA SAKAMOTO
KAZMA SAKAMOTOの画像
プロフィール
リングネーム KAZMA SAKAMOTO
KAZMA
サカモト
本名 非公開
ニックネーム アメリカ帰りのテクニシャン
リアル殺戮兵器
身長 185cm
体重 100kg
誕生日 1982年10月1日(31歳)
出身地 東京都町田市
所属 フリーランス
デビュー 2003年5月3日
テンプレートを表示

KAZMA SAKAMOTO(かずま さかもと、1982年10月1日 - )は、日本プロレスラー東京都町田市出身。

略歴[編集]

KAIENTAI-DOJO[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

  • 負傷により長期欠場していたが8月13日に復帰、296より勤王党党首の座を託された。
  • 2006年11月14日に開催されたGPWA興行に出場した。

2007年[編集]

  • 5月6日第3回ディファカップでROHヘビー級王者森嶋猛に挑戦するも敗北。

2009年[編集]

2010年[編集]

  • 8月15日、火野裕士に敗北。CHAMPION OF STRONGEST-K王座崩落。
  • 8月21日、CLUB-K3000のインフォメーションコーナーに突如現れ、「これから世界のプロレスに挑戦する為、暫くKAIENTAI DOJOを離れる。また戻ってきたときに大暴れしてやるから楽しみにしとけ。」と発表。今後は、団体所属のまま、無期限の欠場となることが、団体側から発表された。

WWE[編集]

2011年[編集]

  • 10月、同団体に所属する滝澤大志と共にWWE傘下のFCWへ参戦。リングネームはサカモトSakamoto)。

2012年[編集]

  • 2月28日、WWEとディベロップメント契約。引き続きFCWからの昇格を目指す。
  • 4月、テンサイマネージャー(番組内ではテンサイの弟子とされている)としてRAWに登場。ディベロップメント契約から約2ヶ月という異例の早さでの一軍デビューとなった。
  • 8月、テンサイのマネージャーから降ろされ、出番がなくなりNXTに降格となった。

フリー[編集]

2013年[編集]

  • NXTではジョバーとしての出場が中心となり、5月16日のショーにてブライリー・ピアースと試合したが、コナー・オブライエンに乱入される。その後ピアースと組んでのハンディーキャップマッチに挑むが惨敗。翌23日の放送となるNXT王座挑戦者決定戦のバトルロイヤルを最後にWWEから解雇となった。
  • 6月9日、ZERO1後楽園大会に火祭り参戦をアピールするために登場。14日の出場選手発表会見にて出場することが決定し、リングネームをKAZMA SAKAMOTOへと変更。
  • 7月より開催された火祭りにおいて勝ち点3で予選落ちとなった。
  • 火祭り後、古巣であるKAIENTAI-DOJOに定期参戦。ZERO1にも継続参戦。
  • 9月21日、WRESTLE-1にて河野真幸の相棒として登場。TAJIRI & グレート・ムタというトップレスラータッグを相手にするが敗戦した。

得意技[編集]

  • 蒼魔刀
  • HARAKIRI
ダイビング・フットスタンプ
ロック・ボトム
シットアウト式スパインバスター
アックスボンバー
  • KAZLOCK
チキンウィング・アームロックと袈裟固めの複合技。
変型エメラルド・フロウジョン

獲得タイトル[編集]

KAIENTAI-DOJO

入場曲[編集]

  • 初代:「Erill Bunch」(T.A.Factory)※キングレコード「KAIENTAI DOJO」に収録
  • 二代目:「FIENDISH」(YOSHIAKI YAGO)※キングレコード「KAIENTAI DOJO 2」に収録

その他[編集]

  • WWE所属時、テンサイの入場曲のセリフ部分はサカモトの声を当てていた。

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]