ワールド・リーグ・レスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワールド・リーグ・レスリング
World League Wrestling
略称 WLW
本社所在地 アメリカ合衆国ミズーリ州エルドン
設立 1999年7月
業種 プロレス興行
プロレスラーの養成
代表者 ハーリー・レイス
関係する人物 ハーリー・レイス(創業者)
特記事項:日本プロレス団体プロレスリング・ノア」と提携している。
テンプレートを表示

ワールド・リーグ・レスリングWorld League Wrestling)は、アメリカ合衆国ミズーリ州エルドンを拠点とするプロレス団体及びレスリングアカデミー(プロレスラーの養成施設)も併設している。略称はWLW

概要[編集]

1995年に引退した元NWA世界ヘビー級王者ハーリー・レイスが、1999年7月にアメリカ・ミズーリ州エルドンに設立した。

ザ・ハーリー・レイス・レスリング・アカデミーThe Harley Race Wretling Academy)というプロレスラーのトレーニング・ジムを併設している。そこでレイスが後進の指導に当たっており、同団体ではその卒業生や在校生も数多くプロレスラーとして活動している(全員がジムの卒業生や在校生というわけではない)。

日本のプロレス団体のプロレスリング・ノアと提携関係にあり、2000年のノア旗揚げ以来、長期間の提携関係を継続し、同団体の合同でレスリングキャンプを定期的に行っている。また選手の相互派遣も行っており、ノアの若手選手を中心に海外遠征を行ったり、WLWの所属選手がノアに参戦したりしている。

また、その関係でハーリー・レイスはノアのタイトルであるグローバル・オナード・クラウンの特別管理委員を務める。さらには、日本におけるプロレス協議会であるGPWA(グローバル・レスリング連盟)にも参画している。

他方で、レイスがWWE殿堂者でもある関係で、WWEのスカウトも度々訪れている。ザ・プレデタートレバー・マードックテッド・デビアス・ジュニアカート・ヘニングの息子であるジョー・ヘニングらが、WLWを経てWWEと契約を果たした。その他、ノアとの合同レスリングキャンプではWWEもエージェントを講師(2008年はリッキー・スティムボート)として派遣するなど良好な関係にある。

タイトル[編集]

選手[編集]

現在の主要選手[編集]

2013年現在、WLW公式サイトの試合結果[1]・試合予定[2]・レスラー紹介[3]に記載されている所属レスラー・非所属参戦レスラー(五十音順)。日本人選手・日本の団体所属選手は別記

男子レスラー
女子レスラー

かつて参戦していた選手[編集]

リングネームは参戦時のもの(五十音順)[1]。日本人選手・日本の団体所属選手は別記

男子レスラー
女子レスラー

日本からの参戦選手[編集]

参戦経験のある主な日本人レスラー、および日本の団体所属選手(五十音順)。リッキー・マルビンやエリック兄弟のように外国人であっても日本の団体に所属している選手も含む。なお所属団体は参戦当時のもの。

プロレスリング・ノア

来日選手[編集]

プロレスリング・ノアへの来日選手[編集]

提携しているプロレスリング・ノアへ参戦した選手(五十音順)。リングネームは参戦時のもの。

プロレスリング・ノアへの留学生[編集]

提携しているプロレスリング・ノアへ留学した選手(年代順)。リングネームは参戦時のもの。

スタッフ[編集]

過去のスタッフ

脚注[編集]