キング・ハク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キング・ハク
プロフィール
リングネーム プリンス・トンガ
キング・トンガ
ハク
キング・ハク
ミング
本名 ウリウリ・フィフィタ
ニックネーム 南海の暴君
身長 185cm
体重 120kg - 124kg
誕生日 1959年2月3日(55歳)
出身地 トンガの旗 トンガヌクアロファ
スポーツ歴 大相撲
トレーナー ジャイアント馬場
ザ・ファンクス
デビュー 1978年
テンプレートを表示

キング・ハクKing Haku)などのリングネームで知られるウリウリ・フィフィタTonga 'Uli'uli Fifita1959年2月3日 - )は、トンガヌクアロファ出身のプロレスラー

大相撲朝日山部屋出身の元力士であり、プロレス転向後は全日本プロレスを経てアメリカWWFWCWで活躍した。

新日本プロレスで活動するタマ・トンガことピート・フィフィタWWEに所属するカマーチョことテヴィタ・フィフィタは実子。

来歴[編集]

1974年末、トンガ国王の命で16代朝日山親方に連れられて来日し、大相撲朝日山部屋に入門。福ノ島四股名幕下27枚目まで昇進するも、親方死去後に起こった部屋の後継問題のため1976年9月に廃業の憂き目に遭う(トンガ人力士廃業騒動[1]。その後1977年7月に全日本プロレスに入団し、同年12月に渡米。テキサス州アマリロザ・ファンクスのもとでトレーニングを積み、翌1978年、アマリロ地区にてプリンス・トンガPrince Tonga)のリングネームでデビュー。アイランダー系のベビーフェイスとして南部のローカル・エリアを転戦し、1979年にはテネシー地区でデビッド・シュルツトージョー・ヤマモトのチームを破り、NWA6人タッグ王座を獲得した[2]

1980年に凱旋し、7月11日の津島市体育館におけるリック・デビッドソン戦で日本マットでのデビューを果たす。以降、1982年頃まで全日本の若手選手としてキャリアを積んだ。1983年プエルトリコWWCに参戦し、ヒールキング・トンガKing Tonga)に改名。その後は北米マットを主戦場とするようになり、フロリダ地区やAWAなど当時の主要テリトリーにも登場。1984年10月にはカナダモントリオール地区でディノ・ブラボーからカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座を奪取している[3]

1986年ハクHaku)のリングネームでWWFと契約。当初はベビーフェイスとして、トンガ・キッドことタマとのタッグチーム、ジ・アイランダーズThe Islanders)で売り出された。やがてヒールターンし、ボビー・ヒーナンのファミリーに加入してブリティッシュ・ブルドッグスらと抗争。タマの離脱後はシングルプレイヤーとなり、1988年6月にはハーリー・レイスの負傷欠場で空位となっていた「キング」の称号をバトルロイヤルに勝ち抜いて獲得した[4]。以降、キング・ハクKing Haku)を名乗り、同年の8月から10月にかけてはハルク・ホーガンとの連戦も行われている[4]

1989年1月のロイヤルランブル1989でレイスを破り正式に「王位」を継承するが、その後ジム・ドゥガンに敗れキングの座から陥落[5]。同年下期からはヒールに転向していたアンドレ・ザ・ジャイアントとのタッグチーム、コロッサル・コネクションColossal Connection)で活躍。アックススマッシュデモリッションを相手に、WWF世界タッグ王座を巡る抗争を展開した[6]

1990年4月には日米レスリングサミットへの参戦で久々に日本に登場。ジャンボ鶴田と組んでカート・ヘニング&リック・マーテルを撃破した。同年下期にアンドレが戦列を離れると、大相撲時代の盟友ザ・バーバリアンを新パートナーにミッドカード戦線で活動。1992年は当時WWFと提携していた日本のSWSを主戦場に、谷津嘉章とナチュラル・パワーズなるチームを結成、天龍源一郎&阿修羅・原龍原砲とタッグ王座を争う。同年秋にWWFを退団し、1993年6月にはWAR経由で新日本プロレスのリングに初登場。8月のG1クライマックスにも来日した。

1994年11月、ミングMeng)の名前でWCWに登場。サングラスに黒スーツ姿で悪徳マネージャーカーネル・ロバート・パーカーボディーガード役を務める。翌1995年には、日本育ちという出自から武道家スタイルのヒールに変身。同年7月のPPV "バッシュ・アット・ザ・ビーチ" では、スティングUSヘビー級王座に挑戦した[7]。以降もWCWに定着し、ケビン・サリバンのダンジョン・オブ・ドゥームへの加入や、旧友バーバリアンとのフェイシズ・オブ・フィアーFaces of Fear)などで活動。フェイシズ・オブ・フィアーでは1996年12月のスターケードでジ・アウトサイダーズ(ケビン・ナッシュ&スコット・ホール)のWCW世界タッグ王座にも挑戦している[8]。その後はセミレギュラーの立場で単発的な出場を続け、1998年8月には当時連勝記録を更新中だったWCW世界ヘビー級王者ゴールドバーグのチャレンジャー兼ジョバーとしてマンデー・ナイトロに登場。WCW末期はハードコア戦線に進出し、2001年1月14日に師匠のテリー・ファンクからWCWハードコア王座を奪取した[9]

その1週間後の1月21日、WWFのロイヤルランブル2001に出場。以降はWWFに復帰し、ヒールターンしたリキシのタッグパートナーを務めた。翌2002年3月1日には、WWF初の単独日本公演であるスマックダウン・ツアー・ジャパンに参加、横浜アリーナダイヤモンド・ダラス・ペイジとの試合が組まれた。

WWF離脱後はハーリー・レイスのWLWなど各地のインディー団体を転戦。2004年5月には新日本プロレスの東京ドーム大会に来日し、天龍源一郎と組んでブルー・ウルフ&ドルゴルスレン・スミヤバザルと対戦した。

リアルファイトにも強く、WWFを共にサーキットしたダイナマイト・キッドの自著には、バーで同席していた女性を執拗に侮辱したジミー・ジャック・ファンクがハクに叩きのめされたエピソードが書かれている[10]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWA
  • NWA6人タッグ王座(ミッドアメリカ版):1回(w / ケン・ルーカス&ジョージ・グラス)
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回
WWC
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:2回
  • WWC北米タッグ王座:1回(w / エル・グラン・アポロ)
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / ヘラクレス・アヤラ)
Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座:1回
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:1回(w / リチャード・チャーランド)
WWF
SWS
WCW
WLW
  • WLWヘビー級王座:3回

脚注[編集]

  1. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P191(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  3. ^ International Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  4. ^ a b WWE Yearly Results 1988”. The History of WWE. 2009年9月26日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1989”. The History of WWE. 2009年9月26日閲覧。
  6. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  7. ^ WCW Bash at the Beach”. The History of WWE. 2010年4月19日閲覧。
  8. ^ WCW Starrcade 1996”. pWw - Everything Wrestling. 2010年4月19日閲覧。
  9. ^ WCW World Hardcore Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  10. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P169-170(2001年、エンターブレインISBN 4-7577-0639-1

外部リンク[編集]