シオネ・ヴァイラヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・バーバリアン
プロフィール
リングネーム ザ・バーバリアン
コンガ・ザ・バーバリアン
コンガ・キッド
キング・コンガ
トンガ・ジョン
ヘッドシュリンカー・シオネ
スーパー・アサシン1号
本名 シオネ・ヴァイラヒ
ニックネーム 南海の野人
身長 190cm - 192cm
体重 134kg - 136kg
誕生日 1958年9月6日(56歳)
出身地 トンガの旗 トンガヌクアロファ
スポーツ歴 大相撲
トレーナー レッド・バスチェン
デビュー 1980年
テンプレートを表示

ザ・バーバリアンThe Barbarian)のリングネームで知られるシオネ・ヴァイラヒSione Havea Vailahi1958年9月6日 - )は、トンガヌクアロファ出身のプロレスラー

大相撲朝日山部屋出身の元力士であり、プロレス転向後はコンガ・ザ・バーバリアンKonga the Barbarian)の名義で新日本プロレスに度々来日した。

ノード・ザ・バーバリアンことジョン・ノードとは別人。両者は1991年下期から1992年上期にかけて、WWFを共にサーキットしていた(当時のノードのリングネームは「ザ・バーザーカー」)。

レスラー間では、バーブBarb)の愛称で呼ばれた[1]。姪のセイニー・トンガもプロレスラーであり、レイディー・タパ(Lei'D Tapa)のリングネームでTNAに出場している[2][3]

来歴[編集]

1974年末、福ノ島ことウリウリ・フィフィタ(後のキング・トンガ、ハク、ミング)らと共にトンガ国王の命で来日し、大相撲朝日山部屋に入門。幸ノ島四股名を与えられ、1975年3月に初土俵を踏むが、部屋の後継問題が原因で1976年9月に廃業を余儀なくされる(トンガ人力士廃業騒動)。その後アメリカに渡り、元AWA世界タッグ王者レッド・バスチェンに師事。1980年カリフォルニア地区でキラー・カール・クラップを相手にプロレスラーとしてデビューした。

当時はトンガ・ジョンをリングネームに、ジミー・スヌーカ系のアイランダー・ギミックベビーフェイスとして活動。1981年からはNWAミッドアトランティック地区セントラル・ステーツ地区プエルトリコWWCなどを転戦し、コンガ・キッドキング・コンガなどの名前で試合を行った[4]。WWCでは1984年7月7日、ヘラクレス・アヤラからプエルトリコ・ヘビー級王座を奪取している[5]

1985年より、当時大人気だったロード・ウォリアーズのビジュアル(モヒカン刈りに顔面ペインティングのマッドマックス・スタイル)を真似たヒールに変身。コンガ・ザ・バーバリアンと改名してミッドアトランティック地区に戻り、ポール・ジョーンズ率いるヒール軍団に加入してスーパースター・ビリー・グラハムアブドーラ・ザ・ブッチャーバロン・フォン・ラシクシャスカ・ワトレーらと共闘する[6][7]。1985年10月には新日本プロレスに初来日、アントニオ猪木ともシングルマッチで対戦した[8]。以降も新日本プロレスの常連外国人となり、スティーブ・ウィリアムスとの抗争アングルなども組まれた[9]

1987年11月、ミッドアトランティック地区にて同じくウォリアーズを模したキャラクターのザ・ウォーロードとコンビを組み、フェイク版ロード・ウォリアーズのパワーズ・オブ・ペインThe Powers of Pain)を結成[10]。リングネームもザ・バーバリアンと簡略化し、本家ウォリアーズとタッグ抗争を展開する[11]1988年2月12日にはプレイング・マネージャーのイワン・コロフを加えたトリオで、ダスティ・ローデスロード・ウォリアー・ホークポール・エラリング(負傷したロード・ウォリアー・アニマルの代打で出場)を破り、NWA世界6人タッグ王座を獲得した[12]

1988年6月からはデモリッションのライバル・チームとして、ウォーロードと共にWWFに移籍。当初はベビーフェイス、後にヒールとなり、ミスター・フジマネージャーに迎えてデモリッションと抗争を繰り広げた[13][14][15][16]1990年下期、ロード・ウォリアーズ(リージョン・オブ・ドゥーム)のWWF参戦に伴いウォーロードとのコンビを解散し、毛皮のコスチュームをまとった野人ギミックのシングルプレイヤーに転向。ボビー・ヒーナンのファミリーに加わり、旧友ハクとの新チームで活動した[17]1991年には、当時のWWFの日本での提携先だったSWSに3回来日している[18]

1992年よりマッドマックス・スタイルに戻ってWCWに移籍し、カクタス・ジャックディック・スレーターと結託。6月25日にはスレーターと組んでファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)からUSタッグ王座を奪取し[19]、10月25日開催のPPV "Halloween Havoc" ではロン・シモンズWCW世界ヘビー級王座に挑戦した[20]1993年には新日本プロレスに久々に参戦し、10月開幕の "Super Grade Tag League III" にもマサ斎藤と組んで出場している[21]1994年下期よりWWFに再登場、負傷で離脱したサムゥ(ワイルド・サモアン)に代わるファトゥの新パートナーとなり、ヘッドシュリンカーズThe Headshrinkers)に加入した[22]

1996年にWCWに復帰し、以降1999年頃までセミレギュラーとして定着。ミング(ハク)とフェイシズ・オブ・フィアーThe Faces of Fear)を結成し、スティービー・レイ&ブッカー・Tハーレム・ヒートケビン・ナッシュ&スコット・ホールアウトサイダーズブライアン・ノッブス&ジェリー・サッグスナスティ・ボーイズなどと対戦したが、中堅のポジションからオーバーすることはできなかった。WCW離脱後はインディー団体を転戦し、2000年8月2日にオーストラリアのスーパースターズ・オブ・レスリングでカート・ヘニングからヘビー級王座を奪取。2004年8月31日にはIWAジャパンの10周年記念興行に来日、IWA世界ヘビー級王座の争奪トーナメントに出場し、1回戦でジョージ・ハインズを下したが、準決勝の2回戦でジム・ドゥガンに敗退した[23]

近年も各地のインディー団体への参戦を続けており、ウォーロードとパワーズ・オブ・ペインを再結成することもある。2008年2月にはテッド・デビアスをマネージャー役に、旧敵デモリッション・アックスとのタッグでバージニア州のACWに登場した。2014年7月12日にはジョージア州のNWAアトランタに、ウォーロードとのパワーズ・オブ・ペインで出場している[24]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:1回[5]
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・リーグ・レスリング
  • WLWヘビー級王座:1回
スーパースターズ・オブ・レスリング
  • SOWヘビー級王座:1回
インターナショナル・アソシエーション・オブ・レスリング
  • IAWヘビー級王座:1回
NWAバージニア
  • NWAバージニア・ヘビー級王座:1回
NWAミッドアトランティック
  • NWAミッドアトランティック・ハードコア王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』P254(2011年、東邦出版ISBN 4809409511
  2. ^ The New Generation of Pacific Island Wrestlers - Lei'D Tapa”. Online World of Wrestling. 2013年4月2日閲覧。
  3. ^ Lei'D Tapa”. Cagematch.net. 2014年8月16日閲覧。
  4. ^ The Barbarian: Places”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  5. ^ a b WWC Puerto Rico Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月7日閲覧。
  6. ^ The WCW matches fought by The Barbarian in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  7. ^ The WCW matches fought by The Barbarian in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  8. ^ The NJPW matches fought by The Barbarian in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  9. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P230(1996年、日本スポーツ出版社
  10. ^ The Powers of Pain”. Online World of Wrestling. 2015年3月7日閲覧。
  11. ^ The WCW matches fought by The Barbarian in 1988”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  12. ^ a b NWA World 6-Man Tag Team Title History [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月7日閲覧。
  13. ^ The WWE matches fought by The Barbarian in 1988”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  14. ^ The WWE matches fought by The Barbarian in 1989”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  15. ^ WWE Yearly Results 1988”. The History of WWE. 2009年9月26日閲覧。
  16. ^ WWE Yearly Results 1989”. The History of WWE. 2009年9月26日閲覧。
  17. ^ WWE Yearly Results 1990”. The History of WWE. 2015年3月7日閲覧。
  18. ^ The SWS matches fought by The Barbarian in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  19. ^ a b WCW United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  20. ^ WCW Halloween Havoc 1992 - "Spin The Wheel, Make The Deal"”. Cagematch.net. 2015年3月7日閲覧。
  21. ^ The NJPW matches fought by The Barbarian in 1993”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  22. ^ The WWE matches fought by The Barbarian in 1994”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  23. ^ IWA Japan 10th Anniversary Show”. Cagematch.net. 2015年3月7日閲覧。
  24. ^ NWA Atlanta”. Cagematch.net. 2015年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]