サムラ・アノアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サムラ・アノアイ
プロフィール
リングネーム サムゥ
ヘッドシュリンカー・サムゥ
ワイルド・サモアン
ワイルド・サモアン3号
ワイルド・サモアン・サムラ
グレート・サムゥ
タヒチアン・プリンス
サミー・ザ・シルク
本名 サムラ・アノアイ
ニックネーム サモアの怪鳥
身長 189cm
体重 118kg - 125kg
誕生日 1963年5月29日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ[1]
トレーナー アファ・アノアイ
デビュー 1980年
テンプレートを表示

サムラ・アノアイSamula Anoa'i1963年5月29日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州サンフランシスコ出身[1]サモア系アメリカ人。

ワイルド・サモアンズアファ・アノアイの息子であり、レガシーのメンバーだったマヌことアファ・アノアイ・ジュニアの実兄。元WWF世界ヘビー級王者のヨコズナことロドニー・アノアイ、リキシのリングネームで活躍したソロファ・ファトゥ、ソロファの弟のウマガことエディ・ファトゥらは、彼の従弟にあたる。

来歴[編集]

ワイルド・サモアン[編集]

アノアイ・ファミリーの総帥である父親アファ・アノアイのトレーニングのもと、1980年代初頭に10代でデビュー。1983年3月、負傷した叔父シカ・アノアイの代打としてアファのパートナーとなり、ワイルド・サモアンズの3号となってニューヨークWWFに登場[2]。シカの復帰後もWWFでの活動を続け、ボブ・バックランドジミー・スヌーカとも対戦した。

1984年3月にはWWFとの提携ルートで新日本プロレスワイルド・サモアンThe Wild Samoan)のリングネームで初来日。同年11月開催の『第5回MSGタッグ・リーグ戦』では、来日中止になったカート・ヘニングの代打としてハルク・ホーガンのパートナーに起用されたが、ホーガンが途中帰国したため戦績を残すことはできなかった。以降も新日本の常連外国人となり、1980年代後半は従弟のグレート・コキーナとのタッグで活躍した。

1986年6月26日、遠戚にあたるピーター・メイビアの未亡人リア・メイビア(ザ・ロックの祖母)がプロモートするハワイのポリネシアン・パシフィック・レスリングにて、リック・フレアーNWA世界ヘビー級王座に挑戦[3]。4日後の6月30日にはカナダモントリオールディノ・ブラボーからインターナショナル・ヘビー級王座を奪取、11月にデビッド・シュルツに敗れるまで保持した[4]

サモアン・スワット・チーム[編集]

1987年プエルトリコWWCにてサムゥSamu)と名乗り、従弟のファトゥとのタッグチームザ・サモアン・スワット・チームThe Samoan Swat Team)を結成。1988年からはテキサス州ダラスのWCCW / WCWAに進出し、8月12日にケビン&ケリー・フォン・エリックからWCWA世界タッグ王座を奪取した[5]。WCWAではバディ・ロバーツマネージャーを務め、以降同王座を通算3回獲得。同年12月にはAWAのイベント "SuperClash III" にも出場している。

1989年テッド・ターナーWCWに買収されて間もないNWAミッドアトランティック地区に参戦。ポール・E・デンジャラスリーを新しいマネージャーに迎え、同じヒール陣営のファビュラス・フリーバーズとも共闘。7月23日の『グレート・アメリカン・バッシュ'89』にて行われた5対5の時間差金網デスマッチ「ウォー・ゲーム」にはフリーバーズのマイケル・ヘイズテリー・ゴディジミー・ガービンと組んで出場し、ロード・ウォリアーズスティーブ・ウィリアムスミッドナイト・エクスプレスボビー・イートン&スタン・レーン)のチームと対戦した[6]

WCW離脱後はグレート・コキーナを加えたトリオでメキシコUWAにも登場し、1991年1月27日にエル・トレオで開催されたアニバーサリー・ショーにおいて ミル・マスカラスドス・カラスカネックの頂上トリオと対戦している[7]。なお、新日本プロレスにおけるコキーナとワイルド・サモアンのタッグチームも「サモアン・スワット・チーム」と呼称される場合があった。

ヘッドシュリンカーズ[編集]

以降もファトゥとのコンビで活動し、テネシー州メンフィスUSWAを経て、1992年よりWWFに復帰。南洋の首狩り族をイメージしたザ・ヘッドシュリンカーズThe Headshrinkers)にチーム名を改称し、父親のアファがマネージャーを担当。アースクエイクタイフーンナチュラル・ディザスターズオーエン・ハートココ・B・ウェアのハイ・エナジーなどのチームと抗争し、1993年4月4日の『レッスルマニア9』ではリック&スコットスタイナー・ブラザーズと対戦した。

1994年4月26日放送の『マンデー・ナイト・ロウ』ではジャックピエールのザ・ケベッカーズを破り、WWF世界タッグ王座を獲得[8][9]。親子2代に渡る同王座への戴冠を果たしたが、4カ月後の8月28日にショーン・マイケルズ&ディーゼルにタイトルを奪取された。

その後はファトゥと共にベビーフェイスに転向し、IRSバンバン・ビガロなどテッド・デビアス率いるミリオンダラー・コーポレーションとの抗争を開始するが、負傷のためWWFを離脱。ファトゥはWWFに残留し、シオネを新パートナーにニュー・ヘッドシュリンカーズを編成した。

サモアン・ギャングスタ・パーティ[編集]

WWF離脱後の1995年からは実弟のロイド・アノアイ(LA・スムーズ)や従弟のマット・アノアイ(ビッグ・マッティ・スモールズ)を従え、サモア系のストリートギャングギミックとしたザ・サモアン・ギャングスタ・パーティThe Samoan Gangsta Party)を結成。自身のリングネームもサミー・ザ・シルクSammy the Silk)と改め、ユニットのリーダー格となってインディー団体を転戦。1996年ECWにてニュー・ジャック&ムスタファ・サイードのザ・ギャングスターズを相手に、アフリカ系対サモア系のギャングスタ抗争を展開した[10]

以降、1990年代後半はマット・アノアイとのコンビまたはシングル・プレイヤーとしてペンシルベニアのPWXやニュージャージーのISPWなど、アメリカ東部のインディー団体に出場。2000年代からはメリーランド州ヘイガーズタウンに本拠を置く "National Wrestling League" にて活動し、アファ・アノアイの主宰する "World Xtreme Wrestling" にもレギュラーで参戦、WXWヘビー級王座を5回に渡って獲得した[11]

2007年3月31日に行われたWWE殿堂の式典では、殿堂入りを果たした父アファと叔父シカのワイルド・サモアンズのインダクターをマット・アノアイと共に務めている。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWC
  • WWCカリビアン・タッグ王座:1回(w / ファトゥ
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / タヒチアン・ウォリアー)
WCCW / WCWA
  • WCWAテキサス・タッグ王座:1回(w / ファトゥ)
  • WCWA世界タッグ王座:3回(w / ファトゥ)[5]
WWF
NWL
  • NWLヘビー級王座:4回
  • NWLタッグ王座:2回(w / ジョン・ランボー)
WXW
  • WXWヘビー級王座:5回[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P57(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ WWE Yearly Results 1983”. The History of WWE. 2010年11月4日閲覧。
  3. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1986”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月4日閲覧。
  4. ^ International Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月4日閲覧。
  5. ^ a b WCWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月4日閲覧。
  6. ^ The Great American Bash 1989 Results”. ProWrestling History.com. 2010年11月4日閲覧。
  7. ^ UWA 16th Anniversary Show Results”. ProWrestling History.com. 2010年11月4日閲覧。
  8. ^ a b WWF World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月4日閲覧。
  9. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年11月4日閲覧。
  10. ^ ECW Heat Wave 1996 Results”. ProWrestling History.com. 2010年11月4日閲覧。
  11. ^ a b WXW Heavyweight Title History”. Solie's Title Histories. 2010年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]