WWC (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WWCWorld Wrestling Council)は、プエルトリコプロレス団体

主宰者は「プエルトリコの帝王」「プエルトリコの英雄」とも評されるカルロス・コロン。カリートことカーリー・コロン、プリモことエディ・コロンの実の父親でもある。WWEとは提携関係にあり、WWEがプエルトリコで興行を行う際はサポートを手掛けている。

概要[編集]

1973年カルロス・コロン、ビクター・ジョビカ、ゴリラ・モンスーンをプロモーターおよびオーナーとして、WWCの母体であるキャピトル・スポーツ・プロモーションが設立される。1988年まではNWAの傘下団体でもあった。

世界各国から著名な選手を集め、それらの外敵を地元の英雄レスラーが迎え撃つといった図式で人気を得る。そのためアメリカカナダで活躍した選手達のほとんどはWWCに参戦している。徐々に規模も拡大し、プエルトリコの中心部から地方まで興行を行って人気を博した。

1988年ブルーザー・ブロディ刺殺事件が起きた。日本で著名なレスラーが殺害という形で死去したうえ、その実行犯が結果的に無罪となったことは、プエルトリコ(=WWC)に「伏魔殿」もしくは「危険な土地」といった印象を、少なからずも日本のファンに植えつけた。この事件による負のイメージは後年、大仁田厚が日本で興したFMWにて、実際にWWCの中枢にもいたビクター・キニョネスが率いた「プエルトリコ軍団」が大ヒールになり得た遠因ともなった。

その後プエルトリコでは、オポジションとなる新団体AWFが旗揚げしたものの、すぐに消滅しており、WWCが当地のプロレスを牛耳る状況が長らく続いた。しかし、ビクター・キニョネスがWWCと袂を分かち、自らの団体IWAを設立。その人脈で招聘した内外のレスラーによる興行で攻勢を仕掛け、WWCの対抗勢力となった。

2006年ワールド・ベースボール・クラシックが開催された際、プエルトリコは非常に野球人気が高いため、同日に行われた興行では数百人規模の会場で100人も入らないという事態が起きている。2007年7月13日には、WWEで活躍していたカリートを迎え、34周年記念大会を実施した。

余談[編集]

1999年5月、国際プロレスプロモーションが、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で興行を行った際、アリーナのフロアの隅にリングを組み、観客席はアリーナ内には一切設けず、2階席の一部分のみとする形(即ち観客は、スタンド状の2階席からリングを見下ろす形で観戦する)で会場を設営した。「これをプエルトリコ方式という」と、主宰者の鶴見五郎は表現した。実際にプエルトリコでは、野球場での興行も多く、その際には大抵、グラウンドの内野付近にリングだけが設置され、やはり観客はリングをスタンドから見下ろす態勢で観戦する。「プエルトリコ方式」とは、このリング設営の仕方を模したものと思われる。

タイトル[編集]

  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座 : TNT
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座 : ギルバート
  • WWC世界ジュニアヘビー級王座 : AJカスティージョ
  • WWC世界タッグ王座 : エル・チカーノ & ナインティーン・ザヴァント
過去に存在した王座
  • WWC女子王座
  • WWC北米ヘビー級王座
  • WWC北米タッグ王座
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座
  • WWCカリビアン・タッグ王座
  • WWCインターコンチネンタル王座
  • WWCドミニカン・リパブリック王座
  • WWC TV王座
  • WWCハードコア王座

所属選手[編集]

外部リンク[編集]