ジェリー・サッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェリー・サッグス
Jerry sags.png
プロフィール
リングネーム "ナスティ・ボーイ" ジェリー・サッグス
ナスティ・ボーイ・サッグス
ジェリー・セガノビッチ
本名 ジェローム・セガノビッチ
身長 191cm
体重 130kg(全盛時)
誕生日 1964年7月5日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州アレンタウン
トレーナー バーン・ガニア
ブラッド・レイガンズ
デビュー 1986年
テンプレートを表示

ジェリー・サッグスJerry Sags、本名:Jerome Saganovich1964年7月5日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルベニア州アレンタウン出身のユダヤ系アメリカ人。相棒ブライアン・ノッブスとのタッグチームナスティ・ボーイズとしての活躍で知られる。

来歴[編集]

1985年バーン・ガニアAWAレフェリーとしてプロレス業界に入る。その後ブラッド・レイガンズのトレーニングを受け、1986年にプロレスラーとして正式にデビュー。先にデビューを果たしていた幼なじみのブライアン・ノッブスと "ナスティ・ボーイズ" を結成する。AWAや南部エリアでキャリアを積んだ後、1990年代よりWWFWCWに進出して各団体のタイトルを獲得、アメリカン・プロレス史に残る名タッグチームとして活躍した。

1996年nWoのジ・アウトサイダーズ(ケビン・ナッシュ&スコット・ホール)との抗争において、ホールの過剰なイス攻撃により首を負傷して引退[1]。WCW崩壊後の2001年に一時的にカムバックし、ノッブスとナスティ・ボーイズを再結成してフロリダ州タンパのXWF(Xcitement Wrestling Federation)旗揚げに参戦した。2007年11月20日にはWWEスマックダウンダーク・マッチに出場している。

2009年11月、ハルク・ホーガンオーストラリアでプロモートした "Hulkamania Tour" にノッブスと共に参加。2010年1月からはTNAに登場した。

デビュー当時はノッブスと比べて細身だったが、徐々に体重が増加して1992年頃からはほとんど変わらない体型になっていた。近年は初期の体型に戻っている。また、インタビューやスキットではノッブスよりも冷静に振る舞う場合があり、パンプハンドル・スラムをはじめ技も多彩で技巧派の一面も覗かせた。しかし、向こうっ気の強さはノッブスに勝るとも劣らず、プライベートでケン・シャムロックと諍いを起こしたこともあり、アーン・アンダーソンも彼の腕っ節を認めている[2]

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ショーン・アセール、マイク・ムーニハム共著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実』P240(2004年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583037880
  2. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P328(2004年、エンターブレインISBN 4757721536

関連項目[編集]

外部リンク[編集]