WORLD TAG LEAGUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WORLD TAG LEAGUE(ワールド・タッグ・リーグ)は、新日本プロレスが主催するヘビー級選手によるタッグマッチのリーグ戦。1991年から1998年まではSUPER GRADE TAG LEAGUE(スーパー・グレード・タッグ・リーグ)、1999年から2011年まではG1 TAG LEAGUE(ジーワン・タッグ・リーグ)の名称で開催され、2012年より現在の名称に改称された。

SUPER GRADE TAG LEAGUE 歴代優勝者[編集]

優勝者
準優勝者
出場者
第1回
1991年
藤波辰爾&ビッグバン・ベイダー 藤波辰爾&ビッグバン・ベイダー長州力&マサ斎藤蝶野正洋&クラッシャー・バンバン・ビガロ橋本真也&スコット・ノートン武藤敬司&馳浩タイガー・ジェット・シンキム・ドクグレート・コキーナ&ワイルド・サモアン
長州力&マサ斎藤
新日本にとって、4年ぶりのタッグリーグ戦
第2回
1992年
長州力&橋本真也 長州力&橋本真也馳浩&佐々木健介蝶野正洋&トニー・ホーム武藤敬司&クラッシャー・バンバン・ビガロスーパー・ストロング・マシン&スコット・ノートン藤波辰爾&中西学Zマン&ジム・ナイドハート
馳浩&佐々木健介
第3回
1993年
武藤敬司&馳浩 武藤敬司&馳浩スコット・ノートン&ヘラクレス・ヘルナンデス橋本真也&蝶野正洋藤波辰爾&木戸修ホーク・ウォリアー&パワー・ウォリアー越中詩郎&小原道由野上彰&飯塚孝之マサ斉藤&ザ・バーバリアン獣神サンダー・ライガー&ワイルド・ペガサスブラッド・アームストロング&ショーン・ロイヤル
スコット・ノートン&ヘラクレス・ヘルナンデス
第4回
1994年
武藤敬司&馳浩 武藤敬司&馳浩蝶野正洋&スーパー・ストロング・マシンホーク・ウォリアー&パワー・ウォリアー藤波辰爾&藤原喜明スコット・ノートン&木戸修橋本真也&中西学長州力&谷津嘉章野上彰&飯塚孝之マイク・イーノス&ロード・スティーブン・リーガルネイルズ&ロン・シモンズ
蝶野正洋&スーパー・ストロング・マシン
ジュニアタッグリーグ
(1994年)
大谷晋二郎&ワイルド・ペガサス 大谷晋二郎&ワイルド・ペガサスブラック・タイガー&ザ・グレート・サスケグラン浜田&保永昇男ディーン・マレンコ&石澤常光エル・サムライ&フライング・スコーピオ石川雄規&船木勝一スペル・デルフィン&TAKAみちのく茂木正淑&神風
ブラック・タイガー&ザ・グレート・サスケ
第5回
1995年
蝶野正洋&天山広吉 蝶野正洋&天山広吉木戸修&山崎一夫橋本真也&平田淳嗣武藤敬司&西村修越中詩郎&後藤達俊マサ斉藤[1]&佐々木健介野上彰&飯塚孝之
木戸修&山崎一夫
第6回
1996年
橋本真也&スコット・ノートン 橋本真也&スコット・ノートン武藤敬司&リック・スタイナー長州力&佐々木健介藤波辰爾&越中詩郎蝶野正洋&天山広吉山崎一夫&飯塚高史小島聡&中西学ロード・スティーブン・リーガル&デイブ・テイラー
武藤敬司&リック・スタイナー
16選手8組による1ブロック・リーグ戦
第7回
1997年
武藤敬司&蝶野正洋 武藤敬司&蝶野正洋橋本真也&中西学佐々木健介&山崎一夫小島聡&安田忠夫藤波辰爾&木村健悟天山広吉&nWoスティング後藤達俊&小原道由ケニー・カオス&ロビー・レイジ
橋本真也&中西学
16選手8組による1ブロック・リーグ戦
第8回
1998年
武藤敬司&小島聡 武藤敬司&小島聡藤波辰爾&橋本真也佐々木健介&山崎一夫中西学&永田裕志天龍源一郎&越中詩郎天山広吉&nWoスティングデイブ・フィンレー&ジェリー・フリン
藤波辰爾&橋本真也
14選手7組による1ブロック・リーグ戦
この年を最後に「SUPER GRADE TAG LEAGUE」は終了。

G1 TAG LEAGUE 歴代優勝者[編集]

優勝者
準優勝者
出場者
第1回
1999年
武藤敬司&スコット・ノートン 武藤敬司&スコット・ノートン天山広吉&小島聡橋本真也&ミング越中詩郎&平田淳嗣後藤達俊&小原道由永田裕志&中西学蝶野正洋&ドン・フライ飯塚高史&ブライアン・ジョンストン佐々木健介&藤田和之
永田裕志&中西学
この年から「G1 TAG LEAGUE」として改めて第1回として開催
18選手9組による1ブロック・リーグ戦で開催
第2回
2000年
永田裕志&飯塚高史 蝶野正洋&スコット・ノートン永田裕志&飯塚高史中西学&吉江豊佐々木健介&越中詩郎天山広吉&小島聡スーパー・ストロング・マシン&獣神サンダー・ライガーT2000マシン1号&T2000マシン2号
天山広吉&小島聡
14選手7組による1ブロック・リーグ戦で開催
第3回
2001年
天山広吉&小島聡 天山広吉&小島聡永田裕志&中西学佐々木健介&ダン・デバイン西村修&獣神サンダー・ライガー鈴木健三&棚橋弘至蝶野正洋&ジャイアント・シルバスコット・ノートン&スーパーJジム・スティール&マイク・バートン
ジム・スティール&マイク・バートン
16選手8組による1ブロック・リーグ戦で開催
第4回
2003年
天山広吉&西村修 天山広吉&西村修蝶野正洋&獣神サンダー・ライガー永田裕志&中西学棚橋弘至&吉江豊中邑真輔&ブルー・ウルフ安田忠夫&魔界1号ジム・スティール&マイク・バートン高山善廣&TOA
高山善廣&TOA
16選手8組による1ブロック・リーグ戦で2年振りに開催
第5回
2006年
蝶野正洋&中邑真輔 A:棚橋弘至&金本浩二ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ天山広吉&獣神サンダー・ライガー中西学&山本尚史矢野通&石井智宏
B:蝶野正洋&中邑真輔永田裕志&飯塚高史長州力&邪道&外道越中詩郎&真壁刀義
棚橋弘至&金本浩二
20選手10組による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで3年振りに開催
第6回
2007年
ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ 棚橋弘至&金本浩二永田裕志&中西学飯塚高史&山本尚史蝶野正洋&後藤洋央紀&ミラノコレクションA.T.真壁刀義&矢野通邪道&外道ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ
棚橋弘至&金本浩二
16選手8組による1ブロック・リーグ戦で開催
タッグ2冠達成
第7回
2008年
天山広吉&小島聡 A:天山広吉&小島聡中邑真輔&後藤洋央紀井上亘&金本浩二ミラノコレクションA.T.&石狩太一ジャイアント・バーナード&リック・フーラー
B:中西学&吉江豊真壁刀義&矢野通永田裕志&平澤光秀裕次郎&内藤哲也ネグロ・カサス&ロッキー・ロメロ
真壁刀義&矢野通
20選手10組による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催
全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に優勝し初のメジャーW優勝を飾る
第8回
2009年
ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン A:永田裕志&井上亘中西学&大森隆男後藤洋央紀&岡田かずちか中邑真輔&矢野通田中将斗&石井智宏
B:ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン蝶野正洋&AKIRA真壁刀義&本間朋晃邪道&外道田口隆祐&プリンス・デヴィット
田口隆祐&プリンス・デヴィット
20選手10組による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催
バーナード組が初の全勝優勝
第9回
2010年
永田裕志&井上亘 A:永田裕志&井上亘中西学&ストロングマン真壁刀義&本間朋晃後藤洋央紀&タマ・トンガ田中将斗&石井智宏スーパー・ストロング・マシン&キング・ファレ
B:ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン棚橋弘至&TAJIRI中邑真輔&ダニエル・ピューダー飯塚高史&矢野通高橋裕二郎&内藤哲也エル・テリブレ&テハノ・ジュニア
高橋裕二郎&内藤哲也
24選手12組による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催
なおジュニアヘビーの選手はこの大会直後に行われる「J SPORTS CROWN 〜SUPER J TAG LEAGUE〜」に出場する為、エントリーしていない
第10回
2011年
鈴木みのる&ランス・アーチャー A:ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン永田裕志&キング・ファレ内藤哲也&本間朋晃田中将斗&高橋裕二郎ストロングマン&タマ・トンガ鈴木みのる&ランス・アーチャー
B:棚橋弘至&後藤洋央紀真壁刀義&小島聡天山広吉&井上亘中邑真輔&矢野通飯塚高史&ヒデオ・サイトー石井智宏&ドン・フジイ
ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン
24選手12組による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催
この年を最後に「G1 TAG LEAGUE」は終了

WORLD TAG LEAGUE 歴代優勝者[編集]

優勝者
準優勝者
出場者
第1回
2012年
後藤洋央紀&カール・アンダーソン A: 棚橋弘至&キャプテン・ニュージャパン真壁刀義&井上亘後藤洋央紀&カール・アンダーソン永田裕志&望月成晃中邑真輔&石井智宏オカダ・カズチカ&YOSHI-HASHI鈴木みのる&真霜拳號
B: 天山広吉&小島聡中西学&ストロングマンMVP&シェルトン・ベンジャミンルーシュ&ディアマンテ・アスル矢野通&飯塚高史田中将斗&高橋裕二郎ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
この年から「WORLD TAG LEAGUE」として改めて第1回として開催
28選手14組による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催
第2回
2013年
カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ A: 棚橋弘至&キャプテン・ニュージャパン真壁刀義&本間朋晃中西学&ストロングマン中邑真輔&石井智宏田中将斗&高橋裕二郎ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.プリンス・デヴィット&バッドラック・ファレ
B: 天山広吉&小島聡内藤哲也&ラ・ソンブラオカダ・カズチカ&YOSHI-HASHI矢野通&飯塚高史鈴木みのる&シェルトン・X・ベンジャミンカール・アンダーソン&ドク・ギャローズロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン
天山広吉&小島聡
28選手14組による2ブロックリーグ戦+決勝トーナメントで開催
第3回
2014年
後藤洋央紀&柴田勝頼 A: 棚橋弘至&ヨシタツ小島聡&天山広吉内藤哲也&ラ・ソンブラオカダ・カズチカ&YOSHI-HASHIAJスタイルズ&高橋裕二郎カール・アンダーソン&ドク・ギャローズロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン、マット・ターバン&マイケル・ベネット
B: 真壁刀義&本間朋晃永田裕志&中西学後藤洋央紀&柴田勝頼中邑真輔&石井智宏矢野通&桜庭和志鈴木みのる&飯塚高史ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.バッドラック・ファレ&タマ・トンガ
カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ
32選手16組による2ブロックリーグ戦+決勝戦で開催

脚注[編集]

  1. ^ 長州力の途中欠場により変更となる。

外部リンク[編集]