トンガタプ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トンガタプ島
Tonga sm04.gif
座標 南緯21度12分41秒 西経175度09分11秒 / 南緯21.21139度 西経175.15306度 / -21.21139; -175.15306
面積 259 km²
海岸線長 - km
最高標高 - m
所在海域 太平洋
所属国・地域 トンガ王国
テンプレートを表示

トンガタプ島Tongatapu)は、トンガ王国の本島であり、島内に首都のヌクアロファがある政治の中心で、国王も在住している。 トンガの南部諸島に位置し、国内で最も人口密度の高い島でもあり、2006年の人口は71,260人で、これは国内の70.5%を占める。面積は259km²で、日本で言えば色丹島徳之島隠岐諸島島後島に近い。

島には、トンガの初期及びヨーロッパ人の渡来後の数多くの歴史的地区がある。象徴的なものの一つが王宮であり、首都のウォーターフロントに位置し、以前は国王の住居であったが、現国王ジョージ・ツポウ5世が即位してからは、王太后ハラエバル・マタアホが居住している。

商業及び輸送の拠点であるトンガタプ島は、国内の他の島よりも経済の成長がはやく、他島からの多く転居者を引きつけている。

ヨーロッパ人による発見[編集]

島は、1643年1月20日にオランダ人のアベル・タスマンによって発見された。バタビアオランダ東インド会社に委託され、彼は"Heemskerck"と"Zeehaen"の名前の2隻の船を率いていた。 探検の目的は知られていない南方及び東方の海図を作成し、南太平洋及びインド洋の通過して、より速くチリに至る可能な航路を発見することであった。 バタビアを1642年8月14日に出航した。タスマンはこの島を、"Eijlandt Amsterdam (アムステルダム島)"と名づけた。現在、この名は歴史家以外には使用されていない。