スティーブ・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブ・ウィリアムス
プロフィール
リングネーム スティーブ・ウィリアムス
本名 スティーブ・ウィリアムス
ニックネーム ドクター・デス
殺人医師
身長 188cm
体重 123kg(全盛時)
誕生日 1960年5月14日
死亡日 2009年12月29日(満49歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロラド州レイクウッド
スポーツ歴 アメリカンフットボール
レスリング
トレーナー ビル・ワット
デビュー 1983年
引退 2004年10月
テンプレートを表示

スティーブ・ウィリアムスSteve Williams1960年5月14日 - 2009年12月29日)は、アメリカ合衆国プロレスラーコロラド州レイクウッド出身。主戦場としていた日本では、アメリカでのニックネーム「ドクター・デスDr. Death)」を意訳した「殺人医師」の異名で知られた。

来歴[編集]

初来日以前[編集]

オクラホマ大学時代からアメリカンフットボールレスリングで才能を発揮し、レスリングでは大学選手権4年連覇やオールアメリカンへの抜擢を受けるほどであった。

プロレス入りしたのは1982年。当初はアメフトのオフシーズンのみリングに上がっており、1983年から本格的にプロレスラー活動を始める。大学の先輩にあたりウィリアムスをスカウトしたビル・ワットの主宰するMSWA(後のミッドサウス版UWF)で、テッド・デビアスとのコンビで活躍(この当時の抗争相手は、後にタッグを組むテリー・ゴディマイケル・ヘイズの「ファビュラス・フリーバーズ」だった)。1985年12月にはダラスアントニオ猪木と対戦している。

初来日後[編集]

1986年7月の新日本プロレスの興行「バーニング・スピリット・イン・サマー」にて初めて日本のリングに立った。パワフルかつスピーディーなファイトで脚光を浴び、8月5日には猪木とのシングル対決を組まれるなど売り出されたが、同年10月二度目の来日で対戦した猪木が受け身に失敗して失神した際にフォールを取りに行くというまずい対応をし、アドリブ力のなさを露呈してしまう。個別シリーズでは外国人エース扱いを受けるものの、後に参戦してきたクラッシャー・バンバン・ビガロビッグバン・ベイダーに次ぐ3番手への降格を余儀なくされた。

1987年ジム・クロケット・ジュニアのミッドサウス版UWF買収に伴い、NWAジム・クロケット・プロモーションズ(後のWCW)に移籍。1988年9月からはマイク・ロトンドのパートナーとしてバーシティ・クラブに加入し、翌1989年4月2日にロード・ウォリアーズからNWA世界タッグ王座を奪取した[1][2]

1990年2月に全日本プロレスに参戦。以降は全日本を日本での主戦場とし、最強外国人の一角として日本人選手の前に立ちはだかった。テリー・ゴディとのタッグは殺人魚雷と呼ばれ(ゴディの日本での異名が「人間魚雷」だったため)、このタッグで1990年1991年の2年連続で世界最強タッグ決定リーグ戦に優勝するなど目覚しい活躍を見せた。

本国アメリカでもゴディとのコンビで1992年7月5日にスタイナー・ブラザーズリック&スコット・スタイナー)を破りWCW世界タッグ王座を、1週間後の7月12日にはトーナメント決勝でバリー・ウインダム&ダスティン・ローデスを破り復活版NWA世界タッグ王座を獲得、二冠王となり両タッグ王座の統一を果たした[1][3]。テリー・ゴディのWCW退団後はスタニング・スティーブ・オースチンとタッグを組んだ時もあった(オースチンの本名はスティーブ・ウィリアムスであり、同姓同名のタッグということになる)。

ウィリアムスがシングル戦線に名乗りを上げたのは1993年夏、パートナーのゴディが内臓疾患により長期欠場し始めた頃からである。9月に三沢光晴三冠ヘビー級王座に挑戦するはずだったゴディの欠場により、ウィリアムスと小橋の間で三冠挑戦者決定戦が行われ、ウィリアムスが勝利。この試合でウィリアムスが放った急角度のバックドロップを、全日本プロレス中継で実況の佐藤啓アナウンサーは「バックドロップドライバー」と表現した。ゴディが三冠王者となった1990年を頂点に年々陰りが見えていたのに対し、それまでタッグ屋と見られていたウィリアムスのシングルプレーヤーとしての飛躍がこの小橋との一戦から始まる。

三沢には敗れたものの、翌年の1994年、チャンピオン・カーニバル準優勝の実績を残し、7月に再び三沢に挑戦。2年間にわたり王座を保持していた三沢を破り、遂に第11代三冠ヘビー級チャンピオンとなった。この時は1回の王座防衛の後、10月に川田利明に敗れ王座からは陥落。

1995年、チャンピオン・カーニバル直前に「家庭の事情」という名目で来日キャンセル(実際は鎮痛剤の大量保持による入国禁止。当時はこの事情は伏せられていたが、1997年春にハルシオンの大量保持で書類送検された際に公表された)。1996年、チャンピオン・カーニバルで1年ぶりの復帰を果たし、準優勝に輝いたが、技のキレがなくなったことを三沢に指摘されたり、パンチを多用し始めたことが批判の対象となった。小橋健太ジョニー・エースパトリオットがGETを結成すると、対抗してゲーリー・オブライトザ・ラクロスとともにTOPを結成。

1998年6月を最後にWWFに移籍したが、彼をプッシュするために企画されたシュート大会 "WWF Brawl for All" の準々決勝でバート・ガンKO負けして短期間で姿を消す(バート・ガンはこの後「ウィリアムスをKOした男」として全日本の常連となる。なお、WWFではMSWAから初期WCWを通しての旧知の間柄であるジム・ロスが一時マネージャー役を務めていた)。

1999年5月、東京ドームでの馬場の引退記念興行に参戦した後、2000年より本格的に全日本マットに復帰し、ベイダーと組んで当時日本陣営のトップチームだった小橋健太&秋山準を破って世界タッグ王座を奪取。全日本プロレスの選手大量離脱、プロレスリング・ノア発足時にも全日本プロレスに継続参戦する。2000年10月の新日本プロレスの東京ドーム大会での全日本プロレスと新日本プロレスとの対抗戦では、両団体の最強外国人レスラー対決としてスコット・ノートンと対決。必殺技のバックドロップでピンフォール勝ちを奪った。同年の世界最強タッグリーグ戦ではマイク・ロトンドとのバーシティ・クラブ21で9年ぶりの優勝を飾った。翌年には武藤敬司に渡った三冠王座奪還のための、全日本陣営の挑戦者の一人としても起用されている。

咽頭癌の発覚[編集]

その後2003年からはIWAジャパンをホームリングとし、2004年3月にはかねてから願望があった総合格闘技にも挑戦する。この挑戦は、咽頭癌の手術代を稼ぎ出すためのものとも言われるが、2007年3月に『週刊プロレス』に掲載されたインタビューによれば、ウィリアムスがの告知を受けたのは試合当日直前であったとされる。こうした事情もあり、この試合は1ラウンドでKO負けしたものの、それを非難する者はいなかった。

2004年7月にIWAジャパンに来日した際に、自身が咽頭癌に罹っていることを公表する。一時危篤状態に陥るものの声帯を全摘出する手術を行った。

手術の成功とプロレス界への復帰[編集]

ウィリアムスの手術は成功し、健康状態はいったん回復した。かねてより希望していたように、湖畔にたたずむ落ち着いた一軒家に住み、静かな生活を送っていた。体重は全盛期から20kgほど減ったものの、時折リングに上がっており、本人によればプロレスの試合に出るということが癌との戦いにも良い影響を与えているとのことであった。

また手術成功後、友人であるジョニー・エースの依頼でWWEのファーム選手のコーチに就任した他、自身の闘病経験を教会で語るなど社会活動にも取り組むようになった(声帯を全摘出したために固形物の嚥下は不可能だったものの、発声用の機械を埋め込んでいたため音声による会話は可能だった)。2007年3月には闘病記 "How Dr. Death became Dr. Life" を発表している。

2009年5月、IWAジャパン15周年記念興行に来日したが、秋頃に咽頭癌が再発。10月にIWAジャパンで予定されていた引退記念試合が延期となり、抗がん剤治療など回復に専念していたが、同年12月29日に死去。49歳没。

その他[編集]

  • 全日本マットで脳天から叩き落とす危険な技の応酬のスタートのきっかけを作ったのは、1993年8月31日豊橋大会における、小橋との三冠挑戦者決定戦でウィリアムスが放った「デンジャラス・バックドロップ」である(この技は1990年にシングル戦で谷津嘉章にあばら骨を骨折させる大怪我をさせ、しばらく封印していたものである。それ以前に垂直落下式ブレーンバスターも使っていた)。それ以降、三沢が「タイガードライバー'91」を解禁、危険な角度の投げ捨て式ジャーマン・スープレックスも使用、後に「エメラルド・フロウジョン」を考案。小橋は「バーニング・ハンマー」「ハーフネルソン・スープレックス」「スリーパー・スープレックス」、川田は「三冠パワーボム」「垂直落下式ブレーンバスター」「垂直落下式バックドロップ」、田上明は急角度の「怪物ジャーマン・スープレックス」、秋山準は「リストクラッチ式エクスプロイダー」、ジョニー・エースは「コブラクラッチ・スープレックス」「ジョニー・スパイク」等、トップ選手が次々と脳天直下型の受身が取りにくい危険技を使用し始めた。
  • SWSの旗揚げ興行初日に突如客席に訪れた。感想を尋ねると「(この団体は)成功はないな」と断言したという。
  • 2000年の全日本プロレス分裂で三沢ら離脱組の最後の売り興行けじめ参戦の際、馬場を尊敬していたウィリアムスは三沢を襲う素振りをしていたが、実行はせず(亡くなった馬場は場外乱闘を嫌っていたため)三沢とは握手して別れた。CS番組での仲田龍の発言によると、この素振りがきっかけで後にNOAHのマットに上がる機会を逸したとのこと。番組ではウィリアムス側からのNOAHマット参戦の要望を断ったとコメントした。
  • 一方、ウィリアムス自身はNOAHを高く評価しており、自身の教え子がNOAH(や新日本、全日本)で修行出来れば良いという希望を述べている(前出『週刊プロレス』インタビュー)
  • 入場テーマ曲はキッスの『勇士の叫び(I Love It Loud)』(後にタッグを組んでいたゴディも単独で使用した)。総当たりシングル戦のチャンピオン・カーニバルでの対ゴディ戦では、双方が同じテーマ曲で入場した。
  • UWF所属時代や新日本プロレス参戦初期の入場テーマ曲はブルース・スプリングスティーンの『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』を使用した。
  • 殺人魚雷コンビ全盛のころ、宮城県スポーツセンターで行われた最強タッグ選手権試合の際、人気絶頂の彼らの入場口には多くの観客が集まり、テープやカメラを片手に今か今かと入場を待っていた。いつもであれば、テリー・ゴディを先頭に余裕たっぷりに現れるはずが、ドアが開くと同時に椅子を持ったウィリアムスが凄まじい勢いで入場。意表をつかれた観客らは蜘蛛の子を散らすように逃げまどった。椅子はなぎ倒され転倒者が続出、周囲はさながら阿鼻叫喚の地獄絵図と化した。
  • 殺人魚雷コンビ結成当初は入場曲がかかると同時にテリー・ゴディと2人そろって全速力でリングに入り交互にロープワークするのがお決まりだった。この2人は公私ともに親しく、ゴディのスタン・ハンセンとの三冠王者戦にウィリアムスが半ば加勢する様な形を取っていた(リング外でゴディを手当てするなど)。試合後、敗戦したこともあり ハンセンは「ウィリアムスの乱入は許せん! ガッデム!!」と怒り狂っていた。
  • レスリングの強豪だが試合ぶりにはゴツゴツした不器用な面が目立った。似たようなタイプのスタン・ハンセンとのシングル戦を全日自主制作のビデオで解説した馬場は苦笑しながら「僕はこの人たちが一体何をしたいのか全然わかりません」と語っていた。その他にも「体が硬い」「受身の勉強不足で頭から落ちてしまう」など、馬場からは辛い評価が多かった。

参考文献[編集]

週刊プロレス』2007年4月4日号

得意技[編集]

デンジャラス・バックドロップ
受身の取りにくい急角度や垂直落下ので落とすため、デンジャラス・バックドロップ殺人バックドロップと呼ばれた。また本人はドクター・スープレックスの愛称で呼ぶこともあった。特に対小橋戦でのバックドロップは圧巻で、実況した佐藤啓アナが「バックドロップ・ドライバー」と表現したことがある。かつて三冠統一ヘビー級王者として7度の防衛記録を保持していた三沢光晴からベルトを奪取したときに放ったのもこの技。
デンジャラス・バックドロップ・ホールド
上記技を掛けた後、そのままブリッジしたままフォールする技。勢い余って形が半ば崩れた様な形で強引にフォールすることもあった。
ドクターボム
サイド・スープレックスの要領で相手を抱え、その状態からパワーボムに持って行く技。バックドロップとこの技が、ウィリアムスの代名詞。
オクラホマ・スタンピード
創始者ビル・ワット直伝。対戦選手を抱えあげたまま、コーナーポストに向かってダッシュし、いったん対戦相手の背中をポストにぶつけた後、また対角線上の逆のコーナーに向かってダッシュし、再び対戦相手の背中をポストに当てた後、リング中央でボディスラムのようにで叩き付け、そのままフォールするという技。トップロープからの雪崩式も使用した。大抵100kg以上ある選手をずっと抱えたまま動く技のため、技をかけたウィリアムスの方が疲労しているかのように見えることもある。1993年頃までフィニッシュ・ホールドであったが、スタミナの負担の大きな割には抱え上げた相手にポストやロープに捕まってディフェンスされやすいことに加え、後年にデンジャラス・バックドロップやドクター・ボムをマスターしたことから使用頻度は徐々に減っていった。
ダイビング・ショルダー・アタック
立っている相手に対し、トップロープから飛んで肩から相手にぶつかる技。フィニッシュとなることは少ないが、タッグマッチながらジャイアント馬場からピンフォールを奪ったことがある。
リフトアップ・スラム
怪力を誇るウィリアムスならではの技であり、試合中の見せ場の一つ。

その他に、急角度で投げ捨てるタイガー・スープレックス、雪崩式の水車落としパワースラム、カウンターでの旋回式スパイン・バスターテリー・ファンク風のジャブ&ストレート(もしくはフック)、フットボール・タックル、コーナーにもたれている相手への側転からのジャンピング・ボディアタック(背面式もあった)などを得意技として使用。

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
NWA / WCW
MSWA / UWF
  • ミッドサウス・タッグ王座:2回(w / テッド・デビアス
  • UWF世界ヘビー級王座:1回
  • UWF世界タッグ王座:1回(w / テッド・デビアス)
その他
  • ACWヘビー級王座:1回
  • UWF世界ヘビー級王座(Herb Abrams派):1回
  • UWF TV王座(Herb Abrams派):1回
  • IWA世界タッグ王座:1回(w / 三宅綾)

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  2. ^ Clash of the Champions VI Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  3. ^ WCW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]