ボビー・ヒーナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ヒーナン
ボビー・ヒーナンの画像
ヒーナン(左)とラリー・ズビスコ(2005年)
プロフィール
リングネーム ボビー"ザ・ブレイン" ヒーナン
"プリティボーイ" ボビー・ヒーナン
本名 レイモンド・ルイス・ヒーナン
ニックネーム Weasel
鮮血の仕掛人
陰の首謀者
身長 180cm - 183cm
体重 86kg - 105kg
誕生日 1944年11月1日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シカゴ
テンプレートを表示

ボビー・ヒーナンBobby Heenan1944年11月1日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーマネージャー。本名レイモンド・ルイス・ヒーナンRaymond Louis Heenan)、イリノイ州シカゴ出身。

その悪賢さから、ニックネームはザ・ブレインThe Brain)、通称はボビー"ザ・ブレイン" ヒーナン。また、Weaselイタチ、卑怯者)と呼ばれることもある。ヒールとしてのキャラクター・イメージからプロフィール上はカリフォルニア州ビバリーヒルズ出身とされる。

現在でも多くのレスラーやファンから「史上最高のマネージャー」と讃えられる生粋の悪徳マネージャー[1]。数多くの名選手をマネージメントし、見方によってはハルク・ホーガン最大の宿敵であった[1]。彼によってマネージメントされた選手のグループはヒーナン・ファミリーThe Heenan Family)と呼ばれる。

来歴[編集]

幼少期に父親が家出して祖母と母親に育てられたが、15歳の時に母親が失業[2]。家計を助けるために学校を中退して様々な職に就いた後、子供の頃からファンだったプロレス業界に入り、リングボーイとなってレイ・スティーブンスの付き人や会場の雑用係を務めていた[2]1965年ディック・ザ・ブルーザーの主宰するインディアナポリスWWAにて、プロレスラー兼任のプレイング・マネージャー "プリティボーイ" ボビー・ヒーナンとしてデビュー[2]

1969年AWA入団後は、当時ラリー・ヘニングが同じニックネームを用いていたためザ・ブレインを名乗り[2]、レイ・スティーブンス&ニック・ボックウィンクルザ・ブラックジャックスブラックジャック・マリガン&ブラックジャック・ランザ)、ボビー・ダンカンらのマネージャーを務める。AWAと提携関係にあった古巣のWWAではバロン・フォン・ラシクバリアント・ブラザーズ"ハンサム" ジミー・バリアント&"ラシャス" ジョニー・バリアント)も担当するなど、1970年代全般はAWAとWWAを主戦場に活動した。レスラーとしては、1974年シカゴとインディアナポリスに特別参戦したザ・シークのタッグ・パートナーに起用され、ディック・ザ・ブルーザー&ボボ・ブラジルと対戦している[3]

1979年にはブラックジャック・ランザと共にジム・バーネットの主宰するNWAジョージア地区のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに転戦。キラー・カール・コックスプロフェッサー・タナカアーニー・ラッドマスクド・スーパースターら同地のヒール勢を引き入れ、ジョージア・ヒーナン・ファミリーを組織する[4][5]。1年後にはAWAに復帰して再びボックウィンクルと組み、円熟期に入った彼を支えると共に、スーパー・デストロイヤー・マークIIケン・パテラなどのヒールをマネージメントした。

アンドレ・ザ・ジャイアントを先導するボビー・ヒーナン

1984年WWFと契約。当初はジェシー・ベンチュラのマネージャーを予定されていたが、ベンチュラが病気により引退したためビッグ・ジョン・スタッドに付く。その後もヒール転向後のアンドレ・ザ・ジャイアントキングコング・バンディポール・オーンドーフハーリー・レイスリック・ルードアーン・アンダーソンミスター・パーフェクトリック・フレアー、他にも数々の大物選手を担当した。彼らのほとんどはハルク・ホーガンの反対側のコーナーに立っていたヒールであり、ヒーナンがホーガン、あるいはアルティメット・ウォリアーなどに叩きのめされるシーンは1980年代のWWEを象徴する名場面の一つだった[1]

1980年代後半からは看板番組『プライムタイム・レスリング』『レスリング・チャレンジ』のカラー・コメンテーターにも就任。相方のアナウンサー役、ゴリラ・モンスーンとの実況は史上最高の名コンビと名高い。徹底してヒール選手に肩入れし毒の強いコメントを連発するヒーナンと、常に冷静でまじめなモンスーンとの絶妙な掛け合いは、後のジェリー・ローラージム・ロスのコンビにも影響を与えた(ローラーは「実況に笑いを持ち込んだヒーナンのことは意識している」などと語っている[6])。

1994年WCWに移籍。実況チームの一員として活躍後、2000年に退団。2001年レッスルマニアX-Sevenで行われたギミックバトルロイヤルでは解説者としてミーン・ジーン・オーカーランドとコンビを組み、久々にWWEにゲスト出演した。

2002年、喉頭と診断され、声帯を摘出する手術を受けた。2004年WWE殿堂入り(プレゼンターはオーカーランド)。2005年にはオーンドーフ、2006年にはブラックジャックス、2007年にはニック・ボックウィンクルの、それぞれの殿堂入りプレゼンターとしても式典に出席した。病気の後遺症のためか往時と比べると痩せ細り、声にも力は無くなったものの、そのトークの切れ味は変わらず絶妙で、毎回客席を笑いの渦に巻き込んだ。

2009年12月、顎部に癌の感染症が再見されたが[7]、経過は良好であり、2010年4月17日にはTNAロックダウンのファンフェスタにドリー・ファンク・ジュニアらと共に出席した[8]

日本へは1971年7月、国際プロレスにブラックジャック・ランザのプレイング・マネージャーとして初来日。1981年7月には全日本プロレスに来日し、当時新日本プロレスから移籍してきたばかりのタイガー・ジェット・シンのマネージャー役を務めた。全日本へはWWF移籍前の1984年5月にも参戦した(盟友のリック・フレアーとハーリー・レイスも同シリーズに特別参加している)。

ヒーナン・ファミリー[編集]

後方はブルックリン・ブロウラー
AWA / WWA
NWAジョージア
WWF


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c DVD『WWE ワールド・グレイテスト・レスリング・マネージャーズ』(2006年、ジェネオン・エンタテインメント
  2. ^ a b c d Bobby The Brain Heenan”. 411Mania.com: January 10, 2006. 2010年5月24日閲覧。
  3. ^ Matches fought as a team: The Sheik and Bobby Heenan”. Wrestlingdata.com. 2013年9月15日閲覧。
  4. ^ Georgia Wrestling History Cards & Results 1979”. Georgia Wrestling History. 2010年5月24日閲覧。
  5. ^ Faction Profiles: The Heenan Family”. Online World of Wrestling. 2011年7月3日閲覧。
  6. ^ DVD『グレイテスト・レスリング・スターズ'80s』DISC-2(2006年、ジェネオン・エンタテインメント)
  7. ^ A Sad Update On Bobby Heenan With A New Look Photo”. TNA Wrestling News: December 14, 2009. 2010年5月2日閲覧。
  8. ^ St Louis: Lockdown Fan InterAction Info”. TNA.com. 2010年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]