ハーレム・ヒート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーレム・ヒートHarlem Heat)は、1990年代全般に亘ってアメリカ合衆国で活動したプロレスタッグチームである。テキサス州ヒューストン出身のアフリカ系アメリカ人スティービー・レイ(レーン・スティーブン・ハフマン)とブッカー・T(ロバート・ブッカー・ハフマン)の兄弟によって組まれた。

ロッキー・ジョンソントニー・アトラスのソウル・パトロール、ココ・B・ウェアノーベル・オースチンのプリティ・ヤング・シングス、イライジャ・アキームカリーム・モハメッドのザンブイ・エクスプレス、ブッチ・リードロン・シモンズのドゥームなど、彼ら以前にも黒人レスラーによるタッグチームは様々に存在していたが、10年間に及ぶ活動期間やWCW世界タッグ王座を通算10回獲得した戴冠歴において[1]、比類なき実績を残した。

メンバー[編集]

  • スティービー・レイStevie Ray
    • 195cm、132kg[2]。ブッカー・Tの実兄。弟以上に恵まれた体格を持つ大型のラフ&パワーファイター。
  • ブッカー・TBooker T
    • 191cm、113kg[3]。スティービー・レイの実弟。身体能力は兄を上回り、後にシングル・プレイヤーとしても大きな成功を収めた。

来歴[編集]

エボニー・エクスペリエンス[編集]

1989年のデビュー後は、師匠のイワン・プトスキーが主宰していた地元テキサス州ヒューストンのウエスタン・レスリング・アライアンスにて、ハフマン・ブラザーズThe Huffman Brothers)として活動。1991年スカンドル・アクバに見込まれダラスのインディー団体グローバル・レスリング・フェデレーション(GWF)に参戦[4]スティービー・レイブッカー・Tをそれぞれのリングネームに、エボニー・エクスペリエンスThe Ebony Experience)と名乗ってベビーフェイスのポジションで活躍。マネージャーは当時GWFでアクバと敵対していたゲーリー・ハートが担当した。

以後、キング・パーソンズとアクション・ジャクソンのブラックバーズ、イアン&アクセル・ロッテンのバッド・ブリードなどのチームを破り、1992年から1993年にかけてGWFタッグ王座を通算3回獲得[5]。1992年10月には、桜田一男らが主宰するネットワーク・オブ・レスリングに「ブラック・ボンバーズ」の名義で初来日した。

ハーレム・ヒート[編集]

1993年8月、WCWに参戦。カーネル・ロバート・パーカーをマネージャーに迎えてヒールに転向し、ニューヨークハーレム出身という設定のもとチーム名をハーレム・ヒートHarlem Heat)に改め、リングネームもスティービーはケインKane)、ブッカーはコールKole)と変更した[4]。参戦当初は当時のWCWのトップヒールだったシッド・ビシャスボディーガード的な役回りを演じ、9月13日のPPV "Fall Brawl 1993" ではビシャス&ベイダーとのカルテットで変則金網デスマッチ「ウォー・ゲーム」に出場、スティングデイビーボーイ・スミスダスティン・ローデスザ・ショックマスターのベビーフェイス軍と対戦した[6]

1994年からはシスター・シェリーを新しいマネージャーに、リングネームも元に戻して活動。12月8日にジョージア州アトランタにてスターズ&ストライプス(マーカス・バグウェル&ザ・パトリオット)を破り、WCW世界タッグ王座に初戴冠する[1]1995年は5月にフロリダ州セントピーターズバーグナスティ・ボーイズ、7月にアトランタでディック・スレーター&バンクハウス・バックにタイトルを奪われるも、いずれも短期間で奪還に成功[1]

1996年は1月にスティング&レックス・ルガーに敗れ、しばらくは無冠となったものの、6月24日にノースカロライナ州シャーロットで収録されたマンデー・ナイトロにおいて、スティング&ルガー、リック&スコット・スタイナーとのトリプルスレットマッチに勝利しタイトルを取り戻した[1]。この間、1996年2月26日のマンデー・ナイトロではロード・ウォリアーズとも対戦し、翌月には揃って新日本プロレスに来日。3月20日の名古屋愛知県体育館大会にて橋本真也&平田淳嗣IWGPタッグ王座に挑戦した[7]

分裂[編集]

1996年9月23日にはパブリック・エナミーに足をすくわれるも1週間後のリターンマッチで7度目の戴冠を果たすが、10月27日にネバダ州ラスベガスで開催された"Halloween Havoc 1996" においてnWoのアウトサイダーズ(ケビン・ナッシュ&スコット・ホール)に敗退し王座から陥落[1][8]。これを機にベビーフェイスのチームとなり、nWoとの抗争に臨んだ。

しかし1997年秋、ジミー・ハート率いるファースト・ファミリーのフェイシズ・オブ・フィアー(ミング&ザ・バーバリアン)との試合でスティービー・レイが足首を負傷し、長期欠場に追い込まれる。その間、ブッカー・TはWCW世界TV王座を獲得するなどシングル・プレイヤーとして売り出され成功するが、復帰後のスティービーはブッカーと袂を分かち、1998年よりハリウッド・ハルク・ホーガンの誘いでnWoに加入。ブライアン・アダムススコット・ノートンなどで構成されたBチーム、nWoブラック&ホワイトのリーダー格となった。

再結成[編集]

1999年、ブッカー・Tの説得によりスティービー・レイはnWoを離れ、フェイスターンしてハーレム・ヒートを再結成。8月14日の"Road Wild 1999" にてジャージー・トライアッドのバンバン・ビガロ&クリス・キャニオンを破り、WCW世界タッグ王座に返り咲く[1][9]。同月23日にウエスト・テキサス・レッドネックスバリー&ケンドール・ウインダムに敗れるも、3週間後の9月12日開催の"Fall Brawl 1999" でタイトルを奪還[1][10]

10月18日、ペンシルベニア州フィラデルフィアでフィルシー・アニマルズのコナン&レイ・ミステリオ・ジュニアにタイトルを奪われるが、ミステリオの負傷で王座は空位となり、同月24日の"Halloween Havoc 1999" にて王者チーム決定戦に出場。コナン&ビリー・キッドマンブライアン・ノッブス&ヒュー・モラスとのトリプルスレットマッチを征し、WCW世界タッグ王座への10度目の戴冠を果たした[1][11]

ハーレム・ヒート2000[編集]

しかし、ブッカー・Tがハーレム・ヒートのセコンドとして黒人女性ボディビルダーのミッドナイト[12]を帯同し始めたことにより、兄弟の間に再び亀裂が発生。スティービー・レイはヒールに戻り、ビッグ・Tを新しいパートナーにハーレム・ヒート2000Harlem Heat 2000)を結成、「ハーレム・ヒート」の名称使用権を巡りブッカー・Tと骨肉の抗争を展開する。

悪徳弁護士のJ・ビッグス[13]をマネージャーに雇い、入場テーマ曲やリングネームの変更をブッカー・Tに強要するなどしたが、2000年3月19日の"Uncensored 2000" にてブッカー&ビリー・キッドマンに敗退[14]。以後ハーレム・ヒート2000は消滅し、スティービー・レイは現役を離れ "WCW Thunder" のカラー・コメンテーターに転向。ブッカー・Tとも復縁し、彼のWCW世界ヘビー級王座奪取を祝福したが、以降ハーレム・ヒートがリユニオンされることはなかった。

解散後[編集]

スティービー・レイ引退後の2005年、ハフマン兄弟は地元のヒューストンにてプロレスリング・アカデミー併設のインディー団体 "Pro Wrestling Alliance" を共同で主宰[15]。近年は "Reality of Wrestling" の団体名で活動している。

2013年4月6日、ブッカー・TがWWE殿堂に迎えられ、マディソン・スクエア・ガーデンにて行われた顕彰セレモニーではスティービー・レイがインダクターを務めた[16]

合体攻撃[編集]

獲得タイトル[編集]

グローバル・レスリング・フェデレーション
  • GWFタッグ王座:3回[5]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  2. ^ Wrestler Profiles: Stevie Ray”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  3. ^ Wrestler Profiles: Booker T”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  4. ^ a b The History of Booker T”. SLAM! Sports (June 2, 2005). 2010年9月22日閲覧。
  5. ^ a b GWF Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月17日閲覧。
  6. ^ Fall Brawl 1993 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  7. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P48(2002年、日本スポーツ出版社
  8. ^ Halloween Havoc 1996 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  9. ^ Road Wild 1999 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  10. ^ Fall Brawl 1999 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  11. ^ Halloween Havoc 1999 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  12. ^ Wrestler Profiles: Midnight”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  13. ^ Wrestler Profiles: Clarence Mason”. Online World of Wrestling. 2010年9月17日閲覧。
  14. ^ Uncensored 2000 Results”. ProWrestling History.com. 2010年9月17日閲覧。
  15. ^ Booker T's Pro Wrestling Alliance”. Online World of Wrestling. 2014年9月21日閲覧。
  16. ^ Booker T gets inducted into the WWE Hall of Fame”. WWE.com. 2014年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]