WCW世界ヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WCW世界ヘビー級王座
管理団体 World Championship Wrestling
World Wrestling Federation
創立 1991年3月21日

WCW世界ヘビー級王座(WCW World Heavyweight Championship)は、かつてのプロレス団体WCWの王座の一つ。一時期はWWF(現:WWE)の王座の一つでもあった。2001年12月9日WWE王座に統一されるものの、2002年WWE・世界ヘビー級王座として復活。

歴史[編集]

当時NWA王者だったリック・フレアー1991年3月21日東京ドーム藤波辰爾と王座戦を行い藤波が3カウントを取った。WCWの用意したシナリオでは、本国のルールにより、3カウント前のオーバー・ザ・トップロープによる反則負け=フレアーの王座防衛の予定だったが、新日本プロレス側が納得せず、またWCWも王座移動を認めなかったため[1][2]、藤波がNWA王者に、フレアーがWCW王座を防衛という形で王座が分裂し、WCW王座が誕生した。その後は、WWF王座と双璧を担う存在となり、多数のレスラー達によって争われた。しかし、フィンガーポーク・オブ・ドゥームをきっかけにWCW王座の価値が落ち始めた。特にWCW後期になっていくと、レスラーではない、俳優デヴィッド・アークエットや脚本家のビンス・ルッソーが王座を獲得したり、毎週のように王座が移動するなど、価値が没落していき、挙句の果てには、ナイトロの最終回では、メイン戦でなく、第一試合に行うまでに価値がさがり、完全にWWE王座と差がつけられている。2001年にWCW崩壊、その後はWWFのタイトルになった。同年12月9日に消滅したが、2002年にWWE・世界ヘビー級王座として復活するが、2013年にWWE王座と統一し、再び消滅した。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 番組 試合形式
リック・フレアー 1 1991年1月11日 - One Fall
※フレアーのWWF移籍により空位・NWA世界ヘビー級王座からWCW世界ヘビー級王座に改称
レックス・ルガー 1 7月14日 The Great American Bash 1991 Steel Cage
スティング 1 1992年2月29日 SuperBrawl II One Fall
ビッグバン・ベイダー 1 7月12日 The Great American Bash 1992 One Fall
ロン・シモンズ 1 8月2日 - One Fall
ビッグバン・ベイダー 2 12月30日 - One Fall
スティング 2 1993年3月11日 - One Fall
ビッグバン・ベイダー 3 3月17日 - One Fall
リック・フレアー 2 12月27日 Starrcade 1993 One Fall
リッキー・スティムボートとの王座戦がダブルフォールとなった為無効試合
リック・フレアー 2 1994年4月21日 WCW Saturday Night One Fall
ハルク・ホーガン 1 7月17日 Bash at the Beach 1994 One Fall
ザ・ジャイアント 1 1995年10月29日 Halloween Havoc 1995 One Fall
※王座空位を発表
ランディ・サベージ 1 11月26日 World War 3 Battle Royal
リック・フレアー 3 12月27日 Starrcade 1995 One Fall
ランディ・サベージ 2 1996年1月22日 Nitro One Fall
リック・フレアー 4 2月11日 SuperBrawl VI Steel Cage
ザ・ジャイアント 2 4月22日 Nitro One Fall
ハリウッド・ホーガン 2 8月10日 Hog Wild One Fall
レックス・ルガー 2 1997年8月4日 Nitro One Fall
ハリウッド・ホーガン 3 8月9日 Road Wild 1997 One Fall
スティング 3 12月28日 Starrcade 1997 One Fall
※王座空位を発表
スティング 4 1998年2月22日 SuperBrawl VIII One Fall
ランディ・サベージ 3 4月19日 Spring Stampede 1998 No DQ
ハリウッド・ホーガン 4 4月20日 Nitro No DQ
ゴールドバーグ 1 7月6日 Nitro One Fall
ケビン・ナッシュ 1 12月27日 Starrcade 1998 No DQ
ハリウッド・ホーガン 5 1999年1月4日 Nitro One Fall
リック・フレアー 5 3月14日 Uncensored 1999 First Blood Steel Cage
ダイヤモンド・ダラス・ペイジ 1 4月11日 Spring Stampede 1999 4Way
スティング 5 4月26日 Nitro One Fall
ダイヤモンド・ダラス・ペイジ 2 4月26日 Nitro 4Way
ケビン・ナッシュ 2 5月9日 Slamboree 1999 One Fall
ランディ・サベージ 4 7月11日 Bash at the Beach 1999 Tag
ハルク・ホーガン 6 7月12日 Nitro One Fall
スティング 6 9月12日 Fall Brawl 1999 One Fall
※王座空位を発表
ブレット・ハート 1 11月21日 Mayhem 1999 Tournament Final
※王座返上
ブレット・ハート 2 12月20日 Nitro One Fall
※負傷により王座返上
クリス・ベノワ 1 2000年1月16日 Souled Out 2000 One Fall
※ベノワのWWF移籍により空位
シッド・ビシャス 1 1月24日 Nitro One Fall
※ナッシュがコミッショナー権限で王座剥奪・自らを新王者に認定
ケビン・ナッシュ 3 1月25日 Thunder 自らを新王者に認定
シッド・ビシャス 2 1月25日 Thunder Handicap
エリック・ビショフビンス・ルッソーがWCWの全王座の空位を発表
ジェフ・ジャレット 1 4月16日 Spring Stampede 2000 Tournament Final
ダイヤモンド・ダラス・ペイジ 3 4月24日 Nitro Steel Cage
デヴィッド・アークエット 1 4月25日 Thunder Tag
ジェフ・ジャレット 2 5月7日 Slamboree 2000 3Way Steel Cage
リック・フレアー 6 5月15日 Nitro One Fall
※ルッソーが王座剥奪
ジェフ・ジャレット 2 5月22日 Nitro ルッソーから授与
ケビン・ナッシュ 4 5月23日 Thunder 3Way
リック・フレアー 7 5月29日 Nitro ナッシュから授与
ジェフ・ジャレット 3 5月29日 Nitro One Fall
ブッカー・T 1 7月9日 Bash at the Beach 2000 One Fall
ケビン・ナッシュ 5 8月28日 Nitro One Fall
ブッカー・T 2 9月17日 Fall Brawl 2000 Steel Cage
ビンス・ルッソー 1 9月25日 Nitro Steel Cage
※王座返上
ブッカー・T 3 10月2日 Nitro One Fall
スコット・スタイナー 1 11月26日 Mayhem 2000 Steel Cage
ブッカー・T 4 2001年3月26日 Nitro One Fall
※WCWが消滅し、新たにWWF管轄のタイトルとなる
カート・アングル 1 7月24日 SmackDown! One Fall
ブッカー・T 5 7月30日 RAW is War One Fall
ザ・ロック 1 8月19日 SummerSlam 2001 One Fall
クリス・ジェリコ 1 10月21日 No Mercy 2001 One Fall
ザ・ロック 2 11月5日 RAW One Fall
クリス・ジェリコ 2 12月9日 Vengeance 2001 One Fall
※WWF王座と統合し、WWF統一王座に改称

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ こうした事情からWCW側は、関係者がNWA世界ヘビー級王座のベルトを東京から本国アメリカに持ち帰ってしまい、後日の本国向けのテレビ中継にて藤波の“王座奪取”の映像を流しながらも『オーバー・ザ・トップロープがあったため、王座移動は認められない』との公式見解を示した(無論、新日本プロレス側は承服せず、ベルトが手元にない状態ながら、選手コールの度に藤波を「NWA世界ヘビー級チャンピオン」と紹介し続けた)。そして1991年5月19日にアメリカ・フロリダ州セントピーターズバーグでWCWが開催した「スーパー・ブロウル」において、『WCWチャンピオンはどちらか』と銘打ち、“NWA王者”フレアーと“IWGP王者”藤波との再戦を挙行、こちらはフレアーが雪辱を果たした。
  2. ^ 一方で当時、アメリカのスポーツ新聞「ナショナル」(現在は廃刊)は、この東京ドームのタイトル戦について「藤波がNWA王座を奪取」と報道、同紙は「藤波の戴冠でNWA王座は、よりインターナショナルなものになった」とも伝えたという(当時の東京スポーツより)。

外部リンク[編集]