ロード・ウォリアー・ホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロード・ウォリアー・ホーク
プロフィール
リングネーム ロード・ウォリアー・ホーク
ホーク・ウォリアー
クラッシャー・フォン・ヘイグ
本名 マイケル・ジェイムズ・ヘグストランド(マイク・ヘグストランド)
ニックネーム 殺刃戦士
身長 191cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1957年9月12日
死亡日 2003年10月19日(満46歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ミネアポリス
トレーナー エディ・シャーキー
デビュー 1983年
テンプレートを表示

ロード・ウォリアー・ホークRoad Warrior Hawk1957年9月12日 - 2003年10月19日)は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州ミネアポリス出身(ギミックの上ではイリノイ州シカゴ出身を自称していた)。

本名:マイケル・ヘグストランドMichael James Hegstrand)。日本ではホーク・ウォリアーHawk Warrior)のリングネームで活躍した。

来歴[編集]

ミネソタ州ミネアポリスで育ち、スコット・ノートンはヘンリー高校の同窓生である。1983年カナダバンクーバーNWAオールスター・レスリングにて、ナチスギミッククラッシャー・フォン・ヘイグCrusher Von Haig)としてデビュー[1]

その後、ジョージア・チャンピオンシップ・レスリングにて旧友のジョセフ・ロウリネイティスと合体。ブッカーのオレイ・アンダーソンのアイデアにより、ロウリネイティスはロード・ウォリアー・アニマル、自身はロード・ウォリアー・ホークと名乗り、タッグチームロード・ウォリアーズ」(リージョン・オブ・ドゥーム)を結成する。以降、1980年代を代表するタッグチームとしてマット界を席巻。AWANWAWWF全日本プロレスなど各団体で数々のタッグタイトルを獲得した。

アニマルが負傷欠場中だった1992年下期からは、新日本プロレス佐々木健介扮するパワー・ウォリアーをパートナーに、新チーム「ヘルレイザーズ」を結成。IWGPタッグ王座の王者チームとなって長期政権を築いた。同時期、オットー・ワンツが主宰していたドイツのCWAにも単身で遠征し、1992年12月19日にランボーからCWA世界ヘビー級王座を奪取している[2]

2003年10月19日フロリダ州の自宅で心臓発作に見舞われ死去。46歳没。

2011年、アニマルとのロード・ウォリアーズとして、初代マネージャーのポール・エラリングと共にWWE殿堂に迎えられた。

得意技[編集]

タッグ用の合体技で、パートナーが肩車で抱え上げた相手を、ホークがコーナー最上段からフライング・クローズラインで撃墜する。

獲得タイトル[編集]

WWE
NWA
  • NWA世界タッグ王座 : 1回(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
  • NWAナショナル・タッグ王座 : 3回(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
  • NWA世界6人タッグ王座 : 3回(w / ロード・ウォリアー・アニマル&ダスティ・ローデス×2、ロード・ウォリアー・アニマル&天龍源一郎×1)
  • NWAクロケット・カップ・タッグトーナメント優勝:1986年(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
  • NWAアイアンチーム・トーナメント優勝:1989年(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
AWA
全日本プロレス
新日本プロレス
その他
  • CWA世界ヘビー級王座(欧州版) : 1回
  • i-ジェネレーション・タッグ王座 : 2回(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
  • IPWハードコア・タッグ王座 : 1回(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
  • PCW世界タッグ王座 : 1回(w / ロード・ウォリアー・アニマル)
  • MTWタッグ王座 : 1回(w / ボボ・ブラジル・ジュニア)
  • 中部大西洋タッグ王座 : 1回(w / ダグ・ギブソン)
  • MEWFタッグ王座 : 1回(w / アルティメット・コメット)

脚注[編集]

  1. ^ アニマル・ウォリアー、アンドリュー・ウィリアム・ライト『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』P69-70(2011年、東邦出版ISBN 4809409511
  2. ^ CWA World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年10月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]