ロッキー・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッキー・ジョンソン
プロフィール
リングネーム ロッキー " ソウルマン " ジョンソン
スウィート・エボニー・ダイヤモンド
本名 ウェイド・ボウルズ
ニックネーム 黒い砲弾
身長 186cm
体重 112kg(全盛時)
誕生日 1944年8月24日(69歳)
出身地 カナダの旗 カナダノバスコシア州
デビュー 1964年
引退 1991年
テンプレートを表示

ロッキー・ジョンソンRocky "Soulman" Johnson、本名:Wayde Bowles1944年8月24日 - )は、カナダノバスコシア州出身の元プロレスラー

1960年代後半から1990年代初頭まで、アメリカ各地で長くトップスターとして活躍した。日本には2度来日している(日本では「1941年生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身」と紹介されることが多い)。

義父(妻の父)はピーター・メイビア、息子はプロレスラーで俳優ザ・ロック2008年にはWWE殿堂入りを果たした。

来歴[編集]

1964年にプロレスラーとしてデビュー。バネのある身体から繰り出す華麗な空中殺法を武器に、西海岸南部WWF五大湖地区などアメリカ各地の主要マーケットで、ベビーフェイスの黒人トップスターとして数々のタイトルを獲得し、長く活躍した。特にドロップキックの名手として知られる。ニックネームは"Soulman"覆面レスラースウィート・エボニー・ダイヤモンドSweet Ebony Diamond)としてファイトすることもあった。

1983年ニューヨークのWWFに参戦し、トニー・アトラスと黒人タッグチームソウル・パトロールThe Soul Patrol)」を結成。同年11月15日にワイルド・サモアンズからWWFタッグ王座を奪取している[1]。その後も同王座を巡り、ディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションと抗争劇を展開した[2]。WWF離脱後はハワイでプロモーター兼ブッカーとして活動し、1991年に現役を引退。

来日を待望され、1970年日本プロレスの第1回NWAタッグ・リーグ戦アーニー・ラッドとの黒人強力コンビとして出場した。優勝候補の筆頭と見られていたが、チームワークに難があり、決勝進出を果たせなかった。その後もアメリカでは活躍を続け、1980年1月に新日本プロレスに10年振りの来日を果たす。アントニオ猪木とのシングルマッチも実現したが、戦績は振るわず、北米タッグ王座挑戦を目前に控えた試合でスタン・ハンセンウエスタン・ラリアットの誤爆を受け負傷し、タイトル戦を欠場した。これが最後の来日となった。

日本とも縁の深いアメリカの繁栄マーケットで活躍したにもかかわらず、売れっ子で多忙だったこともあり来日回数はわずか2回と少なく、日本では実績を残すことができなかった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

シングルタイトル
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:2回
  • NWAジョージア・ヘビー級王座:1回
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:2回
  • NWAミッドアトランティック・ヘビー級王座:1回
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回
  • NWA USヘビー級王座(サンフランシスコ版):1回
  • NWA南部ヘビー級王座(メンフィス版):1回
  • WWE Hall of Fame2008年度(プレゼンターはザ・ロック
タッグタイトル

 etc.

脚注[編集]

  1. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2010年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]