ロッキー・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッキー・ジョンソン
プロフィール
リングネーム ロッキー "ソウルマン" ジョンソン
スウィート・エボニー・ダイヤモンド
本名 ウェイド・ダグラス・ボウルズ
ニックネーム 黒い砲弾
ソウルマン
身長 186cm
体重 112kg(全盛時)
誕生日 1944年8月24日(70歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ノバスコシア州アマースト
デビュー 1964年
引退 1991年
テンプレートを表示

ロッキー・ジョンソンRocky Johnson、本名:Wayde Douglas Bowles1944年8月24日 - )は、カナダノバスコシア州出身の元プロレスラー。生年は1941年、出身地はアメリカ合衆国ニューヨーク州と紹介されることもあった[1]

ソウルマンSoulman)の異名を持つベビーフェイスの黒人スターとして、西海岸南部中西部WWFなどアメリカ各地の主要マーケットで活躍。バネのある身体から繰り出す華麗な空中殺法で人気を博し、ドロップキックの名手として知られた[1]

義父(妻の父)はピーター・メイビア、息子はプロレスラーで俳優ザ・ロック2008年にはWWE殿堂に迎えられた。

来歴[編集]

1964年にデビュー後、トロントのメープル・リーフ・レスリング、カルガリーのスタンピード・レスリング、バンクーバーのオールスター・レスリングなどカナダ各地を転戦。バンクーバーでは1967年4月3日、ドン・レオ・ジョナサンと組んでクリス・トロス&ジョン・トロスを破り、NWAカナディアン・タッグ王座を獲得[2]、初戴冠を果たす[3]1969年11月にはトロントのメープル・リーフ・ガーデンにて、ビッグ・サカこと坂口征二とも対戦した[4]

その後、アメリカ西海岸に進出し、ロサンゼルスでは1970年1月16日、グレート小鹿からNWAアメリカス・ヘビー級王座を奪取[5]。以降もフレッド・ブラッシーを相手にタイトルを争った[5]1971年からはサンフランシスコを主戦場に、後に義父となるピーター・メイビアとのタッグチームで活躍、パット・パターソンスーパースター・ビリー・グラハムザ・ブルートラーズ・アンダーソンらと抗争した[6]フェイスターン後のパターソンとはタッグも組み、サンフランシスコ版のNWA世界タッグ王座を再三獲得、1973年11月6日にはキンジ渋谷&マサ斎藤を破り、同王座への4回目の戴冠を果たした[7]

1974年よりアメリカ南部に参戦、ジョージアでは同年12月6日、バディ・コルトからNWAジョージア・ヘビー級王座を奪取[8]アブドーラ・ザ・ブッチャーとも同王座を賭けた黒人同士の抗争を展開した[9]1975年フロリダを主戦場に、7月31日にJ・J・ディロンからNWAフロリダTV王座を[10]、同月および12月23日にはボブ・ループカーティス・イヤウケアからNWAフロリダ・ヘビー級王座をそれぞれ奪取している[11]

同年からはセントルイスキール・オーディトリアムの定期戦にも再三出場し、ジャック・ブリスコNWA世界ヘビー級王座ハーリー・レイスのNWAミズーリ・ヘビー級王座に挑戦する一方、ディック・ザ・ブルーザーウイルバー・スナイダーとタッグを組み、ニック・ボックウィンクルブラックジャック・ランザバロン・フォン・ラシクオックス・ベーカーバリアント・ブラザーズなど、AWAインディアナポリス版WWAのヒールとも対戦した[12][13]

1976年テキサスの東部地区で活動、ダラスではホセ・ロザリオをパートナーに、3月3日にスタン・ハンセン&キラー・ブルックスからNWAテキサス・タッグ王座を奪取[14]。日本でアントニオ猪木対モハメド・アリ異種格闘技戦が行われた6月25日(アメリカでの現地時間)には、ヒューストンでのクローズドサーキット興行にてテリー・ファンクのNWA世界ヘビー級王座に挑戦している[15]。同年はテネシーのミッドアメリカ地区にも参戦し、11月1日にメンフィスにてジェリー・ローラーを破り、NWA南部ヘビー級王座を獲得した[16]

1977年よりフロリダに戻り、同年4月にブルーノ・サンマルチノを破りフロリダに乗り込んできたスーパースター・ビリー・グラハムのWWWF世界ヘビー級王座に、8月から9月にかけて連続挑戦[17]。9月19日にはペドロ・モラレスとのコンビでパット・パターソン&イワン・コロフからNWAフロリダ・タッグ王座を奪取[18]1978年にかけてはKKKギミックキラー・カール・コックスを相手に遺恨試合を繰り広げ[19]、テリー・ファンクからハーリー・レイスに移動したNWA世界ヘビー級王座にも再三挑戦した[20]

1980年下期からはジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区にて活動。スウィート・エボニー・ダイヤモンドSweet Ebony Diamond)なる覆面レスラーに一時的に変身し[21]マスクド・スーパースターとマスクマン同士の抗争を展開[22]。スーパースターのフェイスターン後は彼やリッキー・スティムボートブラックジャック・マリガンらと共闘し、ジミー・スヌーカレイ・スティーブンスボビー・ダンカンアイアン・シークなど、悪党マネージャージン・アンダーソン率いるヒール軍団と抗争、アメリカ再修行中の天龍源一郎キム・ドクとも対戦した[23]1981年4月29日にはトーナメントの決勝でグレッグ・バレンタインを破り、空位となっていたTV王座を獲得している[24]

1982年太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングで活動。アイスマン・キング・パーソンズをパートナーに、スタン・ステイジャックバディ・ローズマット・ボーンデビッド・シュルツディジー・ホーガンらと抗争。4月には同地区をサーキットしていたリック・フレアーのNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦し[25]、7月15日にはリップ・オリバーからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を奪取した[26]

1983年ニューヨークのWWFに参戦し、ドン・ムラコが保持していたインターコンチネンタル・ヘビー級王座に再三挑戦[27]。同年8月より、トニー・アトラスとの黒人タッグチーム「ソウル・パトロールThe Soul Patrol)」を結成、11月15日にワイルド・サモアンズからWWFタッグ王座を奪取している[28]。翌1984年に始まったWWFの全米侵攻サーキットにおいても、同王座を巡りディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションと抗争劇を展開した[29]。王座陥落後も、WWFには1985年上期までベテランのベビーフェイスとして出場し、ロディ・パイパーポール・オーンドーフカウボーイ・ボブ・オートンジェシー・ベンチュラビッグ・ジョン・スタッドケン・パテラニコライ・ボルコフらヒール勢と各地で対戦した[29]

WWF離脱後は、義父のピーター・メイビアの未亡人リア・メイビアが再興したハワイのポリネシアン・パシフィック・レスリングにて主力レスラー兼ブッカーとして活動。1987年には、かつて主戦場の一つとしていたテネシーのCWAに登場し、7月6日にビル・ダンディーとのコンビでポール・ダイヤモンド&パット・タナカのバッド・カンパニーからCWAインターナショナル・タッグ王座を奪取[30]。これが現役最後の戴冠となり、以降は1990年代初頭まで、プエルトリコWWCや古巣フロリダのインディー団体にゲスト出場していた[31]

引退後は2003年上期に、WWEのファーム団体OVWのトレーナーを務めていた[3]2008年3月にはピーター・メイビアと共にWWE殿堂に迎えられている。

日本には1970年9月、日本プロレスに初来日。第1回NWAタッグ・リーグ戦アーニー・ラッドとの強力黒人コンビとして出場した。両者のサイズとファイトスタイルの相違点がBI砲と通じていたことから(ラッド=ジャイアント馬場、ジョンソン=アントニオ猪木)、「黒いBI砲」として優勝候補の筆頭と期待されたが、チームワークに難があり、決勝進出を果たせなかった。その後は1980年1月、当時の主戦場だったフロリダ地区との提携ルートを持っていた新日本プロレスに10年振りの来日を果たす。アントニオ猪木とのシングルマッチも実現したが、北米タッグ王座挑戦を目前に控えた試合でスタン・ハンセンウエスタン・ラリアットの誤爆を受け負傷し、タイトル戦を欠場。これが最後の来日となった。

日本とも縁の深いアメリカのメジャーテリトリーで活躍したにもかかわらず、売れっ子で多忙だったこともあり来日回数はわずか2回と少なく、日本では実績を残すことができなかった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:3回[11]
  • NWAフロリダ・ブラスナックル王座:2回[32]
  • NWAフロリダTV王座:1回[10]
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / ペドロ・モラレス[18]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAミッドアトランティックTV王座:1回[24]
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:2回[5]
NWAサンフランシスコ
NWAデトロイト
  • NWA世界タッグ王座(デトロイト版):1回(w / ベン・ジャスティス)[37]
NWAオールスター・レスリング
NWAミッドアメリカ / CWA
WWF / WWE
ポリネシアン・パシフィック・レスリング
  • ポリネシアン・パシフィック・タッグ王座:2回(w / リッキー・ジョンソン)[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P181(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b NWA Canadian Tag Team Title [Vancouver]”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  3. ^ a b c Wrestler Profiles: Rocky Johnson”. Online World of Wrestling. 2014年9月8日閲覧。
  4. ^ The MLW matches fought by Rocky Johnson in 1969”. Wrestlingdata.com. 2014年9月9日閲覧。
  5. ^ a b c NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  6. ^ The PCAC matches fought by Rocky Johnson in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年9月9日閲覧。
  7. ^ a b NWA World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  8. ^ a b NWA Georgia Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  9. ^ Abdullah the Butcher vs. Rocky Johnson”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  10. ^ a b NWA Florida Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  11. ^ a b NWA Florida Heavyweigh Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  12. ^ The SLWC matches fought by Rocky Johnson in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年9月9日閲覧。
  13. ^ The SLWC matches fought by Rocky Johnson in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年9月9日閲覧。
  14. ^ a b NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  15. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  16. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  17. ^ Billy Graham vs. Rocky Johnson”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  18. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  19. ^ Killer Karl Kox vs. Rocky Johnson”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  20. ^ Harley Race vs. Rocky Johnson”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  21. ^ SED - Rocky Johnson”. Maple Leaf Wrestling. 2014年9月9日閲覧。
  22. ^ The WCW matches fought by Rocky Johnson in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  23. ^ The WCW matches fought by Rocky Johnson in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  24. ^ a b NWA Mid-Atlantic Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  25. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1982”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  26. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  27. ^ WWE Yearly Results 1983”. The History of WWE. 2014年9月8日閲覧。
  28. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月28日閲覧。
  29. ^ a b WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2010年4月28日閲覧。
  30. ^ a b CWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  31. ^ Rocky Johnson”. Wrestlingdata.com. 2014年9月8日閲覧。
  32. ^ NWA Florida Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  33. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  34. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  35. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  36. ^ NWA United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。
  37. ^ NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月9日閲覧。
  38. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]