マイケル・シクルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・シクルナ
プロフィール
リングネーム バロン・シクルナ
バロン・マイケル・シクルナ
バロン・ミケル・シクルナ
マイク・バレンティノ
Ripper Secuma
本名 マイク・シクルナ
ニックネーム マルタの怪男爵
身長 191cm[1]
体重 120kg[1](全盛時)
誕生日 1929年7月29日
死亡日 2010年3月20日(満80歳没)
出身地 マルタの旗 マルタ
デビュー 1950年代
引退 1984年
テンプレートを表示

"バロン" マイケル・シクルナ"Baron" Mikel Scicluna1929年7月29日 - 2010年3月20日)は、マルタ共和国出身のプロレスラー。元WWWF世界タッグ王者WWE殿堂者

来歴[編集]

カナダに移住後、1950年代オンタリオ州トロントにてデビュー(当時のトレーニング仲間にはワルドー・フォン・エリックらがいる)[2]マイク・バレンティノMike Valentino)をリングネームに、1960年代前半までカナダやNWAサンフランシスコ地区を主戦場に活動した。

1965年ニューヨークWWWFに進出し、バロン・マイケル・シクルナBaron Mikel Scicluna)と改名。マルタ十字の施されたマントをまとった大型ヒールとして頭角を現し、1966年1月24日にマディソン・スクエア・ガーデンにてブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に初挑戦、マルタ式背骨折りでサンマルチノを半失神に追い込んだ[3]。同年9月22日にはスマッシャー・スローンとのコンビでジョニー・バレンタイン&アントニオ・プリエーゼからWWWF USタッグ王座も奪取している[4]

1967年11月には日本プロレスに初来日。日プロには1968年2月にも再来日している。同年はオーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征し、6月15日にシドニースパイロス・アリオンを破りIWA世界ヘビー級王座を獲得[5]。7月6日にはサイクロン・ネグロと組んでマリオ・ミラノ&ドミニク・デヌーチから同タッグ王座も奪取した[6]

1970年上期はテキサスダラス地区にて "Ripper Secuma" なる変名を用い、キラー・カール・コックスボリス・マレンコと共にジョニー・バレンタイン率いるヒール軍団の一員となって活動、同地区で人気を博していたミル・マスカラスワフー・マクダニエルと抗争した[7]。同年下期よりWWWFに再登場し、キャプテン・ルー・アルバーノマネージャーキング・カーティス・イヤウケアと "キング&バロン" のタッグチームを結成。1972年2月1日、カール・ゴッチ&レネ・グレイの独仏コンビからWWWF世界タッグ王座を奪取し、第3代の王者チームとなった[8]

王座陥落後の1972年6月には国際プロレスに来日、ビル・ミラーと組んでストロング小林&グレート草津とのIWA世界タッグ王座決定戦に出場した[9]。翌1973年3月と1974年8月には全日本プロレスに登場し、1973年の来日時は『チャンピオン・カーニバル』の第1回大会に参加。トーナメント1回戦でサムソン・クツワダを下したが、2回戦でザ・デストロイヤーに敗退した。

以降もWWWF / WWFを主戦場に、1976年6月1日には、モハメド・アリゴリラ・モンスーンに喧嘩を売ったアングルにおいてモンスーンのジョバーを務めている(アリは同月26日にアントニオ猪木との異種格闘技戦が決定しており、そのプロモーションとしてWWWFのリングに登場した)[10]

1978年4月には当時のWWFの提携ルートで新日本プロレスに初参戦し、『MSGシリーズ』の第1回大会に出場。すでに体力的なピークを過ぎていたこともあり決勝リーグ進出は果たせなかったものの、予選トーナメント1回戦ではチーフ・ジェイ・ストロンボーとの本場MSGでの定番試合が実現している(このストロンボー戦に敗退後、敗者復活戦の1回戦でマーティン・ジョーンズ、2回戦で藤原喜明を破り勝ち進んだが、決勝リーグ進出を賭けた3回戦で坂口征二に敗れた)。

その後も中堅ヒールのポジションでWWFに定着し、ベテランのジョバーとして活動。1980年8月9日にシェイ・スタジアムにて開催されたビッグ・イベント "Showdown at Shea" では、ベビーフェイス陣営のジョバーだったドミニク・デヌーチとのシングルマッチが組まれた[11]

1984年の現役引退後はWWFの重要拠点の一つだったペンシルベニア州フィラデルフィアに居住し、ニューヨーク・タイムズのトラック・ドライバーの職に就いた[2]1996年にはWWF殿堂に迎えられている。

2010年3月20日、癌のため死去[2][12]。80歳没。

得意技[編集]

マルタ式バックブリーカー
変形のカナディアン・バックブリーカーブッチャー・バションネイル・グアイらが得意としたハングマンズ・ホールド(ハングマンズ・ネックブリーカー)にも類似しており、相手の脇下から首の部分に両手を回し、自分の頭を相手の背中に押し付けるようにして担ぎ上げる怪力技である。ブルーノ・サンマルチノを半失神に追い込んだ1966年1月24日のMSG定期戦では、チョーク攻撃と見なされ反則負けを取られた[13]

獲得タイトル[編集]

WWE
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Baron Mikel Scicluna”. Online World of Wrestling. 2010年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c Saying goodbye to Baron Mikel Scicluna”. SLAM! Sports. 2010年3月22日閲覧。
  3. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P52(2002年、日本スポーツ出版社
  4. ^ a b WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。
  5. ^ a b IWA World Heavyweight Title [Australia]”. Wrestling-Titles.com. 2010年3月30日閲覧。
  6. ^ a b IWA World Tag Team Title [Australia]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。
  7. ^ The WCCW matches fought by Baron Mikel Scicluna in 1970”. Wrestlingdata.com. 2013年9月27日閲覧。
  8. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年3月30日閲覧。
  9. ^ IWA World Tag Team Title [IWE]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  10. ^ 柳澤健・著『完本 1976年のアントニオ猪木』P199(2009年、文藝春秋,ISBN 4167753650
  11. ^ Showdown at Shea 1980”. Pro Wrestling History.com. 2011年8月8日閲覧。
  12. ^ One of WWWF's longest lasting stars passes away after long battle with cancer”. Wrestling Observer / Figure Four Online. 2010年3月22日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1966”. The History of WWE. 2010年3月30日閲覧。
  14. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]