ニコライ・ボルコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・ボルコフ
ニコライ・ボルコフの画像
プロフィール
リングネーム ニコライ・ボルコフ
ベポ・モンゴル
ボリス・ブレジニコフ
本名 Josip Nikolai Peruzović
ニックネーム ロシアの白熊
身長 192cm
体重 140kg(全盛時)
誕生日 1947年10月14日(66歳)
出身地 クロアチアの旗 クロアチア
スポーツ歴 ウエイトリフティング
トレーナー スチュ・ハート
ジート・モンゴル
デビュー 1968年
テンプレートを表示

ニコライ・ボルコフNikolai Volkoff)のリングネームで知られるヨシップ・ペルゾビッチJosip Nikolai Peruzović1947年10月14日 - )は、クロアチア出身の元プロレスラー北米に移住後、ロシアギミックのパワーファイターとして活躍した。

※日本では「ニコリ・ボルコフ」と表記されていたが、正しい発音は「ニコライ」であり、本項の記述もそれに準じる。

来歴[編集]

ユーゴスラビア併合後のクロアチア共和国の出身で、父親はイタリアクロアチア人、母親はロシア人である。ユーゴではウエイトリフティングの選手として活躍し、オーストリアで行われたトーナメントに参加した際にカナダへ越境[1]

カナダではカルガリースタンピード・レスリングスチュ・ハートのトレーニングを受け、同地区にいたニュートン・タットリー(ジート・モンゴル)のパートナーとしてデビュー[1]モンゴル人ギミックベポ・モンゴルBepo Mongol)を名乗り、ジートとの悪役タッグチーム「ザ・モンゴルズ」を結成してアメリカに進出した[2]

1970年6月15日にはニューヨークWWWF(現・WWE)で ビクター・リベラ&トニー・マリノを破り、WWF世界タッグ王座の前身であるWWWFインターナショナル・タッグ王座を獲得[3]1972年7月にはザ・モンゴルズとして日本プロレスに初来日し、坂口征二UNヘビー級王座に挑戦している。

その後、ジートとのタッグを解消してシングルプレイヤーに転向[4]1974年フレッド・ブラッシーマネージャーにロシア人ギミックの大型ヒールニコライ・ボルコフ」に変身して再度WWWFに登場し、MSGブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に挑戦して脚光を浴びた[5]

同年8月にはブラッシーと共に新日本プロレスに来日、タッグマッチでアントニオ猪木からフォール勝ちを収めている。以降も新日本の常連外国人となり、1977年の『第4回ワールド・リーグ戦』ではマスクド・スーパースターとの新旧モンゴルズ対決も実現。翌1978年の『第1回MSGシリーズ』では決勝リーグに進出し、アンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した。1979年4月17日には、ペンシルベニア州アレンタウンで猪木のNWFヘビー級王座にも挑戦している[6]

その間、1975年ボリス・ブレジニコフBoris Breznikoff)のリングネームボビー・ヒーナンをマネージャーにAWAに参戦。翌年WWWFにカムバックしてサンマルチノに再挑戦した後はNWA圏を転戦。ジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングではブルート・バーナードとのタッグチームで活動し、デトロイトではザ・シークとも対戦している。

西側諸国モスクワオリンピックボイコット問題で米ソ冷戦が最高潮に達した1980年には、エディ・グラハムが運営するフロリダのCWFでイワン・コロフとロシア人タッグを結成。ジャック・ブリスコジェリー・ブリスコの兄弟チームからNWAフロリダ・タッグ王座を奪取して大ヒールとなる[7]。後にアレックス・スミルノフバロン・フォン・ラシクも加わり、反米軍団を結成してダスティ・ローデスディック・マードックバグジー・マグロー、ブリスコ・ブラザーズらと抗争を展開した[8]1981年の後半からはジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区に参戦。同じくロシア系ギミックのクリス・マルコフとのコンビで同地区認定のタッグ王座を獲得した[9]

1982年1月には全日本プロレスの『新春ジャイアント・シリーズ』に来日。ニック・ボックウィンクルと組んでジャイアント馬場ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座にも挑戦した。同シリーズには、前年末に新日本から全日本に引き抜かれたスタン・ハンセンも参戦しており、1976年に共にWWWF圏をサーキットしたことのあるボルコフがハンセンのパートナーを務めた。以降は日本での主戦場を全日本に移し、1982年10月9日には同じくWWWF時代の盟友であるブルーザー・ブロディとのコンビでインタータッグに再挑戦。1983年5月19日には鶴田のUNヘビー級王座に挑戦し、敗れはしたものの鶴田を片腕でネック・ハンギング・ツリーに吊るし上げるなど、桁外れのパワー殺法を披露した。

帰国後はビル・ワットが主宰するMSWAに登場。クラッシャー・クルスチェフとのタッグでルイジアナミシシッピオクラホマなどミッドサウス地区一帯をサーキットし、テリー・テイラージャンクヤード・ドッグジム・ドゥガンスティーブ・ウィリアムスらと対戦した[10]

1984年ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米進出を行っていたWWFと再契約。再びブラッシーをマネージャーにハルク・ホーガンWWF世界ヘビー級王座に挑戦する一方、サージェント・スローターとの米ソ抗争を開始。スローターのWWF離脱後はアイアン・シークとの反米コンビでタッグ戦線に進出、1985年3月31日のレッスルマニア第1回大会バリー・ウインダムマイク・ロトンドのUSエクスプレスを破り、WWF世界タッグ王座を獲得した[11]。その後も長きに渡ってWWFを主戦場とし、リング上でソビエト連邦国歌を斉唱するなどして観客を大いにヒートさせた。

シークがドラッグ問題で解雇されてからはボリス・ズーコフを相棒にザ・ボルシェビクスThe Bolsheviks)なる共産タッグを結成。しかし1990年ソビエト連邦の崩壊による冷戦終結を機にベビーフェイスに転向する。一転して親米派になり、愛国者キャラクターとして抜群の会場人気を持つジム・ドゥガンのパートナーを務めた。同年、湾岸戦争の勃発によりヒールとしてWWFに復帰したサージェント・スローターとの善悪逆転抗争もスタートさせている。

1992年にWWFを離れた後はインディー団体に上がっていたが、1994年に「ロシア難民」のギミックでWWFに復帰。テッド・デビアスに金で買われた「所有物」として、デビアス率いる「ミリオンダラー・コーポレーション」に組み入れられるが、すでに体力的に全盛期を過ぎていたこともあり、短期間でフェードアウトしていった。

その後は2001年4月1日のレッスルマニアX-Sevenで行われたギミック・バトルロイヤルに出場。2005年には長年に渡る功績をたたえ、WWE殿堂に迎えられた。近年もスペシャルゲストとして、WWEをはじめ各地のインディー団体に顔を見せている。2010年11月15日には、"Old School edition" と銘打って行われたスペシャル版の『Raw』に出演[12]ウラジミール・コズロフと共にリング上でソビエト連邦国歌を斉唱した[13]

エピソード[編集]

ニコライ・ボルコフ(2009年10月17日)
  • WWWFで共産主義者のロシア人としてシングル・デビューしたボルコフだが、ユーゴスラビア移民である本人は共産主義を嫌悪していた。しかし、マネージャーのフレッド・ブラッシーに「共産主義がいかに悪であるかをリング上で演じて、アメリカ人に教えてやればいい」などと諭され、このギミックを受け入れたという[1][14]
  • 観客の憎悪を買った大ヒールだった反面、素顔は温厚な好人物として知られ、デビュー当時も子供を養うために倹約するなど、家族を大切にしていた[14]。それは他人の家族に対しても同様で、ブラッシーの娘が何年間も離れ離れだった父親に会いに来た際、ブラッシーに対し彼女に電話をするよう促したこともあったという。ブラッシーは自著で「私はニコライのしてくれたことを忘れない」と記している[15]
  • ダイナマイト・キッドもボルコフの人柄を称えている。キッドの自著には、ブリティッシュ・ブルドッグスのマスコット犬だったマティルダが水を欲しがっているのを見て、可哀想に思ったボルコフが彼女に水を飲ませてあげたエピソードが書かれている。しかし飲ませすぎたため、当日の試合中にマティルダが脱糞。会場は爆笑に包まれ、キッドたちは大恥をかいたという[16]
  • キン肉マン』に登場するソ連出身のロボ超人、ウォーズマンの本名の由来である。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWE
NWA
MSWA
  • ミッドサウス北米ヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c Volkoff's theme song: 'I am a real American'”. SLAM! Wrestling: December 9, 2003. 2011年7月12日閲覧。
  2. ^ Canadian Hall of Fame: Geto Mongol”. SLAM! Wrestling. 2011年7月12日閲覧。
  3. ^ WWWF International Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  4. ^ ベポ(ペルゾビッチ)の後任には、後にマスクド・スーパースターやデモリッション・アックスとして活躍するビル・イーディーが「ボロ・モンゴル」を名乗って加入した。
  5. ^ WWE Yearly Results 1974”. The History of WWE. 2010年4月12日閲覧。
  6. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P158(1986年、ベースボール・マガジン社
  7. ^ NWA Florida Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  8. ^ Wrestler: Nikolai Volkoff”. The Archives of Championship Wrestling from Florida. 2010年2月3日閲覧。
  9. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  10. ^ Mid South Wrestling Card Results”. The Oklahoma Wrestling Fan's Resource Center. 2011年5月12日閲覧。
  11. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月12日閲覧。
  12. ^ WWE Legend roll-call on an "old school" edition of Raw”. WWE.com. 2010年11月16日閲覧。
  13. ^ WWE Legends and Superstars forge an international incident”. WWE.com. 2010年11月16日閲覧。
  14. ^ a b 『フレッド・ブラッシー自伝』P309-311(2003年、エンターブレインISBN 4-7577-1692-3
  15. ^ 『フレッド・ブラッシー自伝』P399(2003年、エンターブレイン、ISBN 4-7577-1692-3
  16. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P171(2001年、エンターブレイン、ISBN 4-7577-0639-1

外部リンク[編集]