ウィリアム・ペリー (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ペリー

William Perry  No. 72,90

ディフェンスタックル
生年月日:1962年12月26日(51歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サウスカロライナ州ブルーミントン
身長:6' 2" =約188cm 体重:335 lb =約152kg
NFLデビュー
1985年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学クレムソン大学
NFLドラフト1985年 / 1巡目(全体の22番目)
 所属チーム:
通算成績
(1994年までの成績)
QBサック     29.5サック
ファンブルリカバー     5回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ウィリアム・ペリー(William Perry 1962年12月16日- )は、サウスカロライナ州出身の元アメリカンフットボール選手。弟のマイケル・ディーン・ペリーと共にディフェンスプレイヤーとしてNFLで活躍した。彼はシカゴ・ベアーズの選手として知られており、冷蔵庫(The Refrigerator)と呼ばれて親しまれた。ポジションはディフェンスタックル(DT)。

経歴[編集]

1985年、クレムソン大学卒業、ドラフト1巡目、全体22番目で指名を受けてシカゴ・ベアーズに入団した。彼はエンドゾーン付近まで攻め込んだ時のフルバックとしても起用され、ボールキャリアとなったり、ウォルター・ペイトンのリードブロッカーとなった[1]。10月21日にソルジャー・フィールドで行われたグリーンベイ・パッカーズとのマンデーナイトフットボールでフルバックとして起用された彼は、タッチダウンをあげた[2]。この年、彼はラッシングタッチダウン2回、タッチダウンパスキャッチ1回を記録している。またプロボウルでオフェンシブラインマンとして起用されることもあった。第20回スーパーボウルでもタッチダウンをあげた[3]。このプレイにおけるマイク・ディトカヘッドコーチのプレイコールには疑問も投げかけられた。(ペイトンのTDをあげるチャンスを奪ったため)

1993年 フィラデルフィア・イーグルスに移籍。翌1994年に現役引退を引退した。10年間で138ゲームに出場、通算29.5サック、5ファンブルリカバーであった。1996年には後にNFLヨーロッパとなる、World League of American Football のロンドン・モナークスに参加した。

現在彼はContinental Indoor Football LeagueChicago Slaughterの運営に携わっている。

2008年6月にギラン・バレー症候群に罹っていることが公表され翌2009年4月には一時重態という報道がなされたがその後様態は持ち直している[3]

2011年に売りに出したスーパーボウルリングペンシルベニア州に住む10歳の少年が8,500ドル(約73万円)で購入、その後ペリー本人に返還するといった出来事があった[4]

人物[編集]

  • 29.5サックに留まり数字上は決してスーパースターではない。しかし、すぐにベアーズの人気者となった。
  • 彼の受け取ったスーパーボウルリングは25号で、これはこれまでで最大のサイズである。(通常サイズは10号から12号。)[5]
  • 1980年代にジム・マクマーンやベアーズのチームメートとともにコカコーラのCMに出演している。
  • バディ・ライアンディフェンスコーディネーターにはあまり好まれておらず、彼の獲得にライアンは反対していた[1]
  • WWE(当時WWF)のレッスルマニア第二回大会において、他のNFL選手たちと共にトリプルメインイベントの一つだった20人バトルロイヤル戦に出場。同功績により2007年にはWWE殿堂入りを果たした。
  • 2002年には元NBAのマヌート・ボルとボクシングのチャリティーマッチを行なった。
  • 特攻野郎Aチームの4シーズン目の第20話(The Trouble with Harry)に出演している。

参考資料[編集]

  • シカゴ・サンタイムズ1999年11月8日号、97ページ article "Sweetness in the words of old duet with Fridge"
  • Fat Boys, "Chillin' with the Refrigerator", 12 inch single, Sutra SUD 040, 1985.
  • Roq-In' Zoo, "Frig-O-Rator", 12 inch single, Motown 4554MG, December 1985.
  • Hard Machine, "Refrigerator". 12 inch single, On The Spot NRS-112, 1986.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Chicago Bears: Top 20 First-Round Picks in Team History”. bleacherreport.com (2011年3月19日). 2011年9月13日閲覧。
  2. ^ MNF History: 1985”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ a b 生島淳 (2009年4月29日). “愛すべき「冷蔵庫」ウィリアム・ペリー”. NFL JAPAN. 2010年5月10日閲覧。
  4. ^ 10歳の少年が“冷蔵庫”ペリーの優勝リング購入し本人に返還”. NFL JAPAN (2011年4月8日). 2011年4月10日閲覧。
  5. ^ Sports Illustrated for Kids, p.39, February 2007

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ウィルバー・マーシャル
シカゴ・ベアーズドラフト1巡目指名
1985年
次代:
ニール・アンダーソン