タリー・ブランチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タリー・ブランチャード
タリー・ブランチャードの画像
ブランチャード(右)とアーン・アンダーソン
プロフィール
リングネーム タリー・ブランチャード
本名 タリー・アーサー・ブランチャード
ニックネーム ザ・ミッドナイト・スタリオン
身長 184cm
体重 108kg(全盛時)
誕生日 1954年1月22日(60歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州サンアントニオ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ジョー・ブランチャード
ホセ・ロザリオ
デビュー 1975年
テンプレートを表示

タリー・ブランチャードTully Arthur Blanchard1954年1月22日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州サンアントニオ出身。

タッグの名手であり、ジノ・ヘルナンデスとのダイナミック・デュオThe Dynamic Duo)、アーン・アンダーソンとのブレーン・バスターズThe Brain Busters)などで活躍した。1980年代に一世を風靡したフォー・ホースメンThe Four Horsemen)のオリジナル・メンバーとしても知られる。

来歴[編集]

スタン・ハンセンブルーザー・ブロディも在籍していたウエスト・テキサス州立大学の出身で、大学時代は彼らと同じくアメリカンフットボール部に所属。当時のチームメイトにはテッド・デビアスティト・サンタナがいた。1975年、レスラー兼プロモーターの父親ジョー・ブランチャードが運営する地元サンアントニオのSCW(Southwest Championship Wrestling)にてデビュー。当初はベビーフェイスとして売り出され、ジョーとの親子タッグでザ・ファンクスとも抗争していたが、やがて父親との対立アングルが組まれヒールに転向。ワフー・マクダニエルボブ・スウィータンらを相手にサウスウエスト・ヘビー級王座を争う[1]1981年よりジノ・ヘルナンデスダイナミック・デュオを結成。若手の悪党コンビとして頭角を現し、1983年までサウスウエスト・タッグ王座を通算5回獲得した[2]

1984年にヘルナンデスとのタッグを解消し、ノースカロライナNWAミッドアトランティック地区(ジム・クロケット・プロモーションズ)に転出。リッキー・スティムボートダスティ・ローデスと世界TV王座を巡る抗争を展開する。1986年1月、リック・フレアーらとフォー・ホースメンを結成。当時のNWAを象徴するヒール・ユニットの一員として、公私にわたって悪名を轟かす。1987年9月29日には盟友アーン・アンダーソンとのコンビでロックンロール・エクスプレスからNWA世界タッグ王座を奪取[3]。その後もバリー・ウインダム&レックス・ルガーロード・ウォリアーズミッドナイト・エクスプレスなどの強豪チームとタイトルを争った。

1988年下期より、アンダーソンと共にWWFに移籍。WWFではブレーン・バスターズのチーム名を与えられ、ボビー・ヒーナンマネージャーブリティッシュ・ブルドッグスハート・ファウンデーションと抗争。1989年7月18日にはアックススマッシュデモリッションからWWF世界タッグ王座を奪取[4]、NWAとWWFの2大タッグ・タイトルへの載冠を果たした。

しかし同年末、ドラッグ検査に違反してWWFを解雇される[5]。やがてアンダーソンもWWFを離脱してNWA(ジム・クロケット・プロモーションズを買収したWCW)に復帰、"オリジナル" フォー・ホースメン再結成も噂されたがドラッグ問題のためブランチャードの再契約は見送られ[5]、以降はインディー団体を転戦。崩壊寸前の末期AWAにも出場していた。この間、過去の放蕩生活を悔い改めて新生キリスト教徒となり、1990年代初頭にセミリタイアして説教師に転身した[5]

その後も宣教活動の傍ら単発的にリングに上がり、1994年5月22日に行われたWCWのPPVイベント "Slamboree" では、SCW時代から因縁の浅からぬテリー・ファンクと対戦。1995年2月4日にはECWに登場し、シェーン・ダグラスECW世界ヘビー級王座に挑戦した。同年10月29日には藤波辰爾が旗揚げした無我の旗揚げ興行に初来日、メインイベントで藤波と対戦している。

2000年代に入ってからもオールドタイマーによるイベントに時折参戦し、かつてのライバルたちとエキシビション・マッチを行っている。2006年には短期間ながら、WWEでロード・エージェントを任されていたこともあった。

2012年、リック・フレアー、アーン・アンダーソン、バリー・ウインダムおよびマネージャーのJ・J・ディロンと共に、フォー・ホースメンとしてWWE殿堂に迎えられた[6]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWサウスウエスト・ヘビー級王座:4回
  • SCWサウスウエスト・タッグ王座:5回(w / ジノ・ヘルナンデス
  • SCWサウスウエストTV王座:3回
  • SCW世界タッグ王座:2回(w / ジノ・ヘルナンデス)
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
WWF / WWE

脚注[編集]

  1. ^ SCW Southwest Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年2月3日閲覧。
  2. ^ SCW Southwest Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年2月3日閲覧。
  3. ^ NWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年2月3日閲覧。
  4. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月12日閲覧。
  5. ^ a b c Tully Blanchard: The Most Dangerous of the Four Horsemen”. Associated Content. 2009年8月10日閲覧。
  6. ^ WWE Hall of Fame”. WWE.com. 2012年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]