ジム・ナイドハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・ナイドハート
ジム・ナイドハートの画像
プロフィール
リングネーム ジム "ジ・アンヴィル" ナイドハート
フー(Who)
本名 ジェイムズ・ヘンリー・ナイドハート
身長 183cm
体重 127kg(全盛時)
誕生日 1955年2月8日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー スチュ・ハート
デビュー 1979年
テンプレートを表示

ジム "ジ・アンヴィル" ナイドハートJim "The Anvil" Neidhart1955年2月8日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身。本名はジェイムズ・ヘンリー・ナイドハートJames Henry Neidhart)。

1980年代半ばから1990年代にかけて、WWF(現・WWE)を主戦場に、ブレット・ハートとのタッグチーム "ハート・ファウンデーション" などで活躍した。妻はスチュ・ハートの長女エリー・ハート。WWE所属のナタリアことナッティ・ナイドハートは彼の娘である。

来歴[編集]

NFLオークランド・レイダーズダラス・カウボーイズに在籍した後、ハート・ファミリーの総帥スチュ・ハートのトレーニングを受け、1979年カナダカルガリースタンピード・レスリングでデビュー。1982年4月には同地区との提携ルートで新日本プロレスに初来日しているが、当時は無名の存在だったため、ほとんど注目されることはなかった[1]

1983年からはアメリカ南部にも進出。ルイジアナMSWAジム・ドゥガンテッド・デビアステネシーCWAジェリー・ローラーオースチン・アイドルらと対戦してネームバリューを高める。NWA圏のフロリダでは1984年8月にアンジェロ・モスカから南部ヘビー級王座を奪取し[2]、10月にはクラッシャー・クルスチェフとのコンビでUSタッグ王座を獲得した[3]

1985年、スタンピード・レスリングがビンス・マクマホンに買収されたことに伴いWWFと契約。テネシーCWA時代の盟友ジミー・ハートマネージャーに、同時期にWWF入りした義弟ブレット・ハートとのヒール・ユニット "ハート・ファウンデーション" を結成。豪力派の強面ナイドハートと技巧派の二枚目ブレットという、パートナー同士が互いの個性を追求した新しいタイプのタッグチームとして頭角を現す(ナイドハートは自分達のことを「ブレットはポルシェ、俺はタンク」と表現していた)。1987年1月26日にはブリティッシュ・ブルドッグスダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス)からWWF世界タッグ王座を奪取[4]。同年10月27日にストライク・フォース(ティト・サンタナ&リック・マーテル)に敗れるまで、9か月間に渡り同王座を保持した。

1988年4月、ヒールのバッドニュース・ブラウンとブレットの対立アングルが組まれたことを機に、揃ってベビーフェイスに転向。デモリッションアックス&スマッシュ)、ブレーン・バスターズ(タリー・ブランチャード&アーン・アンダーソン)、リズム&ブルース(ホンキー・トンク・マン&グレッグ・バレンタイン)、パワー&グローリーハーキュリーズ&ポール・ローマ)らと抗争を展開する。1990年8月27日のサマースラム1990では、リージョン・オブ・ドゥームのフォローでデモリッションに勝利、WWFタッグ王者チームに返り咲いた[4]

しかし、翌1991年3月24日のレッスルマニアVIIナスティ・ボーイズジェリー・サッグス&ブライアン・ノッブス)に敗れ王座から陥落。その後チームを解散し、ブレットはシングルプレイヤーに転向。ナイドハートはブレットの実弟オーエン・ハートと新チーム "ニュー・ファウンデーション" を結成するがブレイクには至らず、1992年WCWへ転出する。WCW在籍中の1992年8月には新日本プロレスに久々に来日し、G1クライマックスNWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場した(1回戦で佐々木健介に敗退)。同年10月のSGタッグ・リーグ戦にもトム・ジンクとのコンビで参加している。

1994年6月19日、キング・オブ・ザ・リング1994で行われたブレット・ハート対ディーゼルWWF王座戦において、王者ブレットのセコンドとして突如WWFに復帰するが、試合に介入してヒールに転向。同年にヒールターンしていたオーエンと結託し、ブレットとの骨肉の争いを開始した。1996年にはフーWho)なる覆面レスラーに変身したが、一時WWFを離脱してインディー団体を転戦。その後1997年、ブレットのヒール転向により再編されたハート・ファウンデーションのメンバーとして復帰する。しかし、同年11月9日のモントリオール事件を最後に、ブレットやデイビーボーイ・スミスと共にWCWへ移籍することになった。

WCWではほとんど試合に出場することなく解雇され、その後はインディー団体に参戦。2000年代に入り、WWEの下部団体OVWで若手選手のコーチを務めていたこともあった。2007年12月10日には『RAW』15周年記念大会のオールドタイマーによるバトルロイヤルに出場している。

2009年11月12日、TNAの『iMPACT!』に登場、ジェイ・リーサルから勝利を収めた[5]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
MSWA
NWA
WWF
インディー

逸話[編集]

  • 娘のナタリアによると、ナタリアの高校時代は下校時間になるとオートバイで迎えに来るほどの親バカであった(叔父のブレットも過保護でやさしかったという)。また、当初はレスラーになることは反対だったとのこと。

脚注[編集]

  1. ^ 『ザ・レスラー '83新春黄金シリーズ号』P13(1983年、新日本プロレス オフィシャル・マガジン)
  2. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。
  3. ^ a b NWA United States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。
  4. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月16日閲覧。
  5. ^ Wilkenfeld's TNA iMPACT! Report 11/12”. PW Torch. 2009年11月12日閲覧。
  6. ^ Stampede Wrestling International Tag Team TitleHistory”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。
  7. ^ Mid-South Tag Team Title TitleHistory”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]