カルロス・コロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・コロン
プロフィール
リングネーム カルロス・コロン
カルロス・ベラフォンテ
カーリトス・コロン
チーフ・ブラック・イーグル
本名 カルロス・エドウィン・コロン・ゴンザレス
ニックネーム プエルトリコの帝王
身長 178cm - 180cm
体重 105kg - 112kg
誕生日 1948年7月18日(66歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
サンタ・イザベル
トレーナー アントニオ・ロッカ
ミゲル・ペレス
デビュー 1966年
引退 2008年
テンプレートを表示

カルロス・コロンCarlos Edwin Colón Gonzalez1948年7月18日 - )は、プエルトリコ出身の元プロレスラー、現プロモーター。プエルトリコのプロレス団体WWCの主宰者として知られる。

WWEスーパースターのカリートプリモは彼の息子であり、エピコは甥である。日本では「カーロス・コロン」とも表記された。

来歴[編集]

少年時代の1961年に一家でニューヨークブルックリンに移住後、アントニオ・ロッカとミゲル・ペレスのコーチを受け、1966年2月16日にWWWF圏のマサチューセッツ州ボストンにてデビュー[1]。アフリカ系ラテンアメリカ人のベビーフェイスとして活動し、アメリカ東部をはじめカナダモントリオールにも遠征、1969年にはジャック・ルージョー・シニアとのコンビで活躍した[1]

チーフ・ブラック・イーグルChief Black Eagle)を名乗りブラックインディアンギミックでも活動しており、1971年7月には、このリングネーム国際プロレスに初来日している。1970年代前半はカルロス・ベラフォンテCarlos Belafonte)の名前でカルガリースタンピード・レスリングにも参戦した[2]

1973年9月、ビクター・ジョビカやゴリラ・モンスーンと共に、故郷のプエルトリコにてWWCの母体であるキャピタル・スポーツ・プロモーションズCapitol Sports Promotions)を設立。以降、本名のカルロス・コロンCarlos Colón)をリングネームに同団体のプロモーター兼エースとなり、アーニー・ラッドザ・スポイラーオックス・ベーカーアブドーラ・ザ・ブッチャーキラー・カール・クラップモンゴリアン・ストンパーらを相手に、1980年代初頭にかけて北米ヘビー級王座やプエルトリコ・ヘビー級王座を争った[3][4]

この間、日本には1976年2月にカルロス・コロンとして国際プロレスに再来日(表記は「カルロス・コーラン」)。キラー・トーア・カマタのパートナーとなってヒールを演じ、グレート草津&マイティ井上IWA世界タッグ王座にも挑戦した。1979年8月には、アブドーラ・ザ・ブッチャーやボボ・ブラジルとのブラック・パワー軍団の一員として全日本プロレスに初参戦。ブラジルと組んでグレート小鹿&大熊元司アジアタッグ王座に挑戦し、ミル・マスカラスともシングルマッチで対戦している。

1980年代プエルトリコの帝王として活躍し、1982年7月には新設されたWWC世界ヘビー級王座をブッチャーから奪取して第2代王者となった。当時のNWA世界ヘビー級王者もプエルトリコに招聘し、1983年9月17日にはハーリー・レイス、同年12月18日にはリック・フレアーとダブル・タイトルマッチを行っている[2]。フレアー戦の後、同王座は「WWCユニバーサル・ヘビー級王座」と改称され[5]、以降WWCのフラッグシップ・タイトルとして、ブルーザー・ブロディスタン・ハンセンタリー・ブランチャードボリス・ズーコフアファ・アノアイなどをチャレンジャーに防衛を重ねた。1985年2月にドリー・ファンク・ジュニアに奪われるが同年6月に奪還。翌1986年4月に負傷のためタイトルを返上するも、9月21日のトーナメント決勝でテリー・ファンクを破り、王座に返り咲いた[5]

1990年代より旧友ゴリラ・モンスーンの仲介で古巣のWWFと提携し、1993年1月24日のロイヤルランブルにも出場。以降もサビオ・ベガミゲル・ペレス・ジュニアをWWFにブッキングした。本拠地WWCではディック・マードックグレッグ・バレンタインメイブルらとユニバーサル王座を巡り激闘を展開、1999年末まで(前身タイトルのWWC世界ヘビー級王座も含め)通算26回に渡って同王座に戴冠した[5]

2000年代に入ると息子のカーリー・コロン(カリート)にWWCエースの座を譲り、自身はプロモート業に注力する一方、ハードコア戦線にも進出。2001年1月6日、アブドーラ・ザ・ブッチャー&ワンマン・ギャングとのトリプルスレットマッチを制し、WWCハードコア王座の初代チャンピオンとなった[6]

息子たちがWWEで活躍していた近年は、自身もWWEの番組や興行に時折登場し、2005年8月26日にはプエルトリコで開催されたRAWにてカリートがホストを務める『カリートズ・カバナ』にゲスト出演。2006年9月11日のマディソン・スクエア・ガーデンにおけるRAWにも登場した。2008年7月19日に現役引退を公式に表明し、以降はWWCの運営に専念している。

2014年WWE殿堂に迎えられた[7]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):1回(w / ジノ・カルーソ)
WWC
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:9回
  • WWC北米ヘビー級王座:8回
  • WWC北米タッグ王座:11回(w / ミゲル・ペレス×2、ホセ・リベラ×2、ジノ・カルーソ、ボブ・エリス、ビクター・ジョビカ、チーフ・サンダー・クラウド、ウラカン・カスティーヨ、エリック・フローリッチ、インベーダー1号)
  • WWC世界ヘビー級王座 / WWCユニバーサル・ヘビー級王座:26回
  • WWC世界タッグ王座:3回(w / ホセ・リベラ、ペドロ・モラレス、インベーダー1号)
  • WWC世界TV王座:4回
  • WWC世界ジュニアヘビー級王座:1回
  • WWCハードコア王座:2回

脚注[編集]

  1. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P235(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b Wrestler Profiles: Carlos Colon”. Online World of Wrestling. 2010年1月28日閲覧。
  3. ^ WWC North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  4. ^ WWC Puerto Rico Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  5. ^ a b c WWC Universal Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月28日閲覧。
  6. ^ WWC Hardcore Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  7. ^ Carlos Colon Bio”. WWE.com. 2014年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]