ビクター・リベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクター・リベラ
プロフィール
リングネーム ビクター・リベラ
ニックネーム 黒い核弾頭
身長 182cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 1944年5月25日(70歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
デビュー 1964年
引退 1989年
テンプレートを表示

ビクター・リベラVictor Rivera1944年5月25日[1] - )は、プエルトリコ出身の元プロレスラー。アフリカ系ラテンアメリカ人のベビーフェイスとして、WWWF(現・WWE)やNWAロサンゼルス地区を主戦場に活躍した。

来歴[編集]

少年時代の1954年に一家でアメリカニューヨークに移住。同じプエルトリコ出身のペドロ・モラレスに憧れ、1964年に地元ニューヨークのWWWF圏でデビュー[1]。以降、テキサスジョージアカンザスなど各地を転戦し、1967年にはロサンゼルスWWAにてモラレスとプエルトリカン・コンビを結成、7月にカール・ゴッチ&マイク・デビアスを下し、WWA世界タッグ王座を獲得した[2]。同年11月には日本プロレスに初来日している。

1969年にニューヨークへ凱旋。WWWF世界ヘビー級王座戴冠に伴いタッグのタイトルを返上したブルーノ・サンマルチノの後任として、12月にWWWFインターナショナル・タッグ王座に就いた(パートナーはトニー・マリノ)[3]

1970年6月にザ・モンゴルズジート・モンゴル&ベポ・モンゴル)に敗れてタイトルを失ってからは、WWAの後継プロモーションであるNWAロサンゼルス地区に定着。1972年12月1日、アーニー・ラッドから同地区のフラッグシップ・タイトルだったアメリカス・ヘビー級王座を奪取する[4]。以降1980年代初頭にかけて、テリー・ファンクジョン・トロスらを破り同王座を通算6回獲得した[4]

並行して古巣のWWWFにも参戦し、1975年5月13日にはドミニク・デヌーチとのコンビでバリアント・ブラザーズジミー・バリアント&ジョニー・バリアント)からWWWF世界タッグ王座を奪取[5][6]。以降、ボビー・ダンカン&ブッチャー・バションザ・ブラックジャックスブラックジャック・マリガン&ブラックジャック・ランザ)などのチームを相手に防衛戦を行ったが、同年夏にWWWFを離脱して新団体のIWAに移籍、タッグ王座の後任にはパット・バレットが起用されることになった[6]

この間、1973年9月に新日本プロレスに初参戦し、アントニオ猪木ともシングルマッチで対戦、以降も新日本の常連外国人となり、1976年4月開幕の第3回ワールドリーグ戦では坂口征二キラー・カール・クラップと同点のリーグ戦2位の戦績を残した。また、最終戦の5月13日、大阪府立体育会館にて盟友ペドロ・モラレスと組み、坂口&ストロング小林北米タッグ王座にも挑戦している。新日本のリーグ戦では1979年4月の第2回MSGシリーズにも出場したが、このときは予選トーナメントで敗退し、決勝リーグに進むことはできなかった。

アメリカでは1976年下期にWWWFへ復帰、ミッドカードのポジションで活動していたが、1978年秋よりフレッド・ブラッシーマネージャーに迎えてヒールに転向。同年10月14日にはフィラデルフィアにてボブ・バックランドWWWF世界ヘビー級王座に挑戦した[7]スパイロス・アリオンバロン・マイケル・シクルナスタン・ステイジャックらをパートナーに、トニー・ガレア&ラリー・ズビスコが保持していたWWWF世界タッグ王座にも再三挑戦している[8]。長年に渡ってベビーフェイスの黒人スターとして活躍してきたロサンゼルスでも、アレン・コージジ・エンフォーサーオックス・ベーカーなどのヒールと組んで観客のブーイングを浴びた。

1981年7月には全日本プロレスに来日、ルーファス・ジョーンズとの黒人コンビで佐藤昭雄&石川隆士アジアタッグ王座に挑戦した。全日本には1982年10月にも参戦、これが最後の来日となった(日本には通算8回来日)。

1984年からは、ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米サーキットを開始したWWFのロサンゼルス地区における興行に単発出場。その後1987年にACCWなる団体を主宰し、自らも同団体のヘビー級王者となって活動したが、1989年の団体崩壊に伴いプロレスリング・ビジネスから引退した[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ワールド・レスリング・アソシエーション
NWAハリウッド・レスリング
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
その他
  • CPWヘビー級王座:1回
  • ACCWヘビー級王座:3回

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P175(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月27日閲覧。
  3. ^ WWWF International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  4. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月14日閲覧。
  5. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月14日閲覧。
  6. ^ a b WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Victor Rivera in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年6月1日閲覧。
  8. ^ The WWE matches fought by Victor Rivera in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]