ジミー・バリアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・バリアント
ジミー・バリアントの画像
Jimmy Valiant in 2008
プロフィール
リングネーム "ハンサム" ジミー・バリアント
"ブギウギ" ジミー・バリアント
"キング" ジェームズ・バリアント
ビッグ・ジム・ベイレン
チャーリー・ブラウン
本名 ジェームズ・ハロルド・ファニング
ニックネーム ブギウギマン
金髪の流血魔
身長 191cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1942年8月6日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州フランクリン
デビュー 1964年
引退 2005年
テンプレートを表示

ジミー・バリアントJimmy Valiant1942年8月6日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテネシー州フランクリン出身。本名はジェームズ・ハロルド・ファニングJames Harold Fanning)。

現役選手時代はヒール"ハンサム" ジミー・バリアント"Handsome" Jimmy Valiant)、ベビーフェイス"ブギウギ" ジミー・バリアント"Boogie Woogie" Jimmy Valiant)として活躍した。

来歴[編集]

1964年にビッグ・ジム・ベイレン(Big Jim Vallen)のリングネームでデビュー。1970年代よりニューヨークWWWF(現・WWE)に登場し、ジョン・L・サリバンことジョニー・バリアント金髪ヒールタッグチームバリアント・ブラザーズThe Valiant Brothers)」を結成。1974年1月、インディアナポリスWWAブルーノ・サンマルチノ&ディック・ザ・ブルーザーからWWA世界タッグ王座を奪取[1]。WWWFではキャプテン・ルー・アルバーノマネージャーに、同年5月8日にディーン・ホー&トニー・ガレアを破りWWWF世界タッグ王者となった[2]。以降もジョニーとのコンビで全米各地を転戦し、WWAではボビー・ヒーナンをマネージャーに世界タッグ王座を1977年1978年にも獲得している[1]

シングルでも数々の実績を残しており、テネシー州メンフィスに本拠を置くCWAでは1977年から1981年にかけて、AWA南部ヘビー級王座を巡ってジェリー・ローラーと流血の抗争を繰り広げた[3]。CWAでは一時的にフェイスターンも行い、ローラーやビル・ダンディーと組んでタッグ戦線でも活躍した。この当時、彼は『ハンサム・ジミーのバラッド(The Ballad of Handsome Jimmy)』という歌まで録音し、自分の入場曲に使用していた。ローラーの自著によると、CWAは是が非でもメンフィスにジミーをとどめておきたくて、メンフィスに彼の自宅を購入することまで提案したという。

1980年代に入るとバリアント兄弟を解散してシングルプレイヤーに専念。1980年代初頭の一時期は、NWAミッドアトランティック地区にて英国出身のロード・アルフレッド・ヘイズをマネージャーに迎え、キング・ジェームズ・バリアントKing James Valiant)を名乗り王族ギミックのヒールを演じたこともある[4]

1982年よりブギウギマンBoogie Woogie Man)をニックネームにコミカルなショーマン派ベビーフェイスへのギミック・チェンジを行い、南部エリア一帯で人気者となる。ミッドアトランティック地区ではイワン・コロフスーパースター・ビリー・グラハムなどWWWF時代のヒール仲間と抗争を展開し、テネシーではジェリー・ローラーやロッキー・ジョンソンなどかつての仇敵とタッグと組んで活躍した。一時期、チャーリー・ブラウンCharlie Brown)なる覆面レスラーに変身したこともある。

WCWへの移行期にNWAを離れ、1990年にメンフィスのUSWAでローラーとの抗争を再現。USWAユニファイド世界ヘビー級王座を2回に渡って獲得している[5]1993年にはカロライナ地区のインディー団体NWAにも参戦した。WWFとは1979年を最後に関係を絶っていたが、1996年にジョニーとのバリアント・ブラザーズとしてWWE殿堂に迎えられている(プレゼンターはブリティッシュ・ブルドッグオーエン・ハート)。以降もインディー団体への単発出場を続け、2005年に引退した。

近年はバージニア州ショーズビルに居住し、プロレスリング・スクールの "Boogie's Wrestling Camp" を主宰、後進の指導・育成にあたっている[6]。また、"The Boogie Woogie Referee" と称し、各地のインディー団体にスペシャル・ゲスト・レフェリーとして登場することもある[7]

日本には1972年6月に日本プロレスに初来日。1976年にはバリアント・ブラザーズで全日本プロレスに来日し、6月2日にジャイアント馬場&ジャンボ鶴田インターナショナル・タッグ王座に挑戦。6月17日にはグレート小鹿&大熊元司アジア・タッグ王座にも挑戦している。1985年1月にはローラーとのコンビで全日本に9年ぶりの来日を果たしたが、長州力ジャパンプロレス勢の参戦で日本人同士のハイスパート・レスリングが主流化していた当時の全日マットでは、彼のショーマン・スタイルが受け入れられることはなく[8][9]、これが最後の来日となった。

獲得タイトル[編集]

WWA
NWAサンフランシスコ
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ジョニー・バリアント)
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / ジョニー・バリアント)
ジム・クロケット・プロモーションズ
NWAミッドアメリカ / CWA
USWA
  • USWA統一世界ヘビー級王座:2回
  • USWA南部ヘビー級王座:1回
WWWF / WWF

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b WWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  2. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月2日閲覧。
  3. ^ NWA Southern Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  4. ^ The Jimmy Valiant Interviews”. Mid-Atlantic Gateway. 2010年11月14日閲覧。
  5. ^ USWA Unified World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月2日閲覧。
  6. ^ From 'Handsome' to 'Boogie' and back”. SLAM! Wrestling: May 26, 2004. 2010年2月3日閲覧。
  7. ^ Wrestler Profiles: Jimmy Valiant”. Online World of Wrestling. 2010年2月3日閲覧。
  8. ^ 『ピュア・ダイナマイト - ダイナマイト・キッド自伝』P136-137(2001年、エンターブレインISBN 4-7577-0639-1
  9. ^ 『スーパー・タッグ Now!(プロレスアルバム55)』P51(1985年、ベースボール・マガジン社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]