フランクリン (テネシー州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランクリン(Franklin )はアメリカ合衆国テネシー州ウィリアムソン郡都市郡庁所在地[1]ナッシュビル都市圏内である。2010年の国勢調査によると人口62,487名[2]

歴史[編集]

1799年10月26日、州上院議員エイブラム・マウリー・ジュニア(1766年~1825年)により創立され、マウリー家はファウンダーズ・ポワントに埋葬されている。マウリーは市名をベンジャミン・フランクリンに因んでフランクリンと[3]大陸会議のメンバーで親友のヒュー・ウィリアムソンに因んでウィリアムソン郡と名付けた。

1768年2月23日、スコットランドフェリントッシュで生まれたエウェン・キャメロンがフランクリンで最初の家を建築。1785年、バージニア州に入植後テネシー州に向かった。48年間同じログハウスに住み、1846年2月28日死亡。彼と2番目の妻メアリーは市立墓地に埋葬。彼の息子ダンカンが生まれた1798年から彼の子孫が住み続けている。

1864年11月30日、第二次フランクリンの戦いでは約1万人の犠牲者(死者、負傷者、捕虜、行方不明者)が出て44軒の建物が野戦病院となった。

人口動態[編集]

経済[編集]

ヘルススプリングコミュニティ・ヘルス・システムヘルスウェイズホーム・インステッド・シニア・ケア、メッドソリューション、マガジンズ・ドット・コムプロヴィデント・ミュージック・グループ、リーナル・アドヴァンテージ、ワールド・クリスチャン・ブロードキャスティング日産自動車北アメリカ本社がフランクリンを拠点に運営している。

雇用者数[編集]

2010年の総合年次会計報告書による[4]

順位 雇用主 雇用者数
1 クールスプリングス・ギャレリア 3,500
2 コミュニティ・ヘルス・システム 1,800
3 ウィリアムソン・メディカル・センター 1,300
4 日産自動車北アメリカ 1,300
5 ベライゾン 1,000
6 AIMヘルスケア・サービス 815
7 ヘルスウェイズ 800
8 マース ペットケア US 680
9 プロゲニー・マーケティング・イノヴェーション 550
10 リー・カンパニー 520

主な過去の出来事[編集]

フェスティバル[編集]

メイン・ストリート・フェスティバル[編集]

歴史的なフランクリン・スクエア、ダウンタウン区域に200以上の職人や工芸作家が出展し、4つの舞台、2つのカーニバル、2箇所のフードコートが設置されるストリート・フェスティバルである。アートやクラフトの出店がメインストリートの一番街から四番街まで続く[5]

ワイン・ダウン・メイン・ストリート[編集]

11月第1金曜日にフランクリンの歴史的なメイン・ストリートで行なわれるワインの試飲イベントである。収益金は、放課後のプログラムを供給するボーイズ・アンド・ガールズ・クラブ・フランクリン/ウィリアムソン支部に提供される。

パンプキンフェスト[編集]

毎年ハロウィン前の土曜日に開催され、ハロウィンがテーマで行なわれるフランクリン/ウィリアムソン遺産財団の資金集めイベントである。音楽、子供用遊具、地元の職人芸、飲食物などが楽しめる[6]

著名な人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  2. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  3. ^ Miller, Larry L. (2001). Tennessee place-names. Indiana University Press. p. 79. ISBN 978-0-253-33984-3. http://books.google.com/books?id=gQ-r54p36cgC&lpg=PR3&pg=PR3#v=onepage&q=benjamin%20franklin%20%281706-1790%29&f=false. 
  4. ^ City of Franklin CAFR
  5. ^ http://www.historicfranklin.com/events/main-street-festival
  6. ^ http://www.historicfranklin.com/events/pumpkinfest
  7. ^ http://www.forbes.com/profile/brad-kelley/
  8. ^ http://www.landreport.com/americas-100-largest-landowners/

外部リンク[編集]