日本プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本プロレス協会(にほんプロレスきょうかい)は、かつて存在した日本プロレス団体

概要[編集]

大相撲関脇からプロレスラーに転向した力道山1953年に、興行師で興行界のドンと呼ばれた永田貞雄と、関東屈指の顔役である新田新作生井一家貸元で関東国粋会副幹事長の子分、新田組組長。新田建設経営。明治座の社長で経済事件の調停にも活躍)の物心双方の援助、後見によって設立した。この際、スポンサーとして経済界からは萩原吉太郎ら、右翼の黒幕の児玉誉士夫と親しい企業人グループが後援をしている。1973年に興行団体としては機能停止。

力道山が1963年に亡くなった後の協会役員の構成は、会長の児玉誉士夫、副会長の田岡一雄(3代目山口組組長)、町井久之東声会会長)となっている[注釈 1]。このため浜松より西の興行は田岡、関東は町井、東北以北は児玉の盟友である岡村吾一の影響下にあったとされる。

「日本プロレス協会」及び「日本プロレス興業株式会社」の上に戴いていた「日本プロレスリングコミッショナー」には、自民党副総裁の大野伴睦川島正次郎らがいた[1][注釈 2]。このコミッショナーは「日本プロレス界全体の」コミッショナーで、東京プロレスなどからも認可申請が出されているが、実際に認可団体とされたのは日本プロレスだけであった。なお、のちに首相となる中曽根康弘とは、力道山が持つリキアパートの一室を事務所とするほどの関係だった[2]

一時期は日本で唯一とも言えるプロレス団体であり、プロレス界に与えた影響は計り知れない。力道山以後のプロレス界において双璧をなすことになるジャイアント馬場(後に全日本プロレスを創立)とアントニオ猪木(後に新日本プロレスを創立)も、1960年9月30日に日本プロレスで同時デビューしている。また、後に国際プロレスを創立した吉原功も日本プロレスの元プロレスラーだった。平成になってからの多くのインディー団体、全日本プロレス、新日本プロレスの元所属選手が主体となって興した団体が多く、人脈的にたどれば日本のほとんどの団体が日本プロレスに行き着くことになる。[注釈 3]

歴史[編集]

力道山

1953年7月30日、東京日本橋浪花町に設立された「日本プロレス協会」が母体となる。

力道山の時代[編集]

相撲を廃業後、力道山はアメリカへ渡り、帰国後プロレス興行を始める。木村政彦と組みシャープ兄弟と対戦した試合はテレビを通じて全国に中継され話題を呼ぶ。当時の日本には木村政彦の「国際プロレス団」や山口利夫の「全日本プロレス協会」などが存在したが、この2名を直接対決で下した力道山が著名となると、競合団体は相次いで消滅。日本プロレスがほぼ唯一と言っていいプロレス団体となった。

1957年には世界ヘビー級王者であった“鉄人”ルー・テーズの招聘に成功。その翌年に力道山は渡米してテーズとの再戦に挑み、インターナショナル選手権を獲得。日本プロレスにおける看板タイトルとして、防衛戦を行った。

テーズの招聘後、一時期人気が下火になるものの、1959年にワールドリーグ戦を開催。グレート東郷をブッカーとして迎え、世界からチャンピオンクラスの大物選手を招聘して興行は成功、崩壊前年まで『春の看板イベント』として14回行われた。1961年には常設会場であるリキ・スポーツパレスが完成している。

力道山は1963年12月15日に死去した。

豊登の時代[編集]

力道山の死後、当初は力道山未亡人であった百田(田中)敬子が社長となるも、1年後には豊登遠藤幸吉吉村道明芳の里の4人による合議制となり[注釈 4]、社長となった豊登は1964年から1965年にかけてエースとなる。大の博打好きの豊登は、公金を横領し競馬・競輪などギャンブルへ流用するなど放漫経営などにより、1966年1月に尿管結石の悪化を名目に退職(事実上の追放処分)となる(リング上で凱旋帰国した馬場が豊登に迫る人気を得ていたことも大きかった)。豊登は猪木を引き抜いて東京プロレスを設立するも、興行不振に加え、そこでも公金を私的に流用するなど経営が立ち行かず短期間で崩壊し、猪木や永源勝(後の永源遙)などの一部選手は日本プロレスへ移籍した。また当時取締役営業部長だった吉原功も、経営路線の対立[注釈 5]が元で同社を退社して1967年1月に国際プロレスを設立し、同じ日本プロレス退団組であるヒロ・マツダマティ鈴木杉山恒治(後のサンダー杉山)・草津正武(草津清正、後のグレート草津)レフェリーのマンモス鈴木阿部修、レフェリー・リングアナウンサー兼任の竹下民夫も加わり、豊登や木村政雄(後のラッシャー木村)など一部の東京プロレス組も合流した。国際プロレスは二番手団体として日本プロレスと競合し、国際プロレスがブッカーとして招聘したグレート東郷とも対立。その上日本プロレスは外人招聘ルートなどで妨害をかけ、国際プロレス団全日本プロレス協会同様に解散に持ち込もうとした。

BI砲の時代[編集]

1966年には、かねてから力道山の後継者と目された馬場が、復活したインターナショナル・ヘビー級王座を連続防衛し、エースとなる。

1967年、東京プロレスから復帰した猪木とタッグを組むようになる。同期デビュー同士のタッグは「BI砲」と呼ばれ、力道山死去で一時低迷した人気は、また黄金期の人気を取り戻すようになる。

また、当時東京プロレスへ移っていた猪木の穴を埋めるべく、世界柔道選手権大会日本代表であった坂口征二を獲得。大木金太郎(キム・イル)、吉村道明山本小鉄星野勘太郎らが脇を固める充実した選手層を誇った。

日本プロレスは長らく日本テレビが中継していたが、NET(現:テレビ朝日)が参入を希望した。経営陣は収入面から歓迎したが、先行の日本テレビに配慮して「馬場及び坂口の試合を放映しない」「ワールド大リーグ戦の試合を放映しない」ことを条件にして参入を認め、1969年より2局放送体制となる。人気No.1の馬場の試合を中継できないNETは「ワールドプロレスリング」の番組名で、No.2である猪木、大木らを中心とした番組を組んだ。週2回TVのゴールデンタイムに登場するコブラツイストの若獅子猪木の人気が上がり、大スターは馬場だけではなくなった。このことは、馬場・猪木それぞれに派閥を作り、2人の間を裂くきっかけともなった。

崩壊[編集]

2局放送体制となって、経営は引き続き好調を維持していたが、一部幹部に横領などの疑いがもたれ始める。1971年に、これを憂えた馬場・猪木ら選手は、幹部に経営改善要求を突きつける。しかしその結果、会社乗っ取りを図ったとして猪木が除名された(詳しい経緯は上田馬之助の項を参照のこと)。猪木は日本プロレス脱退組である山本小鉄柴田勝久北沢幹之(後の魁勝司)、木戸修、藤波辰巳(後の藤波辰爾)、レフェリーの ユセフ・トルコと共に1972年3月に新日本プロレスを創立し、日本プロレス退団後は東京プロレス国際プロレスに参戦していた豊登も新日本を助けるべく参戦した。日本プロレスは、退団組の猪木や豊登などが参戦した新日本プロレスに対しても国際プロレス同様に外人招聘ルートなどで妨害をかけた。

これに困ったのがNETである。その放送の中心であった猪木が除名されたため、目玉選手が日本プロレス側の都合で居なくなったことを盾にNETは必然的に馬場の試合中継を要求する。日本プロレス幹部は、NET中継をつなぎ止めるためにこれに応じたが、これに日本テレビ側が激怒、1972年5月にはついに放送を打ち切った(当時のプロレス中継は視聴率も高かったため幹部達は「馬場の試合をNETで放送しても、日本テレビ自体での視聴率も高かったので放送を打ち切ることはないだろう」と目論んでいたらしい)。その結果、日本プロレス中継は以降NETのみの放送となり、同年7月からは金曜でも『NET日本プロレスリング中継』のタイトルで放送を開始し、同年10月には『NET日本プロレスリング中継』に一本化された[注釈 6]。日本テレビと関係の深かった馬場は、日本テレビと話を持ち、これを後ろ盾にして独立して8月に全日本プロレスを創立し、同時に日本テレビの中継も『全日本プロレス中継』に移行する。全日本プロレスは百田家がバックにつき、なおかつ外人招聘ルートを確保できたため、日本プロレスによる三度びの妨害工作は利かず、国際プロレスと交流を持つようになる。

興行の二枚看板を失った日本プロレスは一気に弱体化することになり、観客動員やNETにおける視聴率が減少し、ついにはNETが中継打ち切りをちらつかせるようになる[3]。同時期には中堅選手の内、星野勘太郎、永源勝(後の永源遙)、安達勝治(後のミスター・ヒト)、林牛之助(後のミスター林)、戸口正徳(のちのタイガー戸口)の5人を海外武者修行に出発させた一方で、海外武者修行を行っていた高千穂明久(後のザ・グレート・カブキ)と松岡巌鉄が日本プロレスを救うべく緊急帰国した。猪木と坂口の会談を契機に、新日本プロレスと日本プロレスを合併する方向で交渉が進められた[注釈 7]。坂口によれば、NETが「猪木・新日本プロレスとの合併を認めなければ中継を打ち切る」と強硬姿勢に出たため合併交渉が急速に進展し、日本プロレスの選手会もグレート小鹿が窓口となりこれに同意したという[4]。その結果、1973年2月6日には両社による新団体設立の記者会見を京王プラザホテルで行なったほどである。

しかし当時、韓国に滞在していて不在だった大木金太郎(当時日本プロレスの選手会長)が反発し、1973年2月16日に日本に戻り大々的に反対の意向を示したために、一度は合併に承諾した選手会の総意を大半の選手とフロント勢が覆して大木の意見に賛同したため、合併は破談となる。坂口は「裏切り者」扱いされた形で、木村聖裔(後の木村健悟)、小沢正志(後のキラー・カーン)、大城勤(後の大城大五郎)とレフェリーの田中米太郎(桂浜)とともに日本プロレスを離脱し、新日本プロレスへ合流した(この時も幹部達は「新日本の中継を開始しても、NETのプロレス中継は日プロ・新日本の隔週となり、坂口の穴は高千穂で埋められるだろう」と目論んでいたらしい)。1973年3月9日には、ついにNETが坂口らの移籍に併せた形で『NET日本プロレスリング中継』を3月30日をもって打ち切ると同時に、4月6日から新日本プロレスの中継(『ワールドプロレスリング』へ再改題)へ移行することを正式発表した他、メインレフェリーの沖識名も辞表を提出し日本プロレスを退団した。

看板選手とテレビ中継を失い、大木や高千穂をエースに起用するも、テレビ中継による放映権料の喪失や観客動員も激減したことによる入場料の減収により会社経営も立ち行かなくなり、シリーズ開幕前に長谷川淳三社長は興行活動を断念する意向を示すも、大木ら選手会は「アイアンクロー・シリーズ」を6戦の日程で選手会主催興行として強行。しかし、開幕戦の大阪府立体育会館大会(1973年4月13日、メインは大木vsフリッツ・フォン・エリックインターナショナル・ヘビー級選手権試合)が記録的な不入り(主催者発表は4000人)に終わり、翌4月14日池上本門寺で百田家同席のもと解散記者会見を行い、第3戦後楽園ホール大会(1973年4月17日、メインは小鹿&松岡vsキラー・カール・クラップ&ジェリー・モンティアジアタッグ選手権試合)も主催者発表で観衆1000人という不入りとなり、4月18日には焼津市民体育館でインターナショナル・タッグ選手権試合(大木&上田vsフリッツ&クラップ)を、4月19日には横浜文化体育館UNヘビー級選手権試合(高千穂vsクラップ)をそれぞれこなしながらシリーズを消化し、4月20日の「アイアンクロー・シリーズ」最終戦群馬県吉井町体育館大会(メインイベントは大木&小鹿vsフリッツ&クラッシャ-・リバース)をもって興行活動を停止した。

団体崩壊後[編集]

最後まで国内に残った大木金太郎ら9選手は、身柄を預けた形の百田家をクッションにして、1973年4月27日赤坂プリンスホテルで全日本プロレスと合同記者会見を行い、全日本プロレスに移籍したが、実際には日本テレビと1976年3月31日までの3年契約を結んだ上で[注釈 8]、同年6月30日開幕の『'73サマー・アクション・シリーズ』から全日本プロレスへ派遣する形となった。国内に残留していた9選手の日本テレビとの契約内容には、日本テレビの許可なく新日本プロレス国際プロレスへの試合出場や移籍を禁止する条項が含まれていた(契約を途中で解除して新日本や国際へ移籍することも不可、日本テレビに無断で新日本や国際に出場もしくは移籍した場合は契約違反となった)。残党9名の内、高千穂明久(のちのザ・グレート・カブキ)、グレート小鹿、羽田光男(のちのロッキー羽田)、ミツ・ヒライ桜田一男伊藤正男の6人は日本テレビとの3年契約後、全日本に正式所属となった。小鹿は現在は大日本プロレス会長を務めている他、高千穂改めザ・グレート・カブキもインディー団体を中心に不定期ではあるが現役選手として活動している。

一方で大木と上田馬之助松岡巌鉄の3人は全日本の体制に不満を示し日本テレビとの契約期間中に全日本を退団した。大木はその後『'74新春NWAシリーズ』以降を無断欠場した上で、契約違反を犯して新日本に参戦し猪木や坂口などと対戦した後全日本に復帰したが、1980年に国際の中継番組であった『国際プロレスアワー』を放送していた東京12チャンネル(現:テレビ東京)主導で国際に入団したものの(東京12チャンネルとの半年契約での入団)、入団に際して国際代表であった吉原功と東京12チャンネルとの軋轢を生じさせ、崩壊後も保持して母国・韓国で防衛戦を行っていたインターナショナル・ヘビー級王座の防衛戦を、NWA非加盟団体であった国際で行ったため、全日本から抗議を受けたほか、NWAからベルト返上勧告を受けてしまい、その後東京12チャンネルからも契約を打ち切られた。上田と松岡の2人は『'73創立一周年記念ジャイアント・シリーズ』第3戦蔵前国技館大会(1973年10月9日)を以って海外武者修行から帰国した鶴田友美(のちのジャンボ鶴田)と入れ替わるように退団し、契約適用外の海外へ活路を求めたが、上田は日本テレビとの契約満了後にフリーとなり後に国際や新日本などへ参戦して猪木やラッシャー木村などと対戦した一方で、松岡は上田と海外サーキット中に軋轢を生じてしまい、全日本離脱から半月後に引退した。

ただし、崩壊前に海外武者修行へ出発し、なおかつ修行先で崩壊を迎えた星野勘太郎、永源勝(のちの永源遙)、安達勝治(のちのミスター・ヒト)、林牛之助(のちのミスター林)、戸口正徳(のちのタイガー戸口)の5名は日本テレビとの専属契約対象外であったため、帰国後は星野と永源は新日本に、林は全日本にそれぞれ正式入団した他、安達と戸口は引き続き海外マットを主戦場とした。このため、崩壊後は国内組と海外組で待遇面で分かれることになった。永源は現在はプロレスリング・ノアで一般社員として勤務しているほか、戸口正徳改めタイガー戸口も国内のインディー団体を中心に現役選手として活動している。

また、興行休止で一旦途絶えた形となった管理タイトル、UNヘビー級王座、アジアヘビー級王座、アジアタッグ王座も、暫くの空白期間を経て、「復活」という形で全日本プロレスへ継承された。海外に流出していたインターナショナル・タッグ王座は、2年後の1975年、ジャイアント馬場・ジャンボ鶴田組が奪還して日本に定着。また、大木が保持していたインターナショナル・ヘビー級王座は、1981年、大木の返上により全日本のタイトルとして「復活」した。力道山の死後に封印された日本ヘビー級王座のベルトは1992年に力道山にとって二所ノ関部屋の後輩でもある天龍源一郎により旗揚げされたWARにおける日本J1王座のベルトとして流用されている。

興行を失った後も日本プロレスは会社組織として数年間存続し、長谷川淳三社長はNWA会員名簿にそれまで残されていた。

日本プロレスから独立し、なおかつ日本プロレス崩壊まで日本プロレスから妨害工作をかけられていた国際プロレス・新日本プロレスは旗揚げ後当初はテレビ中継がなく経営難に苦しんでいたものの、国際はグレート東郷との絶縁後にAWAルートやヨーロッパルート、大剛鉄之助ルートで海外招聘ルートを確保し、なおかつ金網デスマッチが人気を博した。その後テレビ中継がTBSから東京12チャンネル(現:テレビ東京)へ移行したものの1981年3月にテレビ中継を失い、東京12チャンネルによるテレビ中継終了の5か月後である1981年8月に崩壊した。新日本は1975年に行われた全日本プロレス主催の『オープン選手権』や百田家主催の『力道山十三回忌追善特別大試合』の出場を拒否したものの(崩壊時の日本プロレス社長で、猪木VS大木戦にセコンドについていた長谷川も大会開催に関わっていた)、『ワールドプロレスリング』開始後にWWWF→WWF(現:WWE)ルートや大剛ルート、ビル・ワットルートなどで海外招聘ルートを確保し、40年以上続く老舗団体に成長した他、『NET日本プロレス中継』から変更した『ワールドプロレスリング』は現在も放送され、プロレス中継では最長寿番組となった。このため、国際と新日本は日本プロレスを見返す格好となった。

なお、日本プロレス出身で現在現役選手として活動しているのは、セミリタイア状態を含め、グレート小鹿・高千穂明久・藤波辰巳・百田光雄・戸口正徳の5名である。

タイトル[編集]

NWA王座
アジア王座
日本王座
  • 日本ヘビー級王座
  • 日本ジュニアヘビー級王座
  • 日本ライトヘビー級王座
  • 日本タッグ王座
リーグ戦
選手権ルール

NWAルールに則った3本勝負で争われた。力道山時代は「61分3本勝負」であったが、なぜ「61分」だったかは諸説あり。力道山の死後は「60分」に変更。また、挑戦者が選手権者から2フォール奪った場合のみ選手権奪取となるが、それ以外の結果は選手権防衛となっていた(挑戦者が1本取った後に時間切れとなり2本目が取れなかったり、2本取っても反則が含まれていた場合も防衛)。

所属選手[編集]

国際プロレス旗揚げメンバー
のちに国際プロレスへ移籍
新日本プロレス旗揚げメンバー
1973年新日本に移籍
全日本プロレス旗揚げメンバー
最終所属選手
崩壊時海外武者修行を行っていた選手

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

来日外国人選手[編集]

試合中継[編集]

関連書籍[編集]

注釈[編集]

  1. ^ しかし、この陣容に対して、警察勢力は日本プロレス協会の解体を迫ることとなり、後にこの3名は退陣し、協会長には元衆議院議員平井義一が就任する。これとほぼ同じ時期に、日本プロレスリングコミッション事務局長だった工藤雷介からの要請で、同コミッション事務局次長となったのが門茂男である。
  2. ^ 門茂男の著書によれば、門がコミッション事務局次長に就いた時点で「ライセンス発行が主たる業務であるはずのコミッション事務局には、ライセンス用の台紙や公印も何一つなかった」と既にコミッションの形骸化が始まっていたとしている。また、1979年に新日本プロレスと国際プロレスが「日本プロレスリングコミッショナー」として二階堂進を推戴した際、日本プロレスにおいて最後のコミッショナーとなっていた椎名悦三郎の秘書が、「コミッションの事務所も残してあるのに、こちらに断りがない」と激怒した、という話も門は著書で記している。
  3. ^ 徳光康之は「最狂超(スーパー)プロレスファン烈伝」で「力道山が木村政彦に完敗した世界」というパラレルワールドについて、「(現実における木村の団体同様)日本プロレスが消滅し日本プロレスを源流とする諸団体もすべて消滅、女子プロレスも力道山人気無しではやっていけないから消滅、すなわち日本からプロレスがなくなる」と描いている(その世界ではプロ柔道が現実のプロレスのような地位を占めている)。
  4. ^ 経営権を奪われた敬子は、当時赤坂にあったリキ・アパートに拠点を移したが、豊登・芳の里らも名義を変更しなかったために『日本プロレスリング興業株式会社』の名義が2箇所存在する事態となった。このため、豊登・芳の里らの日本プロレスは当時の所在地から『渋谷の日プロ』とも呼ばれる。
  5. ^ 経理担当取締役であった遠藤幸吉らとの対立に加え、リキ・スポーツパレスの売却問題がきっかけとなり他の幹部と衝突、退職に至った。
  6. ^ 当時のNETフルネット局はNETテレビ、北海道テレビ毎日放送広島ホームテレビ瀬戸内海放送九州朝日放送の6局と少なく、クロスネット局でも月曜20時台はメイン系列の番組をネットしていた地域が殆どだったため、殆どの地域は日本プロレス中継が録画中継へ移行する事になってしまった。
  7. ^ 猪木は新日本プロレスを発展解消し、坂口ら日本プロレスと対等合併。代表取締役には持ち株60%を所有する形で猪木が、副社長には持ち株40%を所有する形で坂口が就任する予定だったと言われる。
  8. ^ 馬場は大木らの受け入れについては難色を示したと言われているが、仲介役を果たした日本テレビや全日本プロレスの取締役を兼ねていた百田敬子ら力道山(百田)家の意向、馬場は日本プロレスの取締役であったことなどもあり、受け入れることとなった。マッチメイクなどで子飼いの選手達と差別を行ったとされる。
  9. ^ この12月2日に行われたインターナショナル選手権のあと、力道山は12月6日に名古屋市金山体育館にて、豊登と保持したアジアタッグ選手権の防衛戦を行っている(vsザ・デストロイヤー&バディ・オースチン)。このアジアタッグ防衛戦は金曜20時の枠で生中継され、ゆえにこの中継に制作協力した名古屋テレビ放送は、社史に一貫して「力道山最後のテレビ中継は名古屋テレビが担当した」という旨を記している。ただし実際には、翌週12月13日にも金曜22時30分の枠で力道山出場の6人タッグマッチが放送され(力道山&グレート東郷&吉村道明vsイリオ・デ・パオロ&バディ・オースチン&ザ・デストロイヤー)、12月20日は力道山追善興行(豊登vsバディ・オースチン)が生中継されたものの、12月27日は「力道山想い出の奮戦集」、そして明けて1964年1月3日に、前出の12月2日のインターナショナル選手権試合が、関係者(豊登・松尾和子・川島正二郎)による座談会も交えて録画放送されたことから、放映順としては12月2日のインターナショナル選手権の方が「力道山最後のテレビ中継」ということになる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホワイティング『東京アンダーワールド』角川書店101p
  2. ^ ホワイティング『東京アンダーワールド』角川書店
  3. ^ 東京スポーツ 2009年11月25日付
  4. ^ 東京スポーツ・2009年12月2日付 6面 「格斗半世紀」第83回
  5. ^ 別冊ゴング』1971年4月号「マスカラスに50の質問」