ドリー・ファンク・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリー・ファンク・シニア
プロフィール
リングネーム ドリー・ファンク
ジ・アウトロー
マスクド・マーヴェル
ドリー・ファンク・シニア
本名 ドランス・ウィルヘルム・ファンク
身長 180cm
体重 104kg
誕生日 1919年5月4日
死亡日 1973年6月3日(満54歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州ハモンド
スポーツ歴 アメリカンフットボール
テンプレートを表示

ドリー・ファンク・シニアDory Funk, Sr.1919年5月4日 - 1973年6月3日)は、アメリカ合衆国プロレスラー兼プロモーター。プロレスマネージャーとしても活躍した。

本名はドランス・ウィルヘルム・ファンクDorrance Wilhelm Funk)。インディアナ州ハモンド出身。

息子のドリー・ファンク・ジュニアテリー・ファンクも著名なプロレスラーである。

来歴[編集]

少年時代はアメリカンフットボールをはじめ万能アスリートとして活躍。第二次世界大戦後、プロレスラーとしてデビュー。1949年テキサス州アマリロに本拠地を移す。当初はドリー・ファンクDory Funk)のリングネームザ・シーク等と対戦しているが、主にヒールのポジションで活動した。また、一時期マスクド・マーヴェルMasked Marvel)という覆面レスラーにも変身している。

梶原一騎原作の漫画プロレススーパースター列伝』では当初プロボクサーを目指していたと描かれているが、ボクシング経験はなく空手の道場に通っていたことを初来日の際に、スポーツ紙に語っている。

現役時代は1958年NWA世界ジュニアヘビー級王座を獲得するなど活躍したが、アマリロに本拠を構えて二人の息子に幼少の頃から英才教育を施しトップレスラーに育て上げたことにより名声は一気に高まり、息子のドリー・ファンク・ジュニアと区別するためドリー・ファンク・シニアの名義で活動するようになる。

その後、ドリー・ファンク・ジュニアが1969年2月にNWA世界ヘビー級王座を獲得(テリー・ファンクもシニアの死後1975年に獲得)したことによりプロレス界で一目置かれる存在となり、アマリロを中心としたテキサス西部のNWA傘下団体「NWAウエスタン・ステーツ・スポーツNWA Western States Sports)」のプロモーターとしても活躍。アマリロ地区を一代で有力テリトリーに育て上げた。NWA内部でも実力者として知られ、死去する直前の1973年2月にはNWA臨時総会を開催させてジャイアント馬場の加盟を(一つの地区からの加盟プロモーターは原則一人だったにもかかわらず)押し込んでいる。この件などのドリー・ファンク・シニアの恩義を馬場は長く忘れず、社長室の机にはシニアの写真が置いてあったという。

1969年11月に日本プロレスに参戦するため来日したドリー・ファンク・ジュニアのマネージャーとして同行し初来日。1972年10月に来日した時は、全日本プロレス旗揚げシリーズにレスラーとして参戦している。アマリロには多くの若手レスラーが集い、ファンク・ファミリーの長として確固たる地位を築いたが、1973年6月3日、パーティー中に余興でレスリングをした際、心臓発作で急死。なお、このパーティーにはアメリカ武者修行中のジャンボ鶴田(当時は鶴田友美)も居合わせていたという。

2013年NWA殿堂に迎えられた。

人物[編集]

現役時代はヒールとして知られていたが社会人としての常識は非常にしっかりしていたと言う。スカウトされた、スタン・ハンセンによると現職の中学校教員を辞めてプロレスラーに転職する際も「せめて1学期までは(教員を)続けなさい。でないと周り(学校)が迷惑する。」と忠告した。その忠告通りにしたハンセンは学校側からも代わりをみつけられる時間が出来て助かったと感謝されたと言う。

得意技[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]