ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座(ユナイテッド・ナショナル・ヘビーきゅうおうざ)は、 かつてNWAが認定、管理していたフラッグシップタイトルの一つである。度々UNヘビー級王座と略される。

現在は三冠ヘビー級王座を構成する3本のベルトのうちの一つである。

概要[編集]

この王座は1970年8月にNWA本部がメキシコカナダアメリカの3国で通用する国際タイトルとして新設した。新設時からアントニオ猪木に奪取されたジョン・トロスまでの変遷については、プロレス雑誌でも諸説がある。

1971年3月26日にアメリカ・ロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムでアントニオ猪木がジョン・トロスを破って王座を獲得して日本に持ち込みほぼ定着する。猪木はUNヘビーを獲得したことで、当時インターナショナル・ヘビー級王者であったジャイアント馬場に対抗するはずであったが[1]、猪木が日本プロレス除名されるとともにベルトはNWA本部へ返還された。その後坂口征二が王者となり延べ1年にわたり保持、その坂口が日本プロレス離脱後には高千穂明久が王者となった[2]が、間もなく日本プロレスが崩壊、王座は休眠状態になった。

1976年全日本プロレスの要請で王座が復活し[3]、以降同団体に定着する。ジャンボ鶴田が王者になったが、タイトルの格はPWFヘビー級王座より下とされていた。その鶴田も5度目の王座獲得後、インター王座獲得に専念する為に王座を返上してしまい、全日本におけるタイトルの格は3番目ということになってしまった。その後、天龍源一郎が長きにわたってベルトを保持し、天龍の代名詞といわれるまでになった。

1989年4月18日にジャンボ鶴田が本王座・PWF王座・インター王座の三冠を統一してからは、三冠ヘビー級王座のベルトの一本として定着する。

ZERO1にて現在のNWAが認定するNWAユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座というタイトルが存在しているが、上記の王座とは無関係である。

歴代王者[編集]

レスラー 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 デール・ルイス 不明 1970年8月 NWA本部から認定
第2代 パンテラ・ネグラ 不明 1970年10月23日 カリフォルニア州ロサンゼルス
第3代 ジョン・トロス 不明 1970年11月20日 カリフォルニア州ロサンゼルス
第4代 レイ・メンドーサ 不明 1970年12月4日 カリフォルニア州ロサンゼルス
第5代 ジョン・トロス 不明 1971年2月16日 カリフォルニア州ロサンゼルス
前王者が防衛戦を行わなかったため
第6代 アントニオ猪木 4 1971年3月26日 カリフォルニア州ロサンゼルス
日本プロレス除名に伴い返上
第7代 キング・クロー 0 1972年1月 カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー
第8代 坂口征二 3 1972年2月11日 カリフォルニア州ロサンゼルス
第9代 ザ・シーク 0 1972年9月6日 田園コロシアム
第10代 坂口征二 4 1972年9月7日 大阪府立体育会館
第11代 ジョニー・バレンタイン 0 1973年3月2日 横浜文化体育館
第12代 高千穂明久 4 1973年3月8日 佐野市民会館
日本プロレス崩壊により返上
第13代 ジャンボ鶴田 2 1976年8月28日 日大講堂
ジャック・ブリスコとの王座決定戦に勝利
第14代 ビル・ロビンソン 1 1977年3月5日 秋田市体育館
第15代 ジャンボ鶴田 12 1977年3月23日 フロリダ州マイアミ
第16代 ディック・マードック 1 1980年2月23日 鹿児島県立体育館
第17代 ジャンボ鶴田 2 1980年3月5日 黒磯市公会堂
第18代 アブドーラ・ザ・ブッチャー 3 1980年10月13日 愛知県体育館
第19代 ジャンボ鶴田 13 1981年1月22日 韮崎市体育館
第20代 ハーリー・レイス 0 1982年8月1日 後楽園ホール
第21代 ジャンボ鶴田 6 1982年10月24日 北海道立北見体育センター
インター・ヘビー獲得、及び同王座の防衛活動に専念するため返上
第22代 テッド・デビアス 6 1983年10月14日 佐世保市体育館
天龍源一郎との王座決定戦に勝利
第23代 マイケル・ヘイズ 0 1984年1月28日 ジョージア州アセンズ アセンズアリーナ
第24代 デビッド・フォン・エリック 0 1984年2月3日 テキサス州ダラス スポータトリアム
内臓疾患により急死
第25代 天龍源一郎 10 1984年2月23日 蔵前国技館
リッキー・スティムボートとの王座決定戦に勝利
王座返上
第26代 天龍源一郎 10 1986年4月26日 大宮スケートセンター
テッド・デビアスとの王座決定戦に勝利
1988年3月9日からPWFとの2冠王者に
第27代 スタン・ハンセン 3 1988年7月27日 長野市民体育館
PWFとの2冠王者
第28代 ジャンボ鶴田 3 1989年4月18日 大田区体育館
三冠統一。以降は三冠王座を参照。

主な記録[編集]

  • 最多戴冠記録:6回 - ジャンボ鶴田(13, 15, 17, 19, 21, 28代)
  • 最多連続防衛:13回 - ジャンボ鶴田
  • 最多通算防衛:35回 - ジャンボ鶴田

脚注[編集]

  1. ^ 猪木は馬場への挑戦時に、「インター王者とUN王者はどちらが強いのかファンの前に明確にすべき」との論法を用いている。
  2. ^ 高千穂が王座を奪取した試合は、日本プロレスという団体自体の、テレビ中継最後の試合でもあった。
  3. ^ 復活当初は「NWAが認定し、日本プロレスが管理」するタイトルという位置付けだった。1976年8月28日に行われた復活王座決定戦では、日本プロレス(会社組織としては、まだ存在していた)の代表であった芳の里淳三がタイトルマッチ宣言を行い、その旨にも言及している。その後、王座は「NWAが認可し、PWFが認定する」形態に移行。