東京プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京プロレス(とうきょうぷろれす)とは、アントニオ猪木らがかつて所属した、1966年豊登が興したプロレス団体。

歴史[編集]

豊登の日本プロレス追放、新団体旗揚げへの準備[編集]

社長であった力道山の死後の日本プロレスは、社長に就任した豊登を中心に、芳の里淳三遠藤幸吉吉村道明の4人を中心としたいわゆる「トロイカ体制」を組む形で難局を乗り切る中で、豊登がエースであったものの、その豊登を凌ぐ存在としてジャイアント馬場が台頭し始めていた。

そのような中で、1966年1月5日、社長を務めていた豊登が辞任する。表向きは持病だった尿管結石の悪化で辞任という形で発表されたが、実際の理由としては豊登の不透明な公金流用の責任を取る形での事実上の解任、追放であった。豊登は会社の資金を横領し、競馬、競輪などのギャンブルに流用し、その負債額は(当時の額で)2千万とも、4千万円ともと言われていた。

当時の日本最大のプロレス団体・日本プロレスを追放された形となった豊登は、新間信雄寿父子に接触し、新団体を旗揚げする意向を表明した。豊登には日プロから数百万円の退職金が発生していたが、ギャンブルに全て使ってしまって金が無く、渋谷連れ込み宿での旗揚げ表明であった。

豊登の新団体旗揚げ表明を受けて、日本プロレスから田中忠治木村政雄斎藤昌典北沢幹之が離脱し、豊登の新団体に参加することとなったが、豊登が参加メンバーとして想定していた芳の里[1]大木金太郎ヒロ・マツダ星野勘太郎高千穂明久らは日プロに留まったため、手薄な選手層であることは明白であった。

そこで豊登は、新団体の目玉として弟分的な存在であったアントニオ猪木の引き抜きを画策することとなった。

太平洋上の略奪[編集]

当時アメリカに遠征していた猪木は、日本プロレスの「ワールド・リーグ戦」へ凱旋参加する為アメリカでの武者修行を打ち上げ、馬場や吉村と合流しての合同トレーニングへ向けてハワイへ移動することとなった。

猪木は、当時ライバルであった馬場の遠征時の日本プロレスの扱いと比べ、遠征中に日プロからは何も連絡がなく、日本では常に猪木の先を走っていた馬場の人気が沸騰していたこともあって、「俺は本当に日プロから大事にされているのか、馬場さんとの差がどんどん開いていく気がする」と日本プロレスの自分への待遇に疑問を抱く様になっていた。猪木のハワイ到着時のマスコミの取材も少なく、しかも到着日に宿泊するホテルが予約されていなかったこと[2]もあって、日本プロレスの対応に益々不安感を持った猪木を、豊登がハワイ入りして口説く形となったのである。

日本プロレス側は馬場に加えて役員の吉村を派遣して、猪木の豊登新団体への参加を阻止せんとしたが、結局、猪木は後からハワイへ合流した豊登の説得を受け、豊登新団体への参加を決意することとなった。この一件は俗に「太平洋上の略奪」と呼ばれる。

猪木を豊登に奪われる形となった日本プロレスは、これまで表沙汰としなかった一連の豊登の行動を批判する形で除名処分とすることを決定。また、豊登に対しての告訴も検討されたが、もう一人の当事者であった猪木に対しては「若い猪木は豊登に騙されている」として処分が下ることはなかった。

東京プロレス旗揚げ[編集]

看板選手である猪木を含め、選手をある程度確保できたことで、1966年10月12日蔵前国技館にて「東京プロレス」(会社名は「東京プロレスリング興業」)の旗揚げとなった。9千人の観衆を集めて、メインは猪木対ジョニー・バレンタインとの一騎打ちがメインとなり、猪木が勝利。アメリカ修行の成果をアピールする形となった。

華々しいスタートとは裏腹に、有力な興行基盤を持たない東京プロレスは早々に経営が悪化する形となった。東京プロレスの旗揚げと同時に設立された同団体専門の興行会社『オリエント・プロモーション』を中心に営業活動を行っていたが、地方での営業面では日本プロレスに圧倒されており、全34戦を予定していた東北地方を中心とした旗揚げシリーズはキャンセルが相次ぎ、たった20戦しか行われなかった。また、当時は有力な資金源となっていたテレビ局とも契約出来なかった。

この様な最悪の経営状況の中でも、豊登は相変わらず資金を横領の上、ギャンブルに私的に流用し、事実上豊登の個人会社状態となっていたと言われる。猪木の発言によるとこの時点で「ギャンブルによる借金は5千万円近くあり、事実上東京プロレスの負債に回された」と証言しており、また、当時若手選手であった永源遙も「(いくら現在と貨幣価値が違うとは言え)公務員が月給2万円を越えていた時代に年俸1万円だった」と後に述懐している。旗揚げ後は選手の合宿所も設置されたが、食費は会社持ちではあるもののその米代にも窮していたと言われている。興行収益の無さや豊登による公金の私的流用も相まって窮乏する悪いムードの中、東京プロレスにとって致命的とも言える事件が発生した。

板橋事件[編集]

東北巡業が惨敗に終わった中、帰京して行われた同年10月26日板橋区志村高校脇広場大会では4千人の観衆を集めて仮初めの成功を収めたが、そのわずか1か月後の11月26日、同じ板橋区内の元都電板橋駅前広場大会を強引にプランニングしてきた。これは、前回の板橋大会で得た収益も過去の赤字の補填に費やされたことで、再度の成功を夢見て興行日程に組み入れたとも言われている。しかし、寒い11月の野外の試合でもあり、1か月前に近隣で興行していたこともあり観客が集まらなかった。

その後、突然大会の中止が集まった観客に告げられた。長く待たされた挙句に何の説明もなく突然の中止を告げられたことで観衆は激怒。リングを破壊した上に寒さへの反動から放火する事態となり、この暴動を収拾するために警官隊が多数動員され、鎮圧された。これが世に言われる「板橋事件」である。

大会中止の理由として、ギャラを支払わない東京プロレスに対して外人選手達が出場をボイコットした説、観客の数が余りに少なく、豊登が「これじゃやるだけ無駄だ」と勝手に判断して引き揚げたという説、前述の「オリエント・プロモーション」が猪木らに約束していた未払い金を支払わなかったために引き揚げたという説、などがあるが、この不祥事は一般紙の社会面にも掲載されたことで、東京プロレスは社会的信用を失墜する形となった。

猪木派と豊登派の決裂、国際プロレスとの提携、崩壊へ[編集]

同年12月に再び地方シリーズを強行しながらも興行的に惨敗、年内最終戦となった東京体育館大会(結果、東京プロレスとして最後の興行となった)を終えた猪木は、豊登との決別を選択した。資金難の中でも依然として公金横領、ギャンブルへの流用を止めない豊登の無責任極まりない行動に対しての決断であった。猪木らは極秘裏に当時新宿にあったオフィスから必要な荷物を、新たに用意した北青山の事務所へ移し、豊登派とは別に新会社「東京プロレス株式会社」を設立した。猪木はほぼ同時期に日本プロレスを飛び出して設立された国際プロレスとの提携に向けて、社長の吉原功、ヒロ・マツダ(マツダと猪木はアメリカで面識があった)とも参加に向けて連絡を取り合っていた。

明けて1967年、猪木は斎藤、木村ら東京プロレスの残党とともに国際プロレスとの合同興行との形で行われた「パイオニア・シリーズ」(旗揚げ興行)に参加したが、この興行に(ポスターやパンフレットに掲載されていた)豊登と田中忠治は参加していなかった。

猪木は、合同興行の最中である1月8日に豊登と新間父子を「3千万円の業務上背任横領容疑」で告訴。この行動に激怒した豊登らは翌1月9日には猪木を「背任容疑」で逆告訴するなど、泥仕合へと発展する。この醜い番外戦もあってか、国際プロレスとの提携も1月末には打ち切られ、東京プロレスは事実上崩壊した。

崩壊後の動向[編集]

猪木、豊登、新間父子は複数の債権者への返済に追われる形となった。同年4月6日、去就が注目されていた猪木は日本プロレスへ復帰することとなった[3]。その際、猪木とともに永源、高崎山三吉柴田勝久が日本プロレスに復帰したが木村、寺西勇仙台強マンモス鈴木大磯武竹下民夫らは日本プロレスへの復帰は叶わず、国際プロレスへ移籍することとなった。またマサ斎藤は海外遠征を経た後に日本プロレスへ復帰した。

一方の豊登は田中忠治とともに国際プロレスへ参加することとなり同年7月に合流した。豊登は選手層が手薄であった国際プロレスの看板選手の一人として活躍したが、1970年に引退した。その後、豊登は、1972年に猪木が日本プロレスを追放される形で旗揚げした新日本プロレスに「テレビ放映が付くまで」との条件付きで「助っ人」として参戦。NETテレビ(現:テレビ朝日)の放映開始とともに新日本プロレスを去り、以降、プロレス界からフェード・アウトする形となった(詳しくは「豊登道春」を参照)。

旗揚げから40年が経過した2006年に菊池孝新間寿竹内宏介の3名がインディー団体の歴史を語るイベント「三者三様 インディー伝説~トークLIVE 40年史~」が開催され、その歴史の起点として東京プロレスについて取り上げられた[4]。そのため、東京プロレスを「日本初のインディー団体」とする意見もある。

所属選手[編集]

コミッショナー[編集]

来日外国人選手[編集]

脚注、出典[編集]

  1. ^ 芳の里とは、大相撲時代からの親友であったと言われる。
  2. ^ 『プロレス醜聞100連発』54Pより。既に猪木引き抜きの情報が日本プロレスにも察知されており、猪木に対して疑心暗鬼になっていたこともあって、冷遇したと言われる。
  3. ^ 表向きは、日本プロレスが過去の経緯を水に流して猪木を受け入れた形となっていたが、実際は日本プロレス側が猪木に復帰を懇願したもので、移籍金として1千万円、東京プロレスの借金返済資金としてさらに1千万円、計2千万円が猪木に支払われたという(『プロレスへの遺言状』77 - 78Pより)。
  4. ^ 三者三様トークライブは熱気ムンムンでした! サイケドラムスのLIFE GOES ON 2006年5月29日

参考書籍[編集]