ディーン樋口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディーン・ホー
プロフィール
リングネーム ディーン・ホー
ディーン樋口
本名 ディーン樋口
(ディーン・ヒグチ)
ニックネーム 日系の怪腕
身長 183cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1938年????
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ州ホノルル
スポーツ歴 ボディビル
デビュー 1962年
引退 1983年
テンプレートを表示

ディーン樋口Dean Higuchi1938年 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーハワイ州ホノルル出身の日系アメリカ人。第8代WWWF世界タッグ王者

ディーン・ホーDean Ho)のリングネームで知られ、日系選手では珍しくベビーフェイスのポジションで活躍した(オリエンタルギミックは用いず、レイウクレレを小道具に使用するなどハワイアンとしての出自をアピールしていた)。

来歴[編集]

1950年代ボディビルで活躍し、1956年にはボディビル・コンテストの "ミスター・ハワイアン・アイランズ" に優勝、フィラデルフィアで行われた "ミスター・アメリカ" では6位に入選している[1]

1957年にハワイのカラカウア・アベニューでジムを開設し、トレーニングに来たプロレスラーたちとの邂逅を通してプロレス入りを決意、1962年4月、太平洋岸北西部NWAオレゴン地区にてデビュー[1]。本名のディーン樋口ディーン・ヒグチ)名義で正統派のパワーファイターとして活動し、1966年10月には豊登アントニオ猪木を擁して立ち上げた東京プロレスの旗揚げシリーズに日本陣営の助っ人として参加、初来日を果たした。

オレゴン地区では1967年9月にパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座を獲得[2]。同地区と提携していたカナダバンクーバー地区では、1968年10月21日と12月16日にNWA世界ヘビー級王者ジン・キニスキーに連続挑戦した[3]1969年、世話になったダン・ホーという中国人にあやかりディーン・ホーと改名[4]1971年下期よりテキサスダラス地区に参戦、1972年1月にフリッツ・フォン・エリックと組んでジョニー・バレンタイン&サンダーボルト・パターソンからアメリカン・タッグ王座を奪取している[5]

1973年ニューヨークWWWFに登場。同年11月14日、トニー・ガレアをパートナーにプロフェッサー・タナカ&ミスター・フジの日系悪党コンビを破り、WWWF世界タッグ王座を獲得[6]。翌1974年5月8日にジミージョニーバリアント・ブラザーズに敗れるまで保持した[6]。王座陥落後もWWWFには日系ベビーフェイスとして1975年まで在籍し、マディソン・スクエア・ガーデンにてキラー・コワルスキーボビー・ダンカンヒール勢と対決。同年7月12日の定期戦ではガレアとのコンビでザ・ブラックジャックスブラックジャック・マリガン&ブラックジャック・ランザ)とも対戦した[7]

その後は南部ジョージア地区(ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)を経て、西海岸サンフランシスコ地区に進出。1977年7月にはアレックス・スミルノフを破り、同地区のフラッグシップ・タイトルであるUSヘビー級王座を獲得[8]、以降もボブ・ループドン・ムラコとタイトルを争った。なお、ハワイ出身のムラコはハイスクール時代、樋口が運営していたジムでトレーニングを積んでいたという[1]

1978年11月には国際プロレスの『日本リーグ争覇戦』に、WWWFでの宿敵プロフェッサー・タナカと共に日系レスラー代表として参加。12年ぶりの来日となった同リーグ戦では、予選リーグを勝ち進んで決勝トーナメントに進出、1回戦で当時フリーの石川隆士を下すも、準決勝でラッシャー木村に敗れた。

以降は古巣のバンクーバー地区に定着し、クロンダイク・マイクやムーンドッグ・モレッティとの異色タッグで活動後、1983年に引退。近年もバンクーバーに居住し、デリカテッセンを経営しつつソーシャル・ワーカーとして社会福祉事業に取り組んでいる[9]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:1回(w / ジョニー・コスタス)
NWAオールスター・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):6回(w / アール・メイナード、スティーブ・ボラス、スティーブン・リトルベア×2、ジョージ・ウェルズ、クロンダイク・マイク
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(バンクーバー版):2回(w / サニー・マイヤース、ムーンドッグ・モレッティ)
NWAビッグタイム・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・タッグ王座:1回(w / ケン・マンテル)
NWAサンフランシスコ
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c "Ho! Ho! Ho!" cries still ring out for Dean Higuchi”. SLAM! Sports. 2010年4月19日閲覧。
  2. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月4日閲覧。
  3. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1968”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月4日閲覧。
  4. ^ DVD-BOX『国際プロレス クロニクル 下巻』DISC.2: ラッシャー木村vsディーン・ホー(2011年、クエスト)
  5. ^ NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月4日閲覧。
  6. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年6月4日閲覧。
  7. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2010年6月4日閲覧。
  8. ^ NWA United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月4日閲覧。
  9. ^ What Are The Legends Doing Today”. 1wrestlinglegends.com: October 2006. 2010年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]