柴田国明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柴田 国明
基本情報
本名 柴田 国明
通称 天才パンチャー
かめ割り柴田
階級 フェザー級
スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1947年3月29日(67歳)
出身地 茨城県日立市
プロボクシング戦績
総試合数 56
勝ち 47
KO勝ち 25
敗け 6
引き分け 3
テンプレートを表示

柴田 国明(しばた くにあき、1947年3月29日 - )は、日本の元プロボクサー茨城県日立市出身。身長163cm。ヨネクラボクシングジム所属。元プロボクシング世界2階級(フェザー級スーパーフェザー級)王者。

人物[編集]

名門ヨネクラボクシングジムが生んだ初の世界王者。敵地メキシコで「赤き鷹」と呼ばれた王者ビセンテ・サルディバルから王座を奪取するなど、2階級に渡って3度世界王座を奪取したうち、2度が日本国外での王座獲得であった(さらに2度以上世界挑戦した日本選手で、全て王座奪取に成功したのは彼だけである)。

その才能は青木勝利海老原博幸辰吉丈一郎らと並んで日本プロボクシング史上屈指と評され、実力、実績に対する評価も極めて高い。WBC世界ライト級王者ガッツ石松など、好選手が多く在籍していたヨネクラジム最盛期にあっても、ジムのエースとして君臨した。

引退後はトレーナーとしてジムに残る。

ボクシングスタイル[編集]

身長163cmの小柄な体でスピーディでリズミカルなボクシングを展開した。パンチを当てるのがうまく、ガードの空いたところに、マシンガンのように連打を打ち込んだ。一方、打たれ弱く、カウンター一発でKO負けすることも多かった。6敗の内5敗がKO負けである。「日本人には困難」と言われたスナップの効いたパンチを打つことができた。そこからついた異名が「天才パンチャー」「かめ割り柴田」。

エピソード[編集]

トレーナーはエディ・タウンゼント松永喜久が著作(『リングサイド・マザー』)で書いた内容だが、防衛戦のために柴田が伊豆にキャンプを張った際に新聞記者達も同行する。

夜になると退屈な記者達は当時ガッツ石松が地元で開いていた飲み屋に遊びに行ってしまう。地味な柴田よりは、社交的で面白く記事のネタをくれて気前のいいガッツと遊んでいた方がメリットがあるという判断からであった。翌日、エディは「あの人たちは柴田の取材に来たのに、なぜ遊びに行ってしまうの」と激怒したとされる。自分のことでは怒らなかったエディが、珍しく怒った事件とされる。

柴田は前述の通り、メキシコでの世界初挑戦試合でビセンテ・サルディバルに黒星をつけたボクサーである。それ故にメキシコのボクシングファンに強烈な印象を与えたようで、メキシコのボクサー:ホセ・シバタ・フローレス(元WBA世界スーパーウェルター級1位)は父親が柴田にあやかり、ミドルネームに『シバタ』と名づけたことが知られる。

主な戦績[編集]

  • 1965年3月6日、飯塚征一戦 1ラウンドKO勝ち(デビュー戦)
  • 1966年1月31日、徳留正親戦 5ラウンドKO勝ち(全日本スーパーバンタム級新人王)
  • 1969年1月15日、ハーバート康戦 6ラウンドKO負け(東洋フェザー級タイトル挑戦)
  • 1970年4月15日、桜井保男戦 10ラウンドKO勝ち(日本フェザー級タイトル獲得)
  • 1970年12月11日、ビセンテ・サルディバル戦 13ラウンドTKO勝ち(WBC世界フェザー級タイトル獲得)
  • 1971年6月3日、ラウル・クルス戦 1ラウンドKO(3分5秒)勝ち(WBC世界フェザー級タイトル初防衛)
  • 1971年11月11日、エルネスト・マルセル戦 15ラウンド引分(WBC世界フェザー級タイトル2度目防衛)
  • 1972年5月19日、クレメンテ・サンチェス戦 3ラウンドKO負け(WBC世界フェザー級タイトル陥落)
  • 1973年3月12日、ベン・ビラフロア戦 15ラウンド判定勝ち(WBA世界スーパーフェザー級タイトル獲得)
  • 1973年6月19日、ビクター・エチュガレー戦 15ラウンド判定勝ち(WBA世界スーパーフェザー級タイトル初防衛)
  • 1973年10月17日、ベン・ビラフロア戦 1ラウンドKO負け(WBA世界スーパーフェザー級タイトル陥落)
  • 1974年2月28日、リカルド・アルレドンド戦 15ラウンド判定勝ち(WBC世界スーパーフェザー級タイトル獲得)
  • 1974年6月27日、アントニオ・アマヤ戦 15ラウンド判定勝ち(WBC世界スーパーフェザー級タイトル初防衛)
  • 1974年10月3日、ラミロ・ボラノス戦 15ラウンドKO勝ち(WBC世界スーパーフェザー級タイトル2度目防衛)
  • 1975年3月27日、オールド・マクルフィー戦 15ラウンド判定勝ち(WBC世界スーパーフェザー級タイトル3度目防衛)
  • 1975年7月5日、アルフレド・エスカレラ戦 2ラウンドKO負け(WBC世界スーパーフェザー級タイトル陥落)
  • 1977年11月29日、アル・エスピサノ戦 10ラウンド判定勝ち(最後の試合)

通算戦績56戦47勝(25KO)6敗3分。世界戦では12戦8勝(3KO)3敗1分。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
千葉信夫
第15代日本フェザー級王者

1970年4月15日 - 1971年2月1日(返上)

次王者
三政直
前王者
ビセンテ・サルディバル
第8代WBC世界フェザー級王者

1970年12月11日 - 1972年5月19日

次王者
クレメンテ・サンチェス
前王者
ベン・ビラフロア
第17代WBA世界スーパーフェザー級王者

1973年3月12日 - 1973年10月27日

次王者
ベン・ビラフロア
前王者
リカルド・アルレドンド
第7代WBC世界スーパーフェザー級王者

1974年2月28日 - 1975年7月5日

次王者
アルフレド・エスカレラ