川嶋勝重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川嶋 勝重
基本情報
本名 川嶋 勝重
通称 ラスト・サムライ ラッキー男
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1974年10月6日(40歳)
出身地 千葉県市原市
スタイル ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 32
KO勝ち 21
敗け 7
テンプレートを表示

川嶋 勝重(かわしま かつしげ、1974年10月6日 - )は、日本の元プロボクサー千葉県市原市出身。第17代WBC世界スーパーフライ級王者。身長166.4cm、リーチ169cm。千葉県長南高等学校(現・茂原北陵高等学校)卒業。「ラスト・サムライ」の異名を持つ。

人物[編集]

高校時代は野球部に所属。卒業後、地元の企業に就職するが、友人のボクシングの試合を観戦し、感動したのを機にプロボクサーになることを決意。1995年、元WBCWBA世界ストロー級(現:ミニマム級)王者大橋秀行が会長を務める大橋ジムに入門。

トレーナーは松本好二(元OPBF東洋太平洋フェザー級王者。大橋会長とは横浜高校ならびにヨネクラジムの先輩・後輩の間柄)。夫人はジムの練習生だった。

トランクスに縫いつけられていた「S.T」のイニシャルはジムの後輩で、営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故の犠牲者のものであった。事故以降、試合前には彼の仏前で必勝を誓うことが恒例となっていた[1]

ジムに入門するまでボクシング経験は全くなく、不器用であったためプロテストには2度不合格となった。練習生だった頃の川嶋は大橋会長曰く「光るもののない選手」であった。

5戦5敗の選手とのスパーリングで一方的に打たれ、過呼吸で倒れたことがある。

徳山昌守との3度にわたる激闘はファンの語り草となっている。

来歴[編集]

1997年2月20日、プロデビュー。

1997年11月8日、東日本ジュニアバンタム級(現:スーパーフライ級)新人王獲得。同年12月20日の全日本新人王決定戦に出場するも、中野博に6回判定で敗れる(プロ初黒星)。

1999年4月28日、所属ジムの大橋秀行会長とも対戦経験のある元WBC世界ストロー級(現:ミニマム級)王者ナパ・キャットワンチャイタイ)とノンタイトル戦を戦い、5回終了TKO勝ち。

2000年12月11日、東洋太平洋バンタム級王者ジェス・マーカフィリピン)に挑戦したが、12回判定負けで王座獲得ならず。

2001年8月27日、元WBA世界スーパーフライ級王者ヨックタイ・シスオー(タイ)とのノンタイトル10回戦に判定勝ち。この勝利で世界ランク入りを果たした。

2002年4月20日、日本スーパーフライ級王者佐々木真吾に挑戦し、10回判定勝ち。王座獲得に成功した(1度防衛後、王座返上)。

2003年6月23日、世界初挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守に挑むが、12回判定負けを喫し、王座獲得ならず。

2004年6月28日、徳山に再挑戦。初回に2度のダウンを奪い、1分47秒TKO勝ち。王者のV9を阻み、悲願の世界王座奪取を果たした。その後、2度の防衛に成功。

2005年7月18日、3度目の防衛戦で徳山と3度目の対戦。最終・12回にダウンを奪った以外は見せ場らしい見せ場を作ることが出来ず、大差で壮絶な判定負け。前王者の雪辱を許す。

2006年9月18日、世界王座返り咲きを懸け、WBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦に出場。クリスチャン・ミハレスメキシコ)と対戦。フルラウンドの死闘を展開したが、僅差の判定で敗れ王座返り咲きならず。試合後、現役引退を表明したが、1か月後に撤回。

2007年1月3日、ボクシング・グランプリ2007の大将戦(メインカード)で、徳山の引退・王座返上で正規王者に昇格したミハレスと再戦したが、10回 コーナーに追い込まれ滅多打ちにされたところでTKO負け。雪辱ならず[2][3]

2008年1月14日、WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスベネズエラ)に挑戦。序盤は挑戦者ペースで試合が進んだが、中盤以降、王者の手数が勝り始め、11回には王者のストレートで腰を落としかける場面もあった。試合は判定に縺れ込んだが、0-3で敗戦。王座返り咲きはまたしてもならなかった。この試合を最後に正式に引退[4]

現在はテレビ東京系のBSジャパンでボクシング中継が行われるときに解説を務めるなどしている。また夫人が経営するアクセサリー店で職人としての修業を始め、2009年6月上旬には恩師・大橋秀行に依頼されたボクシンググローブ型のネックレスを納品した[5]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:1戦1勝(1KO)無敗
  • プロボクシング:39戦32勝(21KO)7敗(1KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1997年2月20日 2R 1:10 KO 平賀忍 (ヤマグチ土浦) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1997年5月30日 2R 1:45 KO 吉田宣彦 (ファイティング原田) 日本の旗 日本
3 1997年8月4日 4R 判定 久米尚平 (ライオンズ) 日本の旗 日本
4 1997年9月30日 4R 0:51 KO 森木茂 (宮田 日本の旗 日本
5 1997年11月8日 6R 判定 高橋仁 (角海老宝石 日本の旗 日本 東日本ジュニアバンタム級[6]新人王
トーナメント決勝戦
6 1997年12月20日 6R 判定 中野博 (畑中) 日本の旗 日本 全日本ジュニアバンタム級新人王決定戦
7 1998年3月24日 1R 2:39 KO 佐々木顕次 (富士) 日本の旗 日本
8 1998年5月8日 3R 2:40 TKO 鎌田直樹 (京浜) 日本の旗 日本
9 1998年6月22日 3R 2:39 KO 木村司 (角海老宝石) 日本の旗 日本
10 1998年7月16日 5R 判定 松下義和 (本田フィットネス) 日本の旗 日本
11 1998年10月23日 6R 1:49 TKO 金田真英 (エイティーン) 日本の旗 日本 KSD杯争奪B級トーナメントバンタム級決勝
12 1999年1月30日 8R 判定 金長福 韓国の旗 韓国
13 1999年4月28日 5R 3:00 TKO ナパ・キャットワンチャイ タイ王国の旗 タイ
14 1999年8月3日 4R 1:41 KO ローランド・デュセラン フィリピンの旗 フィリピン
15 1999年11月2日 3R KO エドウイン・ガスタドール フィリピンの旗 フィリピン
16 2000年3月23日 2R 0:49 KO サン・シスナルポン タイ王国の旗 タイ
17 2000年6月27日 10R 判定 永井祐司 (沼田) 日本の旗 日本
18 2000年10月19日 7R 2:50 TKO 柳川荒士白井・具志竪 日本の旗 日本
19 2000年12月11日 12R 判定0-3 ジェス・マーカ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
20 2001年3月27日 2R 2:22 TKO ヨードチャイ・クンパラオラチャダー タイ王国の旗 タイ
21 2001年8月27日 10R 判定3-0 ヨックタイ・シスオー タイ王国の旗 タイ
22 2001年12月4日 4R 2:04 KO シンダム・ケオウイサク タイ王国の旗 タイ
23 2002年4月20日 10R 判定2-1 佐々木真吾 (木更津グリーベイ) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級タイトルマッチ
24 2002年7月30日 5R 2:34 KO 結城康友 (ヨネクラ 日本の旗 日本 日本王座防衛1/返上
25 2002年12月18日 2R 2:26 KO サックモンコン・シンマナサック タイ王国の旗 タイ 第13回フェニックスバトル
26 2003年6月23日 12R 判定0-3 徳山昌守金沢 日本の旗 日本 WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
27 2003年10月18日 10R 判定3-0 盧昊燮 韓国の旗 韓国
28 2004年1月15日 2R 1:23 KO デント・シッソパー タイ王国の旗 タイ
29 2004年6月28日 1R 1:47 TKO 徳山昌守 (金沢) 日本の旗 日本 WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
30 2004年9月20日 12R 判定3-0 ラウル・ファレス メキシコの旗 メキシコ WBC防衛1
31 2005年1月3日 12R 判定2-1 ホセ・ナバーロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛2
32 2005年7月18日 12R 判定0-3 徳山昌守 (金沢) 日本の旗 日本 WBC王座陥落
33 2006年1月9日 5R 2:21 TKO ペットクローンパイ・ソーターンティップ タイ王国の旗 タイ
34 2006年4月3日 8R 2:22 TKO 文在春 韓国の旗 韓国 第20回フェニックスバトル
35 2006年9月18日 12R 判定1-2 クリスチャン・ミハレス メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦
36 2007年1月3日 10R 1:05 TKO クリスチャン・ミハレス メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
37 2007年6月4日 3R 1:39 KO 明在成 韓国の旗 韓国
38 2007年9月5日 10R 判定3-0 アディ・ウィグナ インドネシアの旗 インドネシア 第26回フェニックスバトル
39 2008年1月14日 12R 判定0-3 アレクサンデル・ムニョス ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年3月2日付中日新聞32面「セカンドキャリア―引退から始まる物語」川嶋勝重・第4回
  2. ^ 川嶋 勝重 VS クリスチャン・ミハレス(その5)–川嶋 VS ミハレス【第10ラウンド】 大橋ボクシング・モバイル
  3. ^ ボクシンググランプリ2007日本 VS メキシコ対抗戦を終えて(その6) 大橋ボクシング・モバイル
  4. ^ 田口潤 川嶋返り咲き失敗、涙の引退 日刊スポーツ 2008年1月15日閲覧
  5. ^ 森本隆 元世界王者川嶋勝重氏がアクセサリー職人 日刊スポーツ 2009年6月28日閲覧
  6. ^ a b 1998年5月1日より日本ボクシングコミッションでも旧称の「ジュニアバンタム級」を改め、「スーパーフライ級」へと名称変更している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
佐々木真吾
第25代日本スーパーフライ級王者

2002年4月20日 - 2003年1月6日(返上)

空位
次タイトル獲得者
プロスパー松浦
前王者
徳山昌守
第17代WBC世界スーパーフライ級王者

2004年6月28日 - 2005年7月18日

次王者
徳山昌守