粟生隆寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
粟生 隆寛
基本情報
本名 粟生 隆寛
階級 スーパーフェザー級
身長 169cm
リーチ 173cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1984年4月6日(30歳)
出身地 千葉県市原市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 26
KO勝ち 12
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

粟生 隆寛(あおう たかひろ、1984年4月6日 - )は、日本プロボクサー千葉県市原市出身。第31代WBC世界スーパーフェザー級王者。第40代WBC世界フェザー級王者。2階級制覇王者。習志野高校卒業。帝拳ボクシングジム所属。

ボクシングスタイルは左ボクサーファイター(コンバーテッドサウスポー)。卓越したボクシングセンスを誇るサウスポー天才肌ボクサー。絶妙なタイミングで放つ左カウンターを最大の武器とする。

経歴・人物[編集]

元ボクサーだった父広幸の指導の下、3歳からボクシングを始める。5歳から水泳も習い始め、小学校入学前に4泳法(クロール背泳ぎ平泳ぎバタフライ)すべてをマスターした[1]小学生の時に学校の課題で「将来の夢」をテーマとした作文を書いた時には、文章は「ボクシングで世界チャンピオンになりたい」とだけ書いて、余白には大きくWBCの世界チャンピオンベルトの絵を書いていた。

習志野高校在学中に、史上初のアマチュア高校6冠を達成。高校卒業と同時に帝拳ボクシングジムに入門。2003年9月6日にプロデビューし、デビューから3年半後の2007年3月3日に日本フェザー級王座を獲得。さらに、2009年3月12日にはWBC世界フェザー級、2010年11月26日にはWBC世界スーパーフェザー級王座を獲得し、日本人7人目の2階級制覇を果たしている。

帝拳ジムの同門で、元世界2階級王者であるホルヘ・リナレスは友人であり良きライバルでもある。

また、元世界2階級王者長谷川穂積は兄貴分のような存在であり、よく一緒に合同合宿を行ったり長谷川の自宅に遊びに行くなどしている。

世界初挑戦の後、再挑戦・獲得に至るまでの5か月間に、首周りは基礎練習で1.5cm増強されていた[2]

実弟の竜太も2005年11月に帝拳からプロボクサーとしてデビューしたが、4勝1敗の戦績で2007年に引退した[3] [1]

来歴[編集]

習志野高校時代は史上初の「高校6冠」を達成。同校卒業後、帝拳ジムに入門。

2003年9月6日、プロデビュー。柏原広(ヨネクラ)と対戦し、2回TKO勝ち。

2003年12月6日、佐梁孝志(広島三栄)と対戦し、初回KO勝ち(この試合で粟生は、アマ時代からの連勝が「60」に到達)。

2004年1月31日、ニリョン・ヌーエス(ベネズエラ)と対戦し、3回KO勝ち。

2004年5月1日、北原久己(進光)と対戦し、5RTKO勝ち。

2004年10月2日、佐藤要介(ヨネクラ)と対戦し、8回判定勝ち。

2005年2月5日、羅相賛(韓国フェザー級7位)と対戦し、初回KO勝ち。

2005年4月16日、マリオ・ロドリゲス(メキシコ)と対戦し、6回判定勝ち。この試合後、日本ランク入り(日本フェザー級10位)。

2005年7月2日、元日本ランカーの宮田芳憲(角海老宝石)と対戦。宮田のタフネスに苦しめられたものの、僅差で10回判定勝ちを収めた。

2005年9月25日、文在春(韓国スーパーバンタム級3位)と対戦。初回、いきなり粟生がダウンを奪うも、直後、逆にダウンを奪われる。しかし、最後は再びダウンを奪い、初回TKO勝ち。

2006年1月7日、元WBA中南米スーパーバンタム級王者リチャード・カリーリョ(ベネズエラ)と対戦。通算3度のダウンを奪い、大差の10回判定勝ち。この試合後、世界ランク入り(WBC世界フェザー級23位)

2006年3月25日、オズワルド・フアレス(メキシコ)と対戦し、2回KO勝ち。

2006年6月3日、フランシスコ・ディアンソ(メキシコ)と対戦。相手が繰り出す反則ギリギリの変則ボクシングに苦戦したものの、最大7ポイント差をつける大差で10回判定勝ち(この試合で粟生はアマ時代からの連勝を「70」に伸ばす)。

2006年11月13日、前中米フェザー級王者のカブリエル・ペレスと対戦。初回早々からダウンを奪う等、終始攻勢。6回、レフェリーストップによるTKO勝ちを収めた。この試合後、(世界挑戦権を有する)WBC世界フェザー級15位にランクアップ(なお、JBCの規定(世界ランキング15位以内に入った選手は日本ランクから外れる)により、日本ランキングから外れる)。

2007年3月3日、日本王座初挑戦。梅津宏治ワタナベ)に挑み、10回判定勝ち。日本フェザー級王座獲得に成功。

2007年7月7日、初防衛戦。6位・秋葉慶介(角海老宝石)を10回判定(3-0)に降す。

2007年11月3日、2度目の防衛戦。7位・上野則之(ワタナベ)を10回判定(3-0)に降す。

2008年4月5日、OPBF東洋太平洋フェザー級王者榎洋之(角海老宝石)と対戦。試合は粟生の日本王座、榎のOPBF王座の双方が賭けられるダブルタイトル戦という形で行われた。試合は両者譲らず一進一退の攻防を繰り広げ、フルラウンド(12回)を戦い抜いた。判定の結果、三者全て引き分け(115-115、114-114、114-114)。日本王座3度目の防衛には成功したものの、OPBF王座奪取はならなかった[4]。その後、世界挑戦準備に専念するため、8月に日本王座を返上した。

2008年10月16日、世界初挑戦。国立代々木第一体育館でWBC世界フェザー級王者オスカー・ラリオスメキシコ)に挑む。序盤から攻勢を仕掛け、4回にはダウンも奪ったが、後半以降、アウトボクシングに切り替えた王者を攻略できず、1-2の判定負け。惜しくも世界王座奪取ならず。プロ初黒星と共にアマチュア時代からの連勝も止まった。しかし、この試合での善戦が大いに評価され、世界ランクは上昇(9位→3位)。

2009年3月12日、世界再挑戦。後楽園ホールでラリオスに再び挑む。WBCでは「より多くの選手に世界挑戦の機会を与える」という意向から、世界戦における直近の再戦(通称「ダイレクトリマッチ」)を原則認めていないが、前戦での健闘が評価され特別に許可された。試合は序盤から挑戦者が優位に試合を進め、最終12回にはダウンも奪う。KO勝ちこそならなかったものの、3-0(119-107、118-109、116-111)の判定勝ちを収め王者に雪辱。念願の世界王座獲得に成功。帝拳ジムから通算5人目の世界王者誕生となり、日本人4人目の世界フェザー級王者となった。

2009年7月14日、世界王座初防衛戦。後楽園ホールで1位エリオ・ロハスドミニカ共和国)を挑戦者に迎えての指名試合であったが、ロハスの老獪なテクニックの前にポイントを奪われる。また、強引なカウンター狙いもかわされて結局12回判定負け(0-3)[5]。 4か月で世界王座から陥落した。

2009年12月18日、神戸ワールド記念ホールでフェイデル・ビロリア(コロンビア)を相手に再起戦を行い、10回判定勝ち(3-0)を収めた[6]。世界2階級制覇を目指し、この試合からスーパーフェザー級に転向。なお、この日は同じ会場で粟生が兄貴分と慕い、よく一緒に合同練習を行うWBC世界バンタム級王者長谷川穂積が10度目の防衛戦を行い、4回TKO勝ちで防衛に成功。

2010年4月30日、日本武道館でワイベル・ガルシア(パナマ)を相手にノンタイトル戦を行い、4回にダウンを奪った末の8回TKO勝ち[7]。なお、この日は同じ会場でジムの先輩西岡利晃(WBC世界スーパーバンタム級王者)と「兄貴分」長谷川穂積(WBC世界バンタム級王者)がそれぞれ防衛戦を行い、西岡は5回TKO勝ちで4度目の防衛に成功。一方、長谷川は4回TKO負けで11度目の防衛に失敗した。

2010年11月26日、スーパーフェザー級での世界挑戦。名古屋日本ガイシホールでWBC世界同級王者ビタリ・タイベルトドイツ)に挑む。3回、左カウンターでアマ・プロ通じてダウン経験のなかった王者から初のダウンを奪う。その後も優位に試合を進め、3-0の判定勝ち。日本人7人目となる世界2階級制覇に成功した[8]。 なお、この日は同じ会場で「兄貴分」長谷川穂積もWBC世界フェザー級王座決定戦を行い、12回判定勝ちで2階級制覇に成功。兄弟分2人揃っての快挙達成となった。

2011年4月8日、神戸ワールド記念ホール[9]にて元WBC世界同級暫定王者で同級3位のウンベルト・グティエレス(メキシコ)と対戦。4回、右ボディブローを挑戦者のみぞおちに叩き込みダウン。そのまま10カウントを聞かせ、フェザー級では果たせなかった世界王座初防衛に成功した[10]。なお、この日は同じ会場でジムの先輩西岡利晃と兄貴分・長谷川穂積もそれぞれ防衛戦を行い、西岡は9回KO勝ちでWBC世界スーパーバンタム級王座6度目の防衛に成功。一方の長谷川は4回TKO負けでWBC世界フェザー級王座初防衛に失敗した。

2011年11月6日、国立代々木第二体育館にて同級9位のデビス・ボスキエロ(イタリア)と対戦。30戦無敗の挑戦者相手に精彩を欠き大苦戦を強いられるも、2-1で辛くも判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[11]

2012年4月6日、東京国際フォーラムにて同級1位のターサク・ゴーキャットジムタイ)と対戦。序盤こそ互角の展開だったが、中盤以降は完全に試合を支配。KOこそならなかったものの、3-0の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した[12]。尚、当日は自身の28度目の誕生日もあった。

2012年10月27日、東京国際フォーラムにて同級4位のガマリエル・ディアス(メキシコ)と4度目の防衛戦を行ったが、序盤からペースを握られた上に自身初のカットをするなどし、0-3の判定負けで4度目の防衛に失敗し王座から陥落した[13]

2013年7月13日、カリフォルニア州イングルウッドにて元WBOラテン暫定ライト級王者ハーディ・パレデス(チリ)と再起戦を行い、2回2分51秒KO勝ちを収め再起に成功した[14]

2013年11月10日、両国国技館にてエドガー・ロメリ(メキシコ)とライト級10回戦を行い、1回3分3秒KO勝ちを収めた。

2014年7月13日、大阪城ホールにてマルコ・アントニオ・ロペス(メキシコ)と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[15]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:79戦76勝 (27KO・RSC) 3敗
  • プロボクシング:30戦26勝 (12KO) 3敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2003年9月6日 2R 0:49 TKO 柏原広 (ヨネクラ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2003年12月6日 1R 2:26 KO 佐梁孝志 (広島三栄) 日本の旗 日本
3 2004年1月31日 3R 1:23 KO ニリョン・ヌーエス ベネズエラの旗 ベネズエラ
4 2004年5月1日 5R 2:22 TKO 北原久己 (進光) 日本の旗 日本
5 2004年10月2日 8R 判定3-0 佐藤要介 (ヨネクラ) 日本の旗 日本
6 2005年2月5日 1R 3:07 KO 羅相賛 韓国の旗 韓国
7 2005年4月16日 6R 判定3-0 マリオ・ロドリゲス メキシコの旗 メキシコ
8 2005年7月2日 10R 判定3-0 宮田芳憲 (角海老宝石) 日本の旗 日本
9 2005年9月25日 1R 2:54 TKO 文在春 韓国の旗 韓国
10 2006年1月7日 10R 判定3-0 リチャード・カリーリョ ベネズエラの旗 ベネズエラ
11 2006年3月25日 2R 2:14 KO オズワルド・フアレス メキシコの旗 メキシコ
12 2006年6月3日 10R 判定3-0 フランシスコ・ディアンソ メキシコの旗 メキシコ
13 2006年11月13日 6R 1:27 TKO カブリエル・ペレス メキシコの旗 メキシコ
14 2007年3月3日 10R 判定3-0 梅津宏治 (ワタナベ) 日本の旗 日本 日本フェザー級タイトルマッチ
15 2007年7月7日 10R 判定3-0 秋葉慶介 (角海老宝石) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
16 2007年11月3日 10R 判定3-0 上野則之 (ワタナベ) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
17 2008年4月5日 12R 判定0-0 榎洋之 (角海老宝石) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋フェザー級王座との統一戦。

日本王座防衛3/OPBF王座獲得失敗

18 2008年10月16日 12R 判定1-2 オスカー・ラリオス メキシコの旗 メキシコ WBC世界フェザー級タイトルマッチ
19 2009年3月12日 12R 判定3-0 オスカー・ラリオス メキシコの旗 メキシコ WBC世界フェザー級タイトルマッチ
20 2009年7月14日 12R 判定0-3 エリオ・ロハス ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 WBC王座陥落
21 2009年12月18日 10R 判定3-0 フェイデル・ビロリア コロンビアの旗 コロンビア
22 2010年4月30日 8R 1:48 TKO ワイベル・ガルシア パナマの旗 パナマ
23 2010年11月26日 12R 判定3-0 ビタリ・タイベルト ドイツの旗 ドイツ WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
24 2011年4月8日 4R 1:06 KO ウンベルト・グティエレス メキシコの旗 メキシコ WBC防衛1
25 2011年11月6日 12R 判定2-1 デビス・ボスキエロ イタリアの旗 イタリア WBC防衛2
26 2012年4月6日 12R 判定3-0 ターサク・ゴーキャットジム タイの旗 タイ WBC防衛3
27 2012年10月27日 12R 判定0-3 ガマリエル・ディアス メキシコの旗 メキシコ WBC王座陥落
28 2013年7月13日 2R 2:51 KO ハーディ・パレデス チリの旗 チリ 再起戦
29 2013年11月10日 1R 3:03 KO エドガー・ロメリ メキシコの旗 メキシコ
30 2014年4月23日 10R 判定3-0 マルコ・アントニオ・ロペス メキシコの旗 メキシコ

獲得タイトル[編集]

アマチュア[編集]

  • 高校選抜バンタム級優勝(高校1年時)
  • 高校総体バンタム級優勝(高校2年時)
  • 国体バンタム級優勝(高校2年時)
  • 選抜大会フェザー級優勝(高校2年時)
  • 高校総体フェザー級優勝(高校3年時)
  • 国体フェザー級優勝(高校3年時)

プロ[編集]

  • 第54代日本フェザー級王座(防衛3=返上)
  • 第40代WBC世界フェザー級王座(防衛0=陥落)
  • 第31代WBC世界スーパーフェザー級王座(防衛3=陥落)

表彰[編集]

  • 東日本ボクシング協会認定2007年3月度月間MVP
  • 第28回チャンピオン・カーニバル技能賞
  • 東日本ボクシング協会認定2007年11月度月間MVP
  • WBC 2009年4月度月間優秀選手 (Honorary Mention)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 粟生隆寛 nikkansports.com
  2. ^ 粟生1.5センチ首太! 打たれても大丈夫 日刊スポーツ 2009年3月10日閲覧
  3. ^ “元ボクサー「刑事になる」”. 読売新聞千葉版. (2010年8月15日). オリジナル2010年8月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100816163224/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20100814-OYT8T00906.htm 2012年3月10日閲覧。 
  4. ^ 榎と粟生戦は引き分け/ボクシング 日刊スポーツ 2008年4月6日
  5. ^ 粟生落城……ロハスに判定負け WBC世界フェザー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月15日
  6. ^ 前王者粟生は大差判定で再起戦飾る ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月19日
  7. ^ 粟生がTKOで前哨戦飾る/ボクシング 日刊スポーツ 2010年4月30日
  8. ^ 粟生2階級制覇! タイベルトを撃破 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月27日
  9. ^ 当初、両国国技館が予定されていたが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で会場変更となった。
  10. ^ 粟生強烈ボディーKO初防衛/ボクシング 日刊スポーツ 2011年4月8日
  11. ^ 粟生からくも2-1判定防衛 WBC世界S・フェザー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年11月7日
  12. ^ 粟生天才改めがむしゃらV3/ボクシング 日刊スポーツ 2012年4月7日
  13. ^ 粟生が王座陥落 ディアスに判定負け ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月27日
  14. ^ 粟生、鮮やか2ラウンドKO勝ちで再起 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月14日
  15. ^ 粟生、メキシカンに3-0判定勝ち「狙いすぎた…」 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
梅津宏治
第54代日本フェザー級王者

2007年3月3日 - 2008年8月12日(返上)

空位
次タイトル獲得者
松田直樹
前王者
オスカー・ラリオス
第40代WBC世界フェザー級王者

2009年3月12日 - 2009年7月14日

次王者
エリオ・ロハス
前王者
ビタリ・タイベルト
第31代WBC世界スーパーフェザー級王者

2010年11月26日 - 2012年10月27日

次王者
ガマリエル・ディアス