工藤政志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
工藤 政志
基本情報
本名 工藤 政志
階級 ジュニアミドル級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1951年8月24日(62歳)
出身地 秋田県南秋田郡五城目町
スタイル ボクサータイプ
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 23
KO勝ち 12
敗け 1
テンプレートを表示

工藤 政志(くどう まさし、1951年8月24日 - )は、日本プロボクサー。身長178cm。1975年から1978年日本ミドル級王者を8度防衛した後、1978年から1979年にかけてWBA世界ジュニアミドル級王者となり、3度の防衛に成功した。レスリング出身でインターハイ3位という成績を持ち、ミュンヘンオリンピックの代表から外れたためにプロボクシングに転向したという経歴を持つ[1]

来歴[編集]

プロデビュー以前[編集]

1951年、秋田県南秋田郡五城目町に生まれる。小学2年生の時に父を亡くした工藤は、新聞配達などで家計を助けた[1]。五城目町はレスリングが盛んで、工藤も進学先の秋田県立五城目高等学校ではレスリング部に所属、インターハイ65kg級3位入賞などの成績を残す[1]。 高校卒業後もレスリングを続けるため自衛隊体育学校に入学するも、1972年にミュンヘンオリンピックの代表選考から漏れ、ボクシングへ転向する[1]。この転向には、同じ自衛隊体育学校で、ボクシングのミュンヘンオリンピックの代表となった小林和男(後のロイヤル小林)の影響があった[1]。転向後の全日本社会人選手権で優勝した工藤は、翌1973年に熊谷ジムからプロデビューを果たした[1]

プロデビュー後[編集]

1974年2月20日、全日本ミドル級新人王決定戦。西軍代表松下喜和に不戦勝で第20回全日本ミドル級新人王を獲得。同年7月29日、ノンタイトル10回戦でカシアス内藤に判定勝ち。

1975年3月2日、日本ミドル級王座獲得。以後8度防衛[1]

1978年8月9日、秋田市立体育館でWBA世界ジュニアミドル級王座に挑戦。王者、エディ・ガソニカラグア)を15回判定で降し王座に着いた。この試合までに日本人の世界王座挑戦は16戦連続で失敗しており、この連敗を止めたことが評価された工藤はこの年のライターズクラブ殊勲賞を受賞。さらに、前年まで世界ランク外であった工藤の勝利は高く評価され、リングマガジン誌においてリングマガジン プログレス・オブ・ザ・イヤーの第2位となった[1]

同年12月13日には大阪府立体育会館韓国朱虎に2-1の判定勝利、翌1979年3月14日には蔵前国技館でマヌエル・ゴンザレスに2-0の判定勝利で2度目の防衛に成功した。同年6月20日、四日市市体育館で行われた3度目の防衛戦でゴンザレスと再戦し、12回KOで降してデビュー以来23連勝を達成[1]

1979年10月24日、秋田県立体育館で世界王座4度目の防衛戦。アユブ・カルレウガンダ)に15回判定で敗れ王座陥落。現役引退[1]。オーソドックスなボクサータイプの選手で、派手さは無かったが忍耐強いボクサーであった[1]

引退後は妻の郷里である茨城県に移り、ボクシングジムを開設。後進の指導にあたった[1]

獲得タイトル[編集]

  • 第28代日本ミドル級王者(8度防衛)
  • 第17代WBA世界ジュニアミドル級王者(3度防衛)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 千葉雄『秋田のプロボクサー』(秋田魁新報社、2002年、ISBN 4870202174

外部リンク[編集]

前王者
エディ・ガソ
第17代WBA世界スーパーウェルター級王者

1978年8月9日 - 1979年10月24日

次王者
アユブ・カルレ