ミュンヘンオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュンヘンオリンピック
第20回オリンピック競技大会
Games of the XX Olympiad
Olympiastadion 1.jpg
開催都市 西ドイツの旗 西ドイツ ミュンヘン
参加国・地域数 121
参加人数 7,170人(男子6,075人、女子1,059人)
競技種目数 21競技195種目
開会式 1972年8月26日
閉会式 1972年9月11日
開会宣言 グスタフ・ハイネマン大統領
選手宣誓 ヘーディ・スチュラー
審判宣誓 ヘインズ・ポラー
最終聖火ランナー ギューター・ザン
主競技場 ミュンヘン・オリンピアシュタディオン
テンプレートを表示
ミュンヘンオリンピック会場

ミュンヘンオリンピックは、1972年8月26日から9月11日まで、西ドイツ(現・ドイツ)のミュンヘンで行われた夏季オリンピック。オリンピック史上最悪の悲劇と言われるミュンヘンオリンピック事件が発生したことで知られていた。

大会開催までの経緯[編集]

ミュンヘンオリンピックの開催は1966年4月26日イタリアローマで開かれた第64回国際オリンピック委員会総会で決定された。

1972年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目
ミュンヘン 西ドイツの旗 西ドイツ 29 31
マドリード スペインの旗 スペイン 16 16
モントリオール カナダの旗 カナダ 6 13
デトロイト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 6 -

大会マスコット[編集]

マスコットは、ダックスフントがモチーフになったバルディー。夏季オリンピック大会に登場した最初の大会マスコットである。

ハイライト[編集]

ドイツでの開催は、ベルリン1936年に一度開催され、それ以来2回目となるが、第一次世界大戦により開催取りやめとなった1916年の大会も回次が残る(「みなし開催扱い」)ため、公式上は3回目となる。しかしマスメディアにおける報道では現実に行われた開催から考える面から考慮されるためドイツ2回目の五輪として報道されるのが殆どである。

この大会から、柔道ハンドボールが正式種目として復活した。

開会式に、選手宣誓だけでなく審判宣誓も行うようになったのも、この大会からである。

日本男子体操が最も強さを誇った大会でもある。全8種目24個のメダルのうち、16個を日本が獲得。団体では、1960年ローマ・1964年東京・1968年メキシコに続いて4連覇。個人総合と鉄棒と平行棒では金銀銅メダル独占。鉄棒金メダルの塚原光男が開発した「月面宙返り」が、以後世界の体操界で長年使用される革命的な技となる。

日本男子バレーボールは大会前から日本国内の話題をさらい、テレビ番組「ミュンヘンへの道」なども放送されていた。準決勝の対ブルガリア戦でセットカウント0-2からの奇跡の逆転劇を演じ、金メダルを獲得。

水泳マーク・スピッツアメリカ)が出場した全種目(自由形100m・200m、バタフライ100m・200m、リレー400m・800m、メドレー400m)において全て世界記録で優勝し、7個の金メダルを獲得。北京オリンピックマイケル・フェルプスが8個の金メダルを獲得するまでは1大会での最多金メダル記録だった。

男子バスケットボール決勝(アメリカ対ソ連)では、この種目の採用以来無敗を誇ったアメリカが終了間際に逆転され初めて敗れる波乱。ソ連が逆転に成功した、試合時間残り3秒からのプレイの中断と再開及びそのやり直し(タイムを戻してのリプレイ)という一連の処置を不服としたアメリカチームは、表彰式の出場と銀メダルの受取を拒否した。

ミュンヘンオリンピック事件[編集]

会期中の9月5日パレスチナゲリラが選手村のイスラエル選手宿舎を襲撃。イスラエル選手団のレスリングコーチとウエイトリフティングの選手を殺害した後、9人を人質にした。救出は失敗し、銃撃戦の末、人質9人全員とゲリラ5人、警官1人が死亡する大惨事となった。

主な競技会場[編集]

  • オリンピアパーク
    • オリンピアシュタディオン
    • オリンピアハレ
    • ボクスハレ
    • ラッドシュタディオン
    • ホッケーアンラウンジ
    • バレーボールハレ
    • シュウィムハレ
  • グレーター・ミュンヘン地区
    • Regattastrecke
    • バスケットボールハレ(現・アウディ・ドーム
    • メッセージランデ
    • アーバン・スタジアム
    • ヤーンシュタディオン
    • Drei Flüsse Stadion
    • ESVシュタディオン

実施競技と日程表[編集]

競技名 / 日付 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
開会式/閉会式
陸上競技
ボート
バスケットボール
ボクシング
カヌー
自転車競技
フェンシング
サッカー
体操
ウエイトリフティング
ハンドボール
ホッケー
柔道
レスリング
競泳
飛び込み
水球
近代五種
馬術
射撃
アーチェリー
バレーボール
ヨット
水上スキー
バドミントン

註.バドミントンと水上スキーは公開競技

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 50 27 22 99
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 33 31 30 94
3 東ドイツ 東ドイツ 20 23 23 66
4 西ドイツ 西ドイツ(開催国) 13 11 16 40
5 日本 日本 13 8 8 29
6 オーストラリア オーストラリア 8 7 2 17
7 ポーランド ポーランド 7 5 9 21
8 ハンガリー ハンガリー 6 13 16 35
9 ブルガリア ブルガリア 6 10 5 21
10 イタリア イタリア 5 3 10 18

主なメダリスト[編集]

冬季オリンピック招致へ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]