大熊正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大熊 正二
Canto Ko.JPG
ミゲル・カントと対戦した当時の小熊正二
基本情報
本名 小熊 正二(おぐま しょうじ)
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1951年7月22日(62歳)
出身地 福島県郡山市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 49
勝ち 38
KO勝ち 20
敗け 10
引き分け 1
テンプレートを表示

大熊 正二(おぐま しょうじ、男性、1951年7月22日 - )は、日本の元プロボクサーWBC世界フライ級王者。本名および旧リングネーム小熊 正二(読みは同じ)。郡山西工業高校卒業。左ボクサータイプ(コンバーテッドサウスポー)。新日本木村ボクシングジム所属。引退後は埼玉県川越市廃棄物処理カラオケボックス経営を経て、小熊ボクシングスポーツジムを経営している。

最初の世界タイトル獲得時は、柴田国明ガッツ石松輪島功一の全盛期で、二度目のタイトル奪取時は具志堅用高が連続防衛記録を伸ばしていた時期で、当時の日本人世界王者と比較すると地味な印象だったが、コツコツと実績を積み上げて王座に返り咲いた。世界挑戦8回、世界戦13回の記録を持つ。敗戦こそ多いが、最初の世界挑戦から引退まで8年間の長きに渡り世界トップクラスに名を連ね続けた。また、1980年の朴賛希韓国)との世界戦は、反日感情の根強かった当時の韓国で、武装警官が厳戒態勢を敷く敵地でKO勝ちで王座を奪った。

戦績[編集]

  • 1970年12月26日 - 本名の小熊 正二でプロデビュー[1]
  • 1974年10月1日 - 出身地の郡山総合体育館でWBC世界フライ級王者ベツリオ・ゴンザレスベネズエラ)とノンタイトル戦で対戦。10回僅差の判定で敗れるが、この試合が評価され、ゴンザレスの王座への挑戦が決まる。
  • 1974年10月1日 - 日大講堂でWBC世界フライ級王座に初挑戦。王者ベツリオ・ゴンザレスに15回判定で勝ち王座獲得。
  • 1975年1月8日 - 世界王座初防衛戦。ミゲル・カントメキシコ)に15回判定で敗れ王座陥落。
  • 1976年4月21日 - WBA世界王座に挑戦。王者アルフォンソ・ロペスパナマ)に15回判定負け。
  • 1976年12月14日 - ノンタイトル10回戦で、日本1位触沢公男(東洋)に番狂わせの8回KO負け。
  • 1977年2月15日 - 韓国ジュニアフライ級王者(後、WBC世界ジュニアフライ級王者)、金性俊韓国)に10回判定勝ちし再起。
  • 1978年1月4日 - WBC世界王座に挑戦。王者カントとの再戦に15回判定負け。
  • 1978年4月18日 - WBC世界王者カントに2度目の挑戦。15回判定負け。その後、「スモールからビッグへ」という意味を込め、大熊 正二に改名した。
  • 1979年1月29日 - WBA世界王座に挑戦。1974年に王座を奪った相手ゴンザレスと再戦。15回引き分け。
  • 1979年7月6日 - WBA世界王者ゴンザレスに2度目の挑戦。12回KO負け。
  • 1980年5月18日 - 戒厳令下の敵地ソウルで、WBC世界王座に挑戦。王者、朴賛希韓国)に9回KO勝ちし5年ぶりに王座返咲きを果たした。以後3度防衛。
  • 1981年5月12日 - WBC世界王座4度目の防衛戦。アントニオ・アベラル(メキシコ)に7回KO負けし王座陥落。
  • 1982年3月24日 - 後の世界バンタム級王者、朴讃栄韓国)に10回判定勝ち。
  • 1982年11月11日 - 浜松市体育館でWBA世界スーパーフライ級王座に挑戦。王者渡辺二郎に12回TKO負け。引退

引退後の1990年夏、レパード玉熊の臨時コーチに就任し世界王座に導いた。

獲得タイトル[編集]

  • 第13代WBC世界フライ級王座(防衛0度)
  • 第16代WBC世界フライ級王座(防衛3度)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ベツリオ・ゴンザレス
第13代WBC世界フライ級王者

1974年10月1日 - 1975年1月8日

次王者
ミゲル・カント
前王者
朴賛希
第16代WBC世界フライ級王者

1980年5月18日 - 1981年5月12日

次王者
アントニオ・アベラル