越本隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
越本 隆志
基本情報
本名 越本 隆志
通称 玄海のリュウ
階級 フェザー級
身長 177cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1971年1月5日(43歳)
出身地 福岡県福岡市
スタイル コンバーテッドサウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 43
勝ち 39
KO勝ち 17
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

越本 隆志(こしもと たかし、1971年1月5日 - )は、日本の元プロボクサー福岡県福岡市出身。元WBC世界フェザー級王者。現在は選手時代に所属し、師でもある実父・英武が創設したFukuokaジム(旧・福間スポーツジム)の会長職を引き継いでいる。愛称は玄海のリュウ。日本人男子最年長となる35歳での世界王座奪取を成し遂げた(女子を含めた最年長記録は2011年に藤岡奈穂子に更新され、2014年現在は池山直)。九州産業大学付属九州高等学校卒業。宗像青年会議所会員。

経歴[編集]

生後間もなく両親が離婚。以来、元プロボクサーである父親・英武の男手一つで育てられる。

中学時代は野球部に所属していたが、3年時に英武がFukuokaジムの前身である「福間スポーツジム」を開設。これを機に、父との二人三脚でプロボクサーを目指し始める。高校時代はアマで12戦を行ない、6勝6敗。

1992年11月3日、プロデビュー(初回KO勝ち)。

1994年2月13日、全日本新人王決定戦にフェザー級西軍代表として出場。東軍代表の木内信弥を6回判定に降し、新人王獲得。

1996年11月4日、日本王座初挑戦。玉置厚司と空位の日本フェザー級王座を争い、8回TKO勝ち。無敗の日本王者となった。その後、6度の防衛に成功し、1999年12月13日、世界挑戦決定を機に王座返上。

2000年1月30日、26戦目で世界初挑戦。福岡国際センターにおいてWBA世界フェザー級王者フレディ・ノーウッド米国)に挑むが、9回TKO負けで世界王座獲得ならず、プロ初黒星を喫した。

2001年9月30日、東洋太平洋王座挑戦。ドニー・スラチン(インドネシア)と空位のOPBF東洋太平洋フェザー級王座を争い、12回判定勝ち。王座奪取に成功する。その後、7度の防衛に成功し、2005年11月、世界再挑戦決定を機に王座返上。

2006年1月29日、6年ぶりの世界再挑戦。九電記念体育館においてWBC世界フェザー級王者池仁珍韓国)に挑む。フルラウンドの激闘の末、2-1の判定勝ち。42戦目にして悲願の世界王者となった。日本人最年長となる35歳での世界王座奪取(これまでは輪島功一の32歳9か月が最年長だった)、フェザー級では柴田国明以来34年ぶりの日本人世界王者誕生、さらには九州のジムから初、そして西部日本協会加盟ジムから平仲明信以来2人目の世界王者誕生という記録尽くめの王座奪取となった。

2006年7月30日、初防衛戦。マリンメッセ福岡でWBCユース王者ルディ・ロペスメキシコ)と対戦したが、7回TKO負け。半年で世界王座を手放し、この試合を最後に引退。通算戦績は43戦39勝(17KO)2敗2分。

引退後、父親からFukuokaジム会長の座を譲り受けている(父親はプロモーターならびに名誉会長として引き続きジムの運営に携わっている)。

政治にも挑戦した。2011年4月10日投開票の統一地方選挙福岡県議会議員選挙に政権与党の民主党公認で立候補した。選挙区は地元福津市選挙区であり、野党に転落した自民現職議員に挑む、民・自両党の一騎打ちとなった。しかし、民主・越本は約3千票差で敗退した[1]

獲得タイトル[編集]

  • 西日本フェザー級新人王
  • 全日本フェザー級新人王
  • 第46代日本フェザー級王座
  • 第36代OPBF東洋太平洋フェザー級王座
  • 第34代WBC世界フェザー級王座

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
池仁珍
第34代WBC世界フェザー級王者

2006年1月29日 - 2006年7月30日

次王者
ルディ・ロペス