山中慎介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山中 慎介
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 山中 慎介
通称 ゴッドレフト(神の左)
階級 バンタム級
身長 171cm[1]
リーチ 173cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1982年10月11日(31歳)
出身地 滋賀県湖南市
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 21
KO勝ち 16
敗け 0
引き分け 2
テンプレートを表示

山中 慎介(やまなか しんすけ、1982年10月11日 - )は、日本プロボクサー滋賀県湖南市(旧甲賀郡甲西町[2]出身。現WBC世界バンタム級王者。 南京都高校専修大学商学部卒。帝拳ボクシングジム所属。

人物[編集]

アマチュア[編集]

小中学校時代は野球をしていたが、辰吉丈一郎に憧れ、南京都高校入学後にボクシングを始める。高校時代には同学年だった李冽理(後のWBA世界スーパーバンタム級王者)と公式戦での対戦経験の他、2000年とやま国体では、決勝で当時習志野高1年生の粟生隆寛(後のWBC世界スーパーフェザー級王者、同フェザー級王者)を降しての少年フェザー級での優勝経験がある。他にインターハイ2位の経歴も持っている。当初はオーソドックスであったが、顧問の指導によりサウスポーになった[3][4]

専修大学進学後はボクシング部の主将を務めた。自身は大学卒業と同時にグローブを吊るして競技を辞めるつもりでいたが、大学4年生時の国体で不本意な成績に終わったことからプロ入りを決意[5]。粟生が所属する帝拳ボクシングジムへ入門する。

プロ[編集]

2006年1月7日、東京都文京区後楽園ホールでの高橋仁(角海老宝石)戦でプロデビュー。デビュー戦は6回判定勝ち。以後、引き分けを挟んで13戦11勝と好成績を挙げる。

2010年6月20日、大阪府大阪市住吉区の住吉区民センターにて、初防衛戦となる日本バンタム級王者安田幹男六島)に挑戦し、7回TKOで安田を下して王座を獲得[6]

2011年3月5日、ノンタイトル戦を1戦挟み、岩佐亮佑セレス)を相手に初防衛戦に臨み、10回TKOで降して日本王座初防衛に成功した[7]

2011年11月6日、17戦目で世界初挑戦。東京都渋谷区国立代々木競技場第二体育館で元WBC世界バンタム級シルバー王者でランキング2位クリスチャン・エスキベル(メキシコ)とWBC世界バンタム級王座決定戦を争う。この試合は当初、既に、指名挑戦者決定戦が行われエスキベルが指名挑戦者であったが、再度、同級次期挑戦者決定戦として開催される予定だった。しかしWBCの規定では、指名試合ではなく、選択試合で新王者となった者は前王者の指名期限を継承すると定められており、同級王者のノニト・ドネアフィリピン)が王座獲得後、9ヶ月経過しても指名試合を行っていないという理由で、山中の試合が行われる前に、王者を剥奪され、試合2日前になって急遽、王座決定戦に変更となった[8]。 そして試合は中盤に両者ダウンを奪い合う一進一退の攻防から主導権を奪うと第11ラウンドに猛攻を仕掛け、1分28秒TKO勝ち。無敗のまま世界王座獲得に成功した[9]。この試合では、ジムの先輩でリング禍により死去した辻昌建の名前を刺繍したトランクスで挑んだ[4]。また日本国内のボクシングジム所属の男子現役世界王者は日本ボクシング史上最多の8人になった。

決定戦で新王者となった山中は、WBC規定によりWBC同級1位でシルバー王者でIBF王者でもあるアブネル・マレスとの対戦義務を負う為、WBC・IBF王座統一戦の可能性を本田明彦氏が示唆したが[10]、マレスがスーパーバンタム級に転向するなど山中慎介対アブネル・マレスは実現しなかった。

2012年4月6日、東京国際フォーラムにおいて同級4位で元世界2階級制覇王者ビック・ダルチニアンオーストラリア)を相手に選択試合での初防衛戦。5回に左のクロスカウンターで右目上をカットさせ、10回に右でぐらつかせるなど、インファイトで挑んでくるダルチニアンをアウトボクシングで翻弄し、「9」まで伸びていた連続KOこそ止まったものの、12回3-0(117-111、116-112が2者)の判定勝ちで初防衛に成功した[11][12]

2012年11月3日、宮城県仙台市ゼビオアリーナ仙台にて同級7位で元WBC世界スーパーフライ級王者トマス・ロハス(メキシコ)との2度目の防衛戦。強烈な左ストレートが決まり、7回36秒KO勝ちで2度目の防衛に成功した[13]

2013年4月8日、東京・両国国技館にて同級1位で元WBC世界フライ級王者マルコム・ツニャカオフィリピン)と3度目の防衛戦。3度のダウンを奪い12回1分57秒TKO勝ちで3度目の防衛に成功した[14]

2013年8月12日、東京・大田区総合体育館にて同級7位でWBOラテンアメリカバンタム級王者ホセ・ニエベス(プエルトリコ)と4度目の防衛戦。山中の左ストレートがニエベスの顔面に炸裂しダウンを奪い、そのまま試合終了。1回2分40秒KO勝ちを収め4度目の防衛に成功した[15][16]。KOがあまりにも早すぎてしまい、中継した日本テレビが行うはずだったTwitterジャッジが不成立となる事態となった。

2013年11月10日、両国国技館にて同級8位でWBCインターナショナルバンタム級シルバー王者でWBC世界ライトフライ級シルバー王者ペドロ・ゲバラの弟アルベルト・ゲバラ(メキシコ)と5度目の防衛戦。なお、この試合は前戦から約3ヵ月後に行われたが、山中に残ったダメージが軽微であったために行うことが出来た。8回に左ストレートでダウンを奪うと、連打を入れてこの回2度目のダウンを与え、さらに9回もダウンを奪い9回25秒KO勝ちを収め5度目の防衛に成功した[17]

2013年12月19日、WOWOWエキサイトマッチの収録にて、WBC世界スーパーバンタム級王者レオ・サンタ・クルスとの対戦を希望していると発言。ボクシングファンにラスベガスでのビッグマッチを期待されている[18]

2014年4月23日、大阪府大阪市中央区大阪城ホールにてWBC世界バンタム級3位で元EBUヨーロッパバンタム級王者のシュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)と6度目の防衛戦。2回に1回、8回に2回のダウンを奪い、9回11秒TKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した[19]

戦績[編集]

  • アマチュア:47戦34勝(10KO・RSC)13敗
  • プロ:23戦21勝(16KO)0敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年1月7日 6R 判定 3-0 高橋仁(角海老宝石 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2006年8月23日 5R 判定 1-1 横枕敬治(フラッシュ赤羽) 日本の旗 日本
3 2006年12月16日 2R 0:41 TKO 佐藤祐太(横浜光 日本の旗 日本
4 2007年4月7日 2R 2:34 TKO 佐藤武夫(グリーンツダ 日本の旗 日本
5 2007年8月29日 6R 判定 2-1 小阿洋一(グリーンツダ) 日本の旗 日本
6 2007年10月31日 8R 判定 2-0 白石豊土協栄 日本の旗 日本
7 2008年4月22日 8R 判定 1-1 山口憲一(ワタナベ 日本の旗 日本
8 2008年10月4日 8R 判定 3-0 サラゴサ上間(沖縄ワールドリング 日本の旗 日本
9 2009年1月17日 7R 2:54 TKO 船井龍一(ワタナベ) 日本の旗 日本
10 2009年3月21日 3R 1:39 TKO ワンパデット・シットサイソン タイ王国の旗 タイ
11 2009年7月4日 1R 2:17 TKO 村田匡教(塚原京都) 日本の旗 日本
12 2009年11月7日 1R 2:02 TKO 上谷雄太(井岡 日本の旗 日本
13 2010年3月6日 1R 1:44 KO 森本一春(江坂) 日本の旗 日本
14 2010年6月20日 7R 0:50 TKO 安田幹男六島 日本の旗 日本 日本バンタム級タイトルマッチ 王座獲得
15 2010年10月24日 9R終了 TKO ホセ・シルベイラ メキシコの旗 メキシコ
16 2011年3月5日 10R 1:28 TKO 岩佐亮佑セレス 日本の旗 日本 日本王座防衛1→返上
17 2011年11月6日 11R 1:28 TKO クリスチャン・エスキベル メキシコの旗 メキシコ WBC世界バンタム級王座決定戦 王座獲得
18 2012年4月6日 12R 判定 3-0 ビック・ダルチニアン オーストラリアの旗 オーストラリア WBC王座防衛1
19 2012年11月3日 7R 0:36 TKO トマス・ロハス メキシコの旗 メキシコ WBC王座防衛2
20 2013年4月8日 12R 1:57 TKO マルコム・ツニャカオ真正 フィリピンの旗 フィリピン WBC王座防衛3
21 2013年8月12日 1R 2:40 KO ホセ・ニエベス プエルトリコの旗 プエルトリコ WBC王座防衛4
22 2013年11月10日 9R 0:25 KO アルベルト・ゲバラ メキシコの旗 メキシコ WBC王座防衛5
23 2014年4月23日 9R 0:11 TKO シュテファーヌ・ジャモエ ベルギーの旗 ベルギー WBC王座防衛6

獲得タイトル[編集]

  • 第65代日本バンタム級王座(防衛1=返上)
  • 第29代WBC世界バンタム級王座(防衛6)

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 仙台ダブル世界戦予備検診 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月31日
  2. ^ 湖南市 まちのわだい 2010年7月 湖南市ホームページ
  3. ^ 中日スポーツ 2011年11月7日[リンク切れ]
  4. ^ a b “西岡2世”山中9連続KOで新王者!…WBC世界バンタム級”. スポーツ報知大阪版 (2011年12月21日). 2011年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月8日閲覧。
  5. ^ 専修大学 スポーツニュース 2010年7月21日
  6. ^ 山中、安田倒し新王者 日本バンタム級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年6月21日
  7. ^ 期待以上の好ファイト! 山中、岩佐を最終回TKO撃退 日本バンタム級タイトル戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月5日
  8. ^ 山中「興奮」調印10分前に世界戦に昇格…WBC世界バンタム級戦 スポーツ報知 2011年11月5日閲覧
  9. ^ アクシデント関係なし!山中 11回TKO勝ち 29歳の世界初戴冠 スポニチアネックス 2011年11月6日閲覧
  10. ^ 山中V1戦で統一戦あるぞ/ボクシング 日刊スポーツ 2011年11月7日
  11. ^ しかし、4ラウンドのバッティングで出血し、5Rの肘で傷口が開いたと、ダルチニアン陣営に提訴される後味の悪い試合になった。判定は変更なかったが、後に、4Rのバッティングと5Rの肘うちの証拠写真がWEB上に公開された。
  12. ^ 山中、大差判定で初防衛!元統一王者に完勝…WBC世界バンタム級 スポーツ報知 2012年4月7日閲覧
  13. ^ 山中戦慄KO防衛 五十嵐は僅差V1 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月4日
  14. ^ 山中が最終回TKOでV3達成 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月8日
  15. ^ 【BOX】恐るべし「神の左」!山中、1回KOでV4 スポーツ報知 2013年8月12日
  16. ^ 山中速攻、初回KOで4度目の防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月12日
  17. ^ 山中のゴッドレフト炸裂、9回KOでV5 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月10日
  18. ^ 山中「サンタクルスとやってみたい!」 Boxing News 2013年12月19日
  19. ^ 山中がジャモエに9回TKO勝ち、5連続KO防衛 Boxing News 2014年4月23日
  20. ^ 年間優秀選手決定”. 日本ボクシングコミッション (2012年1月6日). 2012年1月25日閲覧。
  21. ^ 山中がMVP、KO賞の2冠獲得 技能・内山、殊勲・三浦”. Boxing News (2013年1月7日). 2014年3月4日閲覧。
  22. ^ 世界王者に栄誉賞 「子どもたちに勇気」と滋賀・湖南市”. 朝日新聞 (2011年12月5日). 2012年1月25日閲覧。
  23. ^ 滋賀県初のボクシング世界チャンピオン”. 滋賀報知新聞 (2011年12月8日). 2012年1月25日閲覧。
  24. ^ 王者・山中が日本プロスポーツ大賞新人賞”. スポーツ報知大阪版 (2011年12月21日). 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月8日閲覧。
  25. ^ 山中、連続受賞に意欲!「ベガスでKO防衛」…報知プロスポーツ大賞”. スポーツ報知 (2012年12月7日). 2013年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月19日閲覧。
  26. ^ 山中、連続受賞は「誇り」…報知プロスポーツ大賞”. スポーツ報知 (2013年12月12日). 2014年1月8日閲覧。
  27. ^ 山中「米国で勝負」日本プロスポーツ大賞殊勲賞”. スポーツ報知 (2013年12月28日). 2014年1月8日閲覧。
  28. ^ 山中慎介が2冠”. 日刊スポーツ (2013年12月28日). 2014年1月8日閲覧。
  29. ^ 投票結果発表”. JBCオフィシャルサポーターズクラブ (2013年). 2014年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]

前王者
安田幹男
第65代日本バンタム級王者

2010年6月20日 - 2011年9月13日(返上)

空位
次タイトル獲得者
岩佐亮佑
空位
前タイトル保持者
ノニト・ドネア
第29代WBC世界バンタム級王者

2011年11月6日 - 現在

次王者
N/A