六車卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六車 卓也
基本情報
本名 六車 卓也
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1961年1月16日(53歳)
出身地 大阪府大阪市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 26
KO勝ち 20
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

六車 卓也(むぐるま たくや、1961年1月16日 - )は、日本の元プロボクサー大阪府大阪市出身。第41代WBA世界バンタム級チャンピオン。大阪帝拳所属。

人物[編集]

近大附属高校(在学中はラグビーで活躍)、近畿大学理工学部卒業。

大学1年の冬休みに大阪帝拳ジムに入門し、アマチュアボクシング2戦2勝を経てプロボクサーとなった。

後退を知らない積極果敢な攻撃スタイルから、「エンドレス・ファイター」との異名を持った。その名が示す通り、豊富なスタミナと力強いチャージが売り物のアグレッシブなボクサーだった。なお、トランクスには「MUSHA」とプリントされていた。得意の左ストレートは「槍の左」と呼ばれた。

ムシャ(MUSHA)とは高校時代ラグビー部でのあだ名である。またプロボクサー時代の(MUSHA)は武者との意味もある。

現役引退後、現在はスポーツメーカーミズノの社員として数多くのプロボクサーをサポートする。

エンドレスファイターの由来[編集]

当時関西ローカル局ではあるが、一世を風靡していた深夜番組「エンドレスナイト」に出演しエンドレスナイトをあげて六車応援大作戦を展開していたことから、エンドレスファイターと名づけられた。

実際世界戦ではエンドレスナイト製スポーツタオルをトレーナーやスタッフが使用している。

女性ジャッジへの不信感[編集]

世界再挑戦、対ウィルフレド・バスケス戦は終始六車が相手をロープに詰め最終ラウンドまで戦った。誰もが六車の王座再奪取と思っていたが、結果は三者三様の引き分け、このとき唯一バスケスに付けたのが、アメリカの女性ジャッジ、パトリシア・ジャーマン。試合後、「六車は手数とアグレッシブな点では勝っていたが、顔が腫れすぎ。私はボクサーの腫れあがった顔は好きではない、だからバスケスに付けた」とコメントしている。

略歴[編集]

1981年4月9日、プロデビュー(2RKO勝ち)。

1981年12月7日、西日本フェザー級新人王獲得。同時に全日本新人王決定戦への出場権も得る。

1982年2月15日、杉谷満に判定勝で全日本フェザー級新人王獲得。

1983年11月29日、15戦目で日本王座初挑戦。日本スーパーバンタム級王者岩本弘行に挑み、4回終了TKO勝ち。王座獲得に成功する。

日本王座4度防衛後の1985年3月9日、日本王座を保持したままOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者崔然甲韓国)に挑戦したが、12回判定負け(なお、崔とはその後、1986年8月21日にノンタイトル戦で再戦し、2回KO勝ちで雪辱を果たした)。その後、日本王者として防衛回数を7まで伸ばし、1986年12月に王座返上。

1987年3月29日、世界初挑戦。アサエル・モランパナマ)と空位のWBA世界バンタム級王座を争い、5回TKO勝ち。27戦目で世界王者に輝く。

1987年5月24日、初防衛戦。1位の朴讃栄(韓国)と対戦し、11回TKO負け。2ヵ月弱で世界王座を手放す。

1988年1月17日、世界再挑戦。前年10月に朴を降してWBA世界バンタム級王座を獲得したウィルフレド・バスケスプエルトリコ)に挑むが、フルラウンドの激闘の末、三者三様の引き分けで世界王座返り咲きならず(この試合を皮切りに、その後、国内ジム所属選手の世界挑戦連続失敗回数が「21」まで伸びる)。

1988年10月16日、2階級制覇を目指し、WBA世界スーパーバンタム級王者ファン・ホセ・エストラーダメキシコ)に挑むが、11回TKO負けを喫し、この試合を最後に現役引退

関連項目[編集]

前王者
ベルナルド・ピニャンゴ
第41代WBA世界バンタム級王者

1987年3月29日 - 1987年5月24日

次王者
朴讃栄