秋田市立体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋田市立体育館
秋田市立体育館
施設情報
収容人数 メインアリーナ3,668人(固定席2,468席、ロールバックスタンド900席、サブアリーナ300席)
設計者 渡辺豊和
管理運営 秋田市教育委員会
構造形式 鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
敷地面積 24,276.88m²m²
階数 地上2階
竣工 1994年4月
所在地 010-0973
秋田県秋田市八橋本町六丁目12番20号
位置 北緯39度43分32.3秒 東経140度5分15.7秒 / 北緯39.725639度 東経140.087694度 / 39.725639; 140.087694座標: 北緯39度43分32.3秒 東経140度5分15.7秒 / 北緯39.725639度 東経140.087694度 / 39.725639; 140.087694
テンプレートを表示
秋田市立体育館駐車場から。写真手前(右側)の建物がサブアリーナ、写真奥(左側)の建物がメインアリーナである。

秋田市立体育館(あきたしりつたいいくかん)は、秋田県秋田市八橋本町六丁目に所在する総合体育館である。秋田市が管理運営している。

概要[編集]

1994年に秋田市下水道部(現・秋田市上下水道局八橋庁舎)の隣接地に完成。毎年夏に開催される竿燈妙技大会の予備会場をはじめ、バレーボール、バスケットボール、ボクシング、ファッションショーの会場としても利用されている。

2001年開催のワールドゲームズではダンススポーツ、スポーツアクロ体操、新体操、エアロビックが、2007年の秋田わか杉国体では体操競技が開催された。

2014年1月26日にはbjリーグオールスターゲームが開催され、4,572人の観衆を集めた。

旧体育館[編集]

現在地へ移転する前の体育館は、1954年(昭和29年)に秋田市川尻町字八千刈(現在の山王三丁目、秋田県第二庁舎所在地)へ建てられた。建築費に国庫補助を受けるため、隣接する秋田市立山王中学校の体育館という名目で建設し、数年後に山王中学校の体育館が新築された際「秋田市立体育館」と改称した。

施設[編集]

メインアリーナ[編集]

サブアリーナ[編集]

  • 面積863m2(38.0m×22m)
  • バスケットボール1面、バレーボール1面、バドミントン3面、卓球10台、新体操マット1面、その他

その他[編集]

アクセス[編集]

外部リンク[編集]