柴田勝家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
柴田 勝家
Shibata Katsuie large.jpg
柴田勝家像(個人蔵)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永2年(1522年)?
死没 天正11年4月24日[1]1583年6月14日
改名 勝家、浄勝(号)[2]
別名 通称:権六郎、権六
渾名:鬼柴田、かかれ柴田、瓶割り柴田
戒名 摧鬼院殿台岳還道大居士
幡岳寺殿籌山勝公大居士
墓所 柴田神社福井県福井市
西光寺(同上)
幡岳寺滋賀県高島市
高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町
官位 従六位下左京大進従五位下修理亮
従三位
主君 織田信秀信勝信長秀信
氏族 柴田氏斯波氏庶流?)
父母 父:柴田勝義?
兄弟 姉(吉田次兵衛室)、姉(佐久間盛次室)、勝家、妹(柴田勝敏母)
正室:お市の方織田信長妹)
勝里勝忠
養子:勝春勝政勝豊勝敏佐久間勝之(後、佐々成政養子)、高城胤則室)[注釈 1]

柴田 勝家(しばた かついえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名である。

生涯[編集]

織田信秀時代[編集]

下社城址に立つ柴田勝家誕生地の碑(愛知県名古屋市名東区陸前町の明徳寺

大永2年(1522年)、『張州府誌』によると尾張国愛知郡上社村(現:愛知県名古屋市名東区)で生まれる[注釈 2]。生年には大永6年(1526年)説や大永7年(1527年)説もあり、明確ではない。出自は不明で柴田勝義の子といわれるが、確実な資料はない。おそらく土豪階層の家の出身であると思われる[4]

若いころから織田信秀の家臣として仕え、尾張国愛知郡下社村を領したという。地位はわからないが織田信長の家督継承の頃には織田家の重鎮であった。天文20年(1551年)に信秀が死去すると、子の織田信行(信勝)に家老として仕えた。

織田信勝時代[編集]

天文21年(1552年)の尾張下四郡を支配する守護代で清洲城主の織田信友との戦いでは、中条家忠とともに敵方の家老・坂井甚介を討ち取り、翌年には清洲城攻めで大将格で出陣し、30騎を討ち取る武功を立てた(萱津の戦い)。

信行を信秀の後継者にしようと林秀貞と共に画策し、織田信長の排除を試みたが、弘治2年(1556年)8月に信長との戦いに敗れて、降伏した(稲生の戦い)。この時は信長・信行生母の土田御前の強い願いで赦免され、信行、勝家、津々木蔵人は、墨衣で清州城に上り土田御前と礼を述べた。以後は信長を認め、稲生の敗戦後、信行が新参の家臣の津々木蔵人を重用したこともあって、見限った。弘治4年(1558年)に信行が謀反の計画を企んだときには信長に事前に密告し、信長は仮病を装い信行は11月2日に清州城に見舞いにおびき出され河尻秀隆らに殺害された[5]。信行の遺児の津田信澄は、信長の命令により勝家が養育することになった。

織田信長時代[編集]

信行の死後、罪を許され、信長の家臣となった。しかし、信行に与して信長に逆らったことが響いたのか信長の尾張統一戦や、桶狭間の戦い美濃斎藤氏攻めではもちいられなかった。永禄11年(1568年)の上洛作戦になって再度重用され、畿内平定戦などでは常に織田軍の4人の先鋒の武将として参加し(勝竜寺城の戦いなど)、信長の重臣として武功を挙げた。11月までは先方武将4人が京都の軍政を担当したが、幕府奉公衆に任せ、信長とともに岐阜に引き上げる。永禄12年(1569年)1月、三好三人衆による本圀寺の変の際に信長と共に再度来京し、4月上旬まで京都・畿内行政に担当5人の内としてあたった。同年8月、南伊勢5郡を支配する北畠氏との戦に参加する。

元亀元年(1570年)1月、信長は足利義昭に将軍権限を規制する『殿中御掟』を認めさせ、同日全国の大名に「禁裏と将軍御用と天下静謐のため信長が上洛するので、共に礼を尽くすため上洛せよ」との触れを信長名で全国の大名に出す。3月には将軍と離れた立場で正式に昇殿し朝廷より天下静謐権を与えられる[6]

浅井長政が離反すると元亀元年(1570年)5月、六角義賢が琵琶湖南岸に再進出し、岐阜への道を絶ったため、南岸確保に各城に6人の武将を配置するが、まず江南に4人が置かれ長光寺城に配属され、下旬には戦闘となったが、佐久間信盛森可成中川重政と共に撃退した。同年6月浅井・朝倉との姉川の戦いに従軍する。同年8月から9月の野田城・福島城の戦いで三好三人衆が四国から攻め上り総軍で対峙する中、石山本願寺が突如敵対し攻撃し混戦する。その後半に、朝倉・浅井連合軍が3万の大軍で、京都将軍御所を目指し進軍し、山科、醍醐を焼きつつ向かう。『言継卿記』によると同日、勝家と光秀が守備のため京都へ戻されたが、勝家が事態を重大視して信長に進言し、23日に総軍で野田・福島から退却し強行軍で同日夜半に京都に戻り、志賀の陣となる。信長の最も苦しい戦いで対峙する危機の中、義昭が依頼し朝廷の仲介で和睦に持ち込む[7]。この時、延暦寺が敵対し、元亀2年(1571年)2年9月の比叡山焼き討ちとなり、勝家も殺戮戦に加わる。

元亀2年(1571年)5月、石山本願寺に呼応した長島一向一揆を鎮圧に向かう。退却の際、勝家の隊は殿を務めたが、大河と山に挟まれた狙いやすい箇所で一揆勢が襲い掛かり、傷を負い勝家は旗指物まで奪われた[注釈 3]。 すぐ、氏家直元(卜全)が交代したが小勢であり対応できず、氏家と多くが戦死する[9]

天正元年(1573年)2月、信長と将軍・義昭が対立して石山と今堅田の砦に兵を入れると、勝家を含めた4武将が攻撃してこれらを陥落させた。だが信長は将軍を重んじ義昭との講和交渉を進めるが成立寸前で、松永久秀の妨害で破綻する[10]。このため4月、信長出陣のもとに信長が、義昭への脅しのために上京を勝家も参加して配置して放火させ焼き払わせた。だがまたもや義昭は槙島城に立てこもるが勝家も加わった7万という総力戦で降伏させた。やがて義昭は追放され室町幕府は滅びるが、毛利氏に保護された義昭により信長包囲網が敷かれると、織田軍の有力武将として近江国摂津国など各地を転戦する。

同年8月の一乗谷城の戦いは、信長軍総動員[注釈 4]となり朝倉氏を滅ぼした。勝家は、その後の北近江の小谷城の戦いにも参加したが、その際の先鋒は羽柴秀吉が務めた。

同年9月に、2度目の長島攻めに参加している。長島の西方の呼応する敵城を勝家も参戦し桑名の西別所城酒井城を落とす。長島は大湊の船が十分確保できず退却する。2年前の勝家負傷と同所で殿の林通政隊が一揆勢に襲われ林と多数が戦死する。天正2年(1574年)7月、3度目の最終戦の長島攻めに参軍し総員7万の大軍で兵糧攻めで助命を約束に開城したところをだまし打ちで殲滅戦で根絶やしにする。三手の内の賀鳥口(右翼)を佐久間信盛と共に指揮した[11]

天正3年(1575年)には高屋城の戦い長篠の戦いにも参加する。

朝倉氏滅亡後、信長は朝倉旧臣・前波吉継越前国の守護としたが、同じく朝倉旧臣の富田長繁はそれに反発して土一揆を起こして前波を討ち取った。しかしその後の富田の態度から一揆勢は富田と手を切ることとし、その上層部は加賀国の一向一揆の指導者である七里頼周を誘って、新たに一向一揆を起こして富田に襲いかかり、動乱の中で富田は家臣に射殺され越前は一揆持ちの国となった。信長はこれに総軍を率いて出陣し、一向一揆を殲滅戦で平定した。9月、信長は越前国掟全9条(原書には「掟条々」)[注釈 5]とともに勝家は越前国八郡49万石、北ノ庄城(現在の福井市)を与えられた。このとき簗田広正に切りとり次第の形で加賀一国支配権が与えられるが信長が帰陣すると、一揆が蜂起し、小身の簗田は抑えられず信長に見限られ尾張に戻される。

天正4年(1576年)、勝家は北陸方面軍司令官に任命され、前田利家佐々成政不破光治らの与力を付けられ、90年間一揆持ちだった加賀国の平定を任される。なお、従前の領地の近江国蒲生郡と居城長光寺城は収公され、蒲生賢秀永田景弘らは与力から外されている[13]

天正5年(1577年)7月、越後国上杉謙信加賀国にまで進出してきた。この時、勝家は軍議で羽柴秀吉と衝突、仲違いし、秀吉は信長の許可を得ることもなく戦線を離脱してしまい足並みが乱れる。勝家は七尾城の救援に向かうが間に合わずに七尾城が陥落たため、周辺の拠点に放火しつつ退却した。9月23日、上杉謙信の追撃を受け織田方と謙信との唯一の戦闘である手取川の戦いが起きる。勝家側が千人余り打ち取られたという話も、謙信書状のみに書かれているが、他の史料に記載は無く小戦とも見られ不明である。そして天正6年(1578年)に謙信が死去すると、織田信忠軍の将・斎藤利治が越中中部から上杉軍を逐った[14]

天正8年(1580年)3月、信長と本願寺に講和が結ばれた途端に北陸方面は活発化し、勝家は一向一揆の司令塔金沢御堂を攻め滅ぼして、軍を北加賀・越中境まで進めた。一向一揆を制圧して、天正8年(1580年)11月、ついに加賀を制定する。さらにその勢いのまま能登国越中国にも進出を果たす。また、佐久間信盛が失脚したことによって、名実ともに織田家の筆頭家老に位置することになる。

翌天正9年(1581年)2月28日、信長の京都御馬揃えでは与力の前田利家ら越前衆を率いて、上洛し、参加した。また、この頃から対上杉政策の為か、伊達氏の家臣・遠藤基信と連絡を盛んに取り、伊達氏との外交政策の一端を担っている(伊達治家記録など)[要高次出典]

天正10年(1582年)3月から上杉氏方の越中国の魚津城松倉城富山県魚津市)を攻囲していた。本能寺の変があって織田信長が横死するが、これを知らぬまま6月3日に魚津城は陥落した(魚津城の戦い[15]。事件を知り6日の夜からただちに全軍撤退して北ノ庄城へ戻るが、上杉側が変を知り、失地回復に越中・能登の国衆を煽り動けず、やっと18日に近江に出動するが、すでに中国大返しを行った秀吉の軍が光秀を討っていた[16]

清州会議[編集]

本能寺の変後の清州会議で、織田氏の後継者問題では秀吉への対抗もあり、信長の三男・織田信孝を推したが、明智光秀を討伐したことで実績や発言力が大きかった羽柴秀吉が信長の嫡孫・三法師(織田秀信)を擁立したため、織田氏の家督は三法師が継ぐこととなり、信長の遺領配分においても河内丹波山城を増領した秀吉に対し、勝家は北近江3郡と長浜城(現在の長浜市)を新たに得たが、勝家と秀吉の立場は逆転してしまった(清洲会議)。清州会議の結果、3歳の三法師に叔父・織田信雄と信孝が後見人となり、信雄が尾張、伊賀、南伊勢、信孝が美濃を領有し、これを秀吉、勝家、丹羽長秀池田恒興の4重臣が補佐する体制となった。だが、威勢の大きい秀吉と勝家など他の重臣との権力抗争が始まる[17]

羽柴秀吉と申し合わせ清州会議で承諾を得て、信長の妹・お市の方と後に結婚している。従来は信孝の仲介とされて来たが、勝家の書状で「秀吉と申し合わせ…主筋の者との結婚へ皆の承諾を得た」とあり、勝家のお市への意向を汲んで、清州会議の沙汰への勝家の不満の抑えもあり秀吉が動いたと指摘されている[18]

その後、勝家は滝川一益、織田信孝と手を結んで秀吉と対抗する。だが秀吉は長浜城の勝家の養子の柴田勝豊を圧迫したうえ懐柔した。次には岐阜の織田信孝を攻め囲んで屈服させる。天正11年(1583年)正月に秀吉は滝川一益の北伊勢を大軍7万大軍で攻めるが一益は3月まで対峙する。

最期[編集]

西光寺にある柴田勝家の墓(福井県福井市左内町)

天正11年(1583年)3月12日、勝家は北近江に出兵し、北伊勢から戻った秀吉と対峙する。事前に勝家は、毛利に庇護されている足利義昭に戦況を説明し毛利軍とともに出兵を促す書状を毛利を介して出し背後を突かせようとするが、義昭では既に時代に合わずうまくいかない。こういう働きかけは3月頃に高野山にもしており、各地にしたようだが実を結ばなかった[19]。4月16日、秀吉に降伏していた織田信孝が伊勢の滝川一益と結び再び挙兵し、秀吉は岐阜へ向かい勝家は賤ヶ岳の大岩山砦への戦いを始め賤ヶ岳の戦いとなるが、美濃大返しを敢行した秀吉に敗れ、4月24日に北ノ庄城にてお市とともに自害した。享年62[注釈 6]。 辞世は「夏の夜の 夢路はかなき 後の名を 雲井にあげよ 山ほととぎす」。

勝家の最期は、下記説話の元となったらしい秀吉書状とその所収の書に詳しい。「24日午前4時に本城に取り掛かり正午には乗り入りことごとく首をはねた。天主には勝家が200人あまりで立て籠もり、狭いので総員なら手負い死人が出るので、選んだ兵で刀剣、槍だけで天主内に切り入らせた。勝家も武辺の者だが7度まで切り闘ったが防げなかった。天主の最上の九重目に登り上がり、総員に言葉をかけ、勝家が〈修理の腹の切り様を見て後学にせよ〉と声高く言うと、心ある侍は涙をこぼし鎧の袖を濡らし、みんなが静まりかえる中、勝家は妻子などを一刺しで殺し、80人とともに切腹した。午後5時だった。」「勝家は十字切りで切腹し(最も正式の切腹の作法)侍臣の中村聞荷斎を呼び介錯させた。これに殉死するもの80余人。聞荷斎はかねてから用意した火薬に火をつけ、天主とともに勝家の一類はことごとく亡くなった。」[20]

菩提寺は、福井県福井市の西光寺と滋賀県高島市幡岳寺。位牌も現存している。

昭和3年(1928年)11月10日、宮内省より従三位が贈られた。

人物[編集]

柴田神社境内(北ノ庄城址公園前)にある柴田勝家像

ルイス・フロイスの勝家評は以下である。

  • 「信長の重立ちたる将軍二人中の一人」[21]
  • 「はなはだ勇猛な武将であり、一生を軍事に費やした人」「信長の時代の日本でもっとも勇猛な武将であり果敢な人」[22]
  • 「彼は禅宗であるが、他の宗旨を憎まず」[23]
  • フロイスたちの越前でのキリスト教の布教については、いっさい妨害はしないが手助けもしない、教えが広まるかどうかは宣教師たちの「テガラシダイ(手柄次第)」だと述べたという[23]
「太平記英勇伝十三」落合芳幾

フロイス『日本報告』は、賤ヶ岳の闘いの敗戦ののちの北ノ庄城での柴田勝家が、離反した家臣に対して恨み言は言わず、また最後まで付き添ってきた家臣たちには、生き延びることを許し、むしろそれを喜ぶこと、また、今生においてはこれまでの家臣たちの愛情に報いるすべがないことへの嘆きを収載しており、勝家の温情ある人柄を伝えている[24]。また、これに類する話が前田家家臣の村井重頼の覚書にも記されている[24]

秀吉に通じ、勝手に撤退して戦線の崩れと敗戦の原因を作った前田利家の人質を、勝家は敗戦後に利家に送りかえした[25]

江戸期の編纂書・軍記や伝承の説話[編集]

  • ある時、信長が勝家を先陣の大将に任じようとすると勝家は辞した。信長はさらに強いて大将にした。その後安土城下で勝家の隊の行列に信長の旗本が衝突、勝家はこの旗本を無礼と殺した。これに信長は激怒したが勝家は「だから私は先に辞退したのです。先陣の大将たる者にはそれほどの権威を持たせて下さらねば務まるものではございませぬ」と答え、信長もこの勝家の道理には負けて言葉を返せなかった(『常山紀談』)[26]
  • 武骨の性格で、その秀でた武勇から鬼柴田と呼ばれ、江戸中期の随筆『翁草』の小唄の1節に秀吉らとともに、勝家は戦場における突進力では随一という意味でかかれ柴田と評されている[27]
  • 信長の朝倉氏攻めの際、長光寺城に籠城した柴田軍は、朝倉氏と同盟を結んだ六角承禎(義賢)によって水を絶たれた。しかし、勝家は馬の体を水で洗ったり、水瓶を割ってみせるなどして余裕を示し、城内に潜入している六角氏の間者の目を欺く。そして出撃を前に城内の奮起をうながし、六角氏を打ち破ったことから瓶割り柴田と呼ばれるようになったと言われている(これは『武家事紀』による創作であるともいわれる)[27]。(「野洲河原の戦い#長光寺城の戦いと瓶割り柴田」も参照)
  • 『武家事紀』に、あるとき勝家が前田利家に「今、上方で明智光秀や菅屋九右衛門などという者が出世して諸事に口出ししていると聞くが、自分は信長に仕えて今に至るまで、戦功およそ二十四度に及ぶから、誰々が出世したといっても心許ないことだ」と語ったという逸話が載せられている[28]
  • 朝倉の跡に勝家が領主として領地を任された信長へのお礼の際に、以前から勝家が願っていた、秘蔵の姥口の茶釜を信長の狂歌「なれなれて そひあかぬ中の うは口を人にすはせん 事おしそおもふ」を添えられ拝領した(川角太閤記)。信長が勝家を越前一向一揆殲滅戦の後越前8郡を与え領主としたのは天正3年(1575年)9月だが、信長は「許し茶湯」を家臣管理に使用し茶道具を下付された家臣に茶会主催を許可したが、『信長公記』では天正6年(1578年)正月に始められ茶会で許可者12名が総覧されているが、勝家はその中になく、その後も勝家は許可を得た中に入っていない[29]。また津田宗及の『宗及他会記』の天正7年(1579年)8月25日条に「19日「うば口の釜」を宗及自身が拝領し「安土へ御礼」」との記載がある[30]
  • 賤ヶ岳の戦いで敗北後、前田利長の居城・府中城で前田利家と対面し、先に撤退した利家を責めなかったばかりか、数年来の骨折りを謝して勝家は利家に対し、「秀吉と仲がよいのだから必ず降るように。私のことを思って再び道を誤ってはならない」と語ったという(「加賀金澤前田家譜」)[27]。しかし利家の基本研究書も史実として触れず、撤退は秀吉に事前に通じて裏切っていたとしており[31]、歴史家・高柳光寿は自家に都合のいいことばかり書いていると批判している[32]
  • 北ノ庄城落城のとき天守閣の九段目に登り「修理が腹の切り様見申して後学に仕候へ(勝家の腹の切り様を見て、後学にして欲しい)」と叫び、老女一人を残してお市や侍女たちを一突きにしたあと、切腹して果てた。80余名の家臣たちも、あるいは自害して、城内の者ことごとく果てたという。勝家は自害の直前、お市に城から逃れるように勧めたが、市は「浅井落城で逃げてまたもや」と拒絶したという。このとき、勝家自身は腹を十文字に割いて自害したという[33]

家臣・与力[編集]

一門衆


家臣


与力


関連作品[編集]

テレビドラマ
映画

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『寛政重修諸家譜』では中村文荷斎の娘といわれている。
  2. ^ 異説のひとつとして、下社城址(愛知県名古屋市名東区陸前町の明徳寺)には柴田勝家誕生地の碑があり、勝家は享禄3年(1530年)にその地で生まれたといわれるとしている。[3]
  3. ^ 『信長公記』自筆前田家本では「疵を被り高名比類なき」、自筆建勲神社本では「薄手を被り罷り退く」とある。[8]
  4. ^ 光秀は京都守備。
  5. ^ 第1条の「過分な課役の禁止と理由ある場合に尋ねる事」の指図に始まり、第2条「国人地侍の丁寧な扱いと用心」、第3条の司法の信長法順守、第6条「大国を預け置く」、第9条には「何事も信長の指図しだいと覚悟せよ」「無理無法のたくらみを巧言でごまかさず、計画があってのことなら道理正しく弁解するなら、事によっては聞き届け、その意見に従ってもよい。」「信長を崇敬して陰でも疎かに思ってはならぬ」「信長のいる方へは足も向けないほどの心がけなら武運長久は間違いない」と統制規定が重々定められている。信長への心からの忠誠を命じるが、最後まで守ったのは勝家だけだと、桑田忠親に評されている[12]
  6. ^ 没年齢については57歳説、58歳説など異説が複数あるため、そこから逆算した生まれ年を推定するしかないので、現在のところ明確な生まれ年・没年齢は確定していない。
  7. ^ 勝家の庶子といわれている。
  8. ^ 勝家の末子といわれている。
  9. ^ 『近江仲島文書』に名がある柴田勝定と同一人物と考えられている。
  10. ^ 勝家の妹の子で勝家の甥また勝家の実子ともいわれている。
  11. ^ 勝家の庶兄の子といわれている。

出典[編集]

  1. ^ 『寛政重修諸家譜』では4月21日
  2. ^ 『系図綜覧』
  3. ^ 長屋良行(2014年9月8日). “歴史ウオーカー:/55 柴田勝家が生まれた名東区を歩く”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  4. ^ 『信長軍の司令官-武将たちの出世競争』谷口克広 P.34 中公新書 2005年
  5. ^ 谷口 2002, pp. 41-43、『信長公記』「巻首」町田本も参照
  6. ^ 谷口 2002, pp. 78-82
  7. ^ 谷口 2002, pp. 96-101
  8. ^ 『織田信長という歴史 『信長公記』の彼方へ』金子拓 P.275・276 勉誠出版、2009年
  9. ^ 谷口 2002, pp. 127-129
  10. ^ 『信長と将軍義明』谷口克広 P.136-149 中公新書 2014年
  11. ^ 谷口 2002, pp. 126-133
  12. ^ 『明智光秀』桑田忠親 P.127 1983年 講談社文庫、『信長公記』巻八、町田本も参照
  13. ^ 『信長軍の司令官-武将たちの出世競争』谷口克広 P.156-166、中公新書 2005年
  14. ^ 谷口 2002, pp. 179-183, 186-188
  15. ^ 谷口 2002, pp. 233-234
  16. ^ 『検証 本能寺の変』谷口克広 P.71-73 吉川弘文館 2007年
  17. ^ 『秀吉神話をくつがえす』藤田達生 P.168・169 講談社現代新書 2007年
  18. ^ <『南行雑録』所収[堀秀政]]宛て天正10年(1582年)10月6日勝家書状「覚書」>、高柳 2001, pp. 25-26, 226-227
  19. ^ <『古証文』所収勝家書状」>、高柳 2001, pp. 117-121
  20. ^ <『毛利家文書』所収[小早川隆景]]宛て天正11年(1583年)5月15日付秀吉書状、「声高く言うと」のみと後段は『毛利家文書』内記述から>高柳 2001, pp. 232-233
  21. ^ 日本史
  22. ^ 1584年1月20日付け、フロイスの書簡
  23. ^ a b 1581年5月19日付、フロイスの書簡
  24. ^ a b 山本博文『信長の血統』(2012)pp.111-113
  25. ^ 高柳 2001, pp. 181-183, 199-204
  26. ^ 『常山紀談』巻之三 「勝家先陣の将となる事」”. 近代デジタルライブラリ. 2013年10月30日閲覧。
  27. ^ a b c 小学館『新説戦乱の日本史 第17号 賤ヶ岳の戦い』
  28. ^ 『武家事紀』巻第十三”. 近代デジタルライブラリー. 2013年10月30日閲覧。
  29. ^ 『ここまでわかった!明智光秀の謎』収載「"文化人"としての光秀」桐野作人 <研究引用元は、「織田政権における茶湯の湯」竹本千鶴>新人物文庫 KADOKAWA 2014年
  30. ^ 『津田宗及茶湯日記 : 評註. 他会』下巻”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2015年2月24日閲覧。
  31. ^ 『前田利家』岩沢愿彦 吉川弘文館 人物叢書 1966年
  32. ^ 高柳 2001
  33. ^ 『柴田合戦記』、『イエズス会日本年報』参考文献:小学館『新説戦乱の日本史 第17号 賤ヶ岳の戦い』

参考文献[編集]

関連項目[編集]