お市の方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
お市の方
柴田神社(北ノ庄城跡)にあるお市の方の銅像

お市の方(おいちのかた、天文16年(1547年)? - 天正11年4月24日1583年6月14日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。市姫とも小谷の方(おだにのかた)とも称される。また、『好古類纂』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている[1]

尾張国出身。近江国浅井長政、後に織田氏家臣の柴田勝家の妻。父は織田信秀、母は側室または正室(継室)の土田御前。兄に織田信広織田信長[2]織田信行織田信包織田信興織田長益、弟に織田長利、姉にお犬の方などがいる。

子に茶々豊臣秀吉側室)[3]京極高次正室)・徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子千姫徳川家光徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となった。

なお、今上天皇の先祖に当たる人物でもある[4]

生涯[編集]

信長公記』によれば、永禄10年(1567年)に兄・信長の「娘分」として近江国(現在の滋賀県)の浅井長政に嫁ぎ[5]、この婚姻によって織田家と浅井家は同盟を結ぶ[6]元亀元年(1570年)、信長が浅井氏と関係の深い越前国福井県)の朝倉義景を攻めたため、浅井家と織田家の友好関係は断絶した。しかし、長政と市の夫婦関係は周りが羨むほど仲睦まじかったという。

長政が姉川の戦いで敗北した後、天正元年(1573年)に小谷城が陥落し、長政とその父・久政も信長に敗れ自害した。市は3人の娘茶々)と共に藤掛永勝らによって救出され織田家に引き取られるが、長男の万福丸[7]は捕われて殺害され、次男の万寿丸[8]は出家させられる。その後は信長の許しを得て、清洲城にて兄の信包の庇護を受け、三姉妹と共に9年余りを平穏に過ごしたという。この時の信長の市親子に対する待遇は大変厚く、市や三姉妹のことを気にかけ、贅沢をさせていたという。信包も、「浅井家の血が絶えるのは忍びない」と言い、市や三姉妹を手元で保護し、姪達を養育したという。

信長死後の天正10年(1582年)に柴田勝家と再婚する。織田信孝の仲介によるとされてきたが、近年は、羽柴秀吉の仲介を伺わせる書状から、秀吉の仲介であった説が有力となっている。同年、勝家の勧めにより、京都の妙心寺で信長の百箇日法要を営む。

福井県福井市の西光寺にある柴田勝家・お市の方の墓

翌天正11年(1583年)、夫の勝家が羽柴秀吉と対立して賤ヶ岳の戦いで敗れ、その後勝家と共に越前北ノ庄城内で自害した[9]。享年37。

辞世は「さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな」

墓所は西光寺(福井県福井市)。菩提寺は自性院(福井県福井市)、幡岳寺(滋賀県高島市)。戒名は自性院微妙浄法大姉、東禅院殿直伝貞正大姉(自性院照月宗貞とも伝わる)。

小谷城跡(滋賀県長浜市)のある小谷山山頂に旧跡あり。

人物[編集]

  • 小谷寺には、市の念持仏と伝えられている愛染明王が納められている。また、戦国一の美女と賞され、さらに聡明だったとも伝えられる。
  • 着物の「おはしょり」を作らない独特の着付け方をした肖像画(高野山 持明院蔵)が伝えられている(ただし、この時代の着物は女性でも「対丈」に作られるため「おはしょり」がないのが普通である)。
  • 信長は「市が男だったなら、良き武将となったであろう」とまで述べたと言われている。
  • 『朝倉公記』によると金ヶ崎の戦いの折り、信長に袋の両端を縛った「小豆袋」を陣中見舞いに送り挟み撃ちの危機を伝えた逸話が知られる。ただし俗説である疑いも強い。もっともその頃の風習から、大名間の政略結婚において、女性は実家から婚家へと送り込まれた外交官・間諜としての側面があったため、兄の味方をしていた可能性は十分ある。
  • 織田家は美男美女の家系で知られるが中でも市やその姉(または妹)、犬の美しさは有名である。兄弟では兄である信長も美形であったと伝わるが、信長や市の同腹の兄妹であるとされる織田秀孝は 、とりわけ、たいへんな美男子であったことが伝わっている(信長に仕えた太田牛一は著書『信長公記』において「歳の齢十五六にして、御膚は白粉のごとく、たんくわのくちびる(丹花の唇)柔和のすがた、容顔美麗人にすぐれて、いつくしき共中々たとへにも及び難き御方様なり」と秀孝の美貌ぶりを記している)。
  • 兄信長や信包の市に対する待遇が姉妹の中では大変厚かったことから、最近では信長・信包の同腹の妹であるとされ、母は土田御前であるという見方もある。この見方に従えば、市の同腹の兄弟とされるのは信長・信行・信包・秀孝であるとされる。また、信長が最も可愛がった妹であったと伝わる。
  • 信長は大名間の政略婚にはほとんど養女を用いていた(育てた訳ではなく、形式上養女にして送り出す形)。実の妹や娘で他国に嫁いだのは、この市を除けば松平信康に嫁いだ徳姫(信長の娘)のみであり、それ以外は全て家臣か公家との縁組だった。
  • 長女の淀殿は父・長政の十七回忌、母・市の七回忌に菩提を弔うために、肖像画を描かせた。市の肖像画は「戦国一の美人画」として名高い。
  • 三人の娘達の行く末を心配していた市は、北ノ庄城の落城の際、庇護を受ける羽柴秀吉に書状を送るなど、母としての娘達に対する深い愛情が伺える。一方で三姉妹に「浅井と織田の血を絶やさぬように」と言い聞かせた事から、血統の存続を考えての行動でもあった。なお、徳川家に嫁ぎ多くの子を成した江(崇源院)により、その血筋は現在に至るまで続いている(崇源院#系譜参照)。
  • 羽柴秀吉が恋慕を抱いていた女性ともされ(NHK大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜』など)、そのような印象が流布しているが、あくまでフィクションであり、信頼できる史料の裏付けはない。上述の通り学説としては、むしろ秀吉は柴田勝家との婚姻を仲介した可能性が有力になっている。

脚註[編集]

  1. ^ 足立尚計著『風の俤 福井の客人たち』能登印刷出版部 2001年8月 ISBN 4-89010-385-6
  2. ^ 市は通説では信長の妹であるが、江戸時代の「織田系図」に信長の従兄弟織田広良(與康)の娘と記され、『以貴小伝』では「いとこにておはせしを妹と披露して長政卿におくられしにや」と記述されるなど従妹ととするものがあり、信長の叔父織田信光の娘との説もある。
  3. ^ 長女の茶々(淀殿)は通説では浅井長政との娘だが、『浅井氏家譜大成』を根拠として、茶々は連れ子という説があり、当時では晩婚であったために長政以外の男性に嫁いだ可能性がある。お市は信長の妹ではないという異説を根拠として、長政へ嫁ぐ前に信長の愛妾であって茶々は信長の娘という奇説もある。
  4. ^ 明正天皇は独身で子がなかった。しかし、次女江の娘豊臣完子は九条幸家に嫁いで九条道房を生み、その娘待姫と九条兼晴の子九条輔実、その子九条幸教、その子九条幸教、その子二条宗基、その子二条治孝、その子九条尚忠、その子九条道孝、その娘貞子が大正天皇皇后貞明皇后で昭和天皇の母であるため、今上天皇と血が繋がっている。
  5. ^ 市と長政の婚姻時期について『浅井三代記』では永禄7年(1564年)となっている。他にも資料により年代は異なるため、正確な長政との婚姻時期は不明。
  6. ^ 市の年齢は天文16年出生説に従うと20代となり、戦国期大名家中における女性の初婚年齢は平均13~14歳で初婚としては遅く、市の生年が誤りであるか初婚でない可能性が指摘される他、市と長政の婚姻を永禄4年とする説も提唱されている(太田浩司「北近江の戦国史」『戦国大名浅井氏と北近江-浅井三代から三姉妹へ-』2008)。なお、長政は主家である六角家臣平井定武との婚約がなされていたが市との婚姻により破談となっている。
  7. ^ 浅井氏家譜大成』によると、長政の先妻の子で市の養子になったとされる。
  8. ^ 実母不明で、側室の子とされる。
  9. ^ しかし、市は自害せず、伊賀に逃げ延び、関ヶ原の戦いの前年まで生きたという異説がテレビ番組で放送された(新説!?日本ミステリー第17回放送分)。実際に三重県伊賀市には慶長4年(1599年)、市が53歳で天寿を全うしたという伝承が残る。

関連項目[編集]

小説