桶狭間の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桶狭間の戦い
桶狭間古戦場伝説地(愛知県豊明市)
桶狭間古戦場伝説地(愛知県豊明市)
戦争戦国時代 (日本)
年月日永禄3年5月19日西暦1560年6月12日
場所尾張国桶狭間
結果:織田軍の勝利 今川義元討死
交戦勢力
織田軍Oda emblem.svg 今川軍Japanese Crest Marunouti ni Futatu Hiki.svg
指揮官
織田信長Oda emblem.svg
河尻秀隆Hidari mitsudomoe.svg
佐久間信盛Marunouchinimitsuhikiryo.svg
千秋季忠
今川義元Japanese Crest Marunouti ni Futatu Hiki.svg
今川氏真Japanese Crest Marunouti ni Futatu Hiki.svg
松平元康Mon-Tokugawa.png
戦力
3,000 - 5,000(奇襲を実行したのは2000) 25,000 - 45,000(諸説あり。また織田軍に直接対峙したのはこのうち5000 - 6000人)
損害
不明 3,000余(信長公記武徳編年集成
2,500(落穂集武徳大盛記
3,907(改正三河後風土記[1]
織田信長の戦い
今川義元の墓(明治9年(1876年)5月建立)桶狭間古戦場伝説地(愛知県豊明市)内

桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)は、永禄3年5月19日1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦。

概要[編集]

2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した駿河戦国大名である今川義元今川氏真親子に対し、尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた、日本の歴史上有名な戦いである。

東海道に君臨した今川氏はこの戦いを契機に没落するが、勝利した織田氏はこれ以降畿内の制圧に向かって急成長し、戦国時代の重要な転機となった。

合戦の経過[編集]

合戦以前の情勢[編集]

15世紀末、駿河国守護の今川氏親は東海地方において勢力を拡大し、後を継いだ今川義元は駿府を本拠とし駿河・遠江に領国を形成する。また、甲斐国武田氏[2]相模国後北条氏甲相駿三国同盟を締結。西方の三河・尾張方面への領土拡張を図ろうとしていた。

一方、尾張国では守護・斯波氏の家臣で清洲織田氏の家老である織田弾正忠家が成長。織田信定織田信秀と二代に渡り領土を広げ、今川氏と三河尾張両国の国境地帯の支配を巡って争うようになる。

西三河を支配していた国衆である松平氏が当主の相次ぐ横死で弱体化し、今川氏の保護下に組み込まれていったために、当初の戦線は松平氏の旧勢力圏をめぐって三河国内にあり、天文11年(1542年)の第一次小豆坂の戦いでは織田方が勝利するなど織田側が優勢であった。しかし、天文17年(1548年)の第二次小豆坂の戦いでは今川方が勝利。翌年、今川方が織田方の三河進出の拠点となっていた安祥城を攻略したことによって、織田氏の三河進出は挫折に終わった。

さらに天文20年(1551年)には織田信秀が病没、後を継いだ織田信長とその弟・信勝(後の織田信行)間で内紛が起こった。この結果、尾張・三河国境地帯における織田氏の勢力は動揺し、信秀の死に前後して鳴海・笠寺両城(それぞれ名古屋市緑区南区)を守る山口氏が今川方に投降。加えて山口氏の調略によって尾張国内の大高城(愛知県名古屋市緑区大高)、沓掛城豊明市沓掛町)の一帯が今川氏の手に落ち、尾張の南半分を制するに至った。ただし、この4城以南の尾張は知多半島地域であり、愛知用水開通以前の時代には不毛地帯であったため、濃尾平野の穀倉地帯であるそれ以北の地域とは経済的格差が大きく、面積では尾張の半分でも経済力では尾張全体の数分の一にも満たなかった。

また信長は商業港である津島を押さえており、これが織田家の経済力の源となっていた。しかし今川家が尾張の南半分を占拠した事は、伊勢湾海域での制海権が脅かされている事を意味し、織田家にとって重大な脅威となっていた。

織田氏も逆襲に転じ、笠寺城を奪還。鳴海城の周辺には丹下砦善照寺砦中嶋砦を、大高城の周辺には丸根砦鷲津砦を築くことで圧迫し、城相互の連絡を遮断した。

合戦までの経過[編集]

この情勢の下、永禄3年(1560年)5月12日、今川義元は自ら大軍を率いて駿府を発ち、尾張を目指して東海道を西進した。5月17日6月10日)、尾張の今川方諸城の中で最も三河に近い沓掛城に入った今川軍は、翌5月18日6月11日)夜、松平元康(徳川家康)が率いる三河勢を先行させ、大高城に兵糧を届けさせた。一方の織田方は清洲城篭城するか、出撃するべきかで軍議が紛糾していた。

翌19日(6月12日)3時頃、松平元康と朝比奈泰朝は織田軍の丸根砦、鷲津砦に攻撃を開始する。前日に今川軍接近の報を聞いても動かなかった信長はこの報を得て飛び起き、幸若舞敦盛」を舞った後に出陣の身支度を整えると、明け方の午前4時頃に居城清洲城より出発[3]。小姓衆5騎のみを連れて出た信長は8時頃、熱田神社に到着、軍勢を集結させて熱田神宮に戦勝祈願を行った。

10時頃、信長の軍は鳴海城を囲む砦である善照寺砦に入っておよそ2,000から3,000人といわれる軍勢を整えた。一方、今川軍の先鋒松平隊の猛攻を受けた丸根砦の織田軍500名余りは城外に討ってでて白兵戦を展開、大将の佐久間盛重は討死した。鷲津砦では篭城戦を試みたが飯尾定宗織田秀敏が討死、飯尾尚清は敗走したが一定の時間稼ぎには成功した。大高城周辺の制圧を完了した今川軍は、義元率いる本隊が沓掛城を出発し、大高城の方面に向かって西に進んだ。一方の織田軍は11時から12時頃、善照寺砦に佐久間信盛以下500余りを置き、2000の兵で出撃。鳴海から見て東海道の東南に当たる桶狭間の方面に敵軍の存在を察知し、東南への進軍を開始した(但し、信長は中嶋砦まで進軍していたとする資料もある)。

桶狭間の合戦[編集]

『尾州桶狭間合戦』 歌川豊宣

正午頃、中嶋砦の前衛に張り出していた佐々政次千秋四郎ら300余りの部隊は信長出陣の報に意気上がり、単独で今川軍の前衛に攻撃を仕掛けた。しかしこれは勇み足となって逆に佐々、千秋らが討ち取られてしまう。義元は丸根、鷲津両砦の陥落に加え緒戦でのこの勝利にさらに気を良くした。

13時頃、視界を妨げるほどの豪雨が降る。織田軍はこれに乗じて兵を進め、雨が止んだ直後の14時頃、織田軍は義元の本隊に奇襲をかけた。今川軍の総勢は2万人であったとされるが、義元を守る兵力は5,000から6,000人に過ぎず、双方の戦力が拮抗した結果、大将同士が徒士立ちになって刀槍をふるう乱戦となった。

信長公記』によれば、義元は輿を捨て300騎の親衛隊に周りを囲まれながら騎馬で退却しようとしたが、度重なる攻撃で周囲の兵を失い、ついには信長の馬廻に追いつかれる。義元は服部一忠を返り討ちにしたが、毛利良勝によって組み伏せられ、討ち取られた。『改正三河後風土記』によれば、義元は首を討たれる際、毛利の左指を喰い切ったという。

事実上の大将である義元の戦死により今川軍は戦意を喪失し、合戦は織田軍の大勝に終わった。

合戦後の情勢と影響[編集]

今川家当主の今川義元松井宗信久野元宗井伊直盛由比正信一宮宗是蒲原氏徳などの有力武将を失った今川軍は浮き足立ち、残った諸隊も駿河に向かって後退した。

大高城を守っていた松平元康も戦場を離れ、大樹寺(松平家菩提寺)を経由し、今川軍の城代山田景隆が捨てて逃げた岡崎城に入城した。

尾張・三河の国境で今川方に就いた諸城は依然として織田方に抵抗したが、織田軍は今川軍を破ったことで勢い付き、6月21日7月14日)に沓掛城を攻略して近藤景春を敗死に追い込むなど、一帯を一挙に奪還していった。しかし鳴海城は城将・岡部元信以下踏みとどまって頑強に抵抗を続け、ついに落城しなかった。元信は織田信長と交渉し、今川義元の首級と引き換えに開城、駿河に帰る途上水野信元刈谷城を攻撃し水野信近を討ち取るなどし、義元の首を携えて駿河に帰国した。

一連の戦いで西三河から尾張に至る地域から今川氏の勢力が一掃されたうえ、別働隊の先鋒として戦っていたため難を逃れた岡崎の松平元康は今川氏から自立して松平氏の旧領回復を目指し始め、この地方は織田信長と元康の角逐の場となった。しかし元康は義元の後を継いだ今川氏真が義元の仇討の出陣をしないことを理由に(勿論これは口実であって、氏真は当主の死で混乱する今川家中の安定化に力を注ぐことを重視し[要出典]、逆に元康は氏真体制が固まる前の自立を図った)、今川氏から完全に離反し、永禄5年(1562年)になって氏真に無断で織田氏と講和した(織徳同盟)。以後、公然と今川氏と敵対して三河の統一を進めていった。また、信長は松平氏との講和によって東から攻められる危険を回避できるようになり、以後美濃斎藤氏との戦いに専念できるようになり、急速に勢力を拡大させていった。

桶狭間合戦では義元本隊の主力に駿河、遠江の有力武将が多く、これらが多数討たれたこともあり今川領国の動揺と信長の台頭は地域情勢に多大な影響を及ぼした。甲斐の武田氏と今川氏は関係が悪化し、永禄11年末には同盟は手切れとなり、武田氏による駿河今川領国への侵攻(駿河侵攻)が開始される。信長と武田氏は永禄初年頃から外交関係を持っており武田氏は同盟相手である今川氏の主敵であった信長と距離を保っていたものの永禄8年頃には信長養女が信玄世子の勝頼に嫁いでいるなど関係は良好で、以後信長と武田氏の関係は同盟関係に近いものとして、武田氏の西上作戦で関係が手切れとなるまで地域情勢に影響を及ぼした。

参戦武将[編集]

織田軍[編集]

本隊 [編集]


丸根砦[編集]
鷲津砦[編集]
善照寺砦[編集]
丹下砦[編集]
中島砦[編集]


今川軍[編集]

駿府城留守居 [編集]
本隊 [編集]


本隊先発隊[編集]
丸根砦攻撃隊 [編集]
鷲津砦攻撃隊 [編集]
鳴海城[編集]
大高城[編集]
沓掛城[編集]
清洲方面展開[編集]


合戦の実態をめぐる議論[編集]

桶狭間の戦いの経緯は上述の通りであるが、合戦の性格や実態については不確かなことも多く、さまざまな議論を呼んでいる。

今川軍の総兵力[編集]

今川氏には家臣団編成の実態を知る分限帳・軍役帳が伝存しておらず動員可能兵力を想定することは困難であるが、『信長公記』においては四万五千小瀬甫庵の『信長記』には数万騎と記し、そのほか後代の編纂資料においては『甲陽軍鑑』には二万余、『武功夜話』には三万有余、『徳川実紀』『武徳編年集成』『総見記』などには四万余、『改正三河後風土記』は『信長公記』に基づき四万五千、『絵本太閤記』には五万余といった数字を記している。

現在一般的なのは、戦前の帝国陸軍参謀本部編纂『日本戦史 桶狭間役』にある「二万五千」であるが、近年には太田満明橋場日月など、太閤検地による近世初頭の今川領の総石高を元に、二万五千でも多すぎると異論を唱える論者もいる。また、戦国大名の軍事行動においては対外勢力への備えとして相備衆を残存させることが一般的で、実際の合戦における兵力は最大動員可能兵力より少なくなる点も留意される。

いずれにせよ上記にあるように、義元の周辺にいて信長軍に直接対峙した兵力はせいぜい多くても5000人程度であり、2000人の精鋭を引き連れた信長軍と比べてそう大きな相手というわけでもなかった。

義元の尾張侵攻の理由[編集]

長らく定説とされてきたところによれば、今川義元の尾張侵攻は上洛、すなわち京都に入って室町幕府の政権を掌握するためだったと考えられた。幕末編纂の栗原信充の『重修真書太閤記』(嘉永5:1852~安政5:1858)では、義元上洛の記述が見える。 

しかしながら義元は、今川家家督を継承してから長らく三河、尾張で漸進的に勢力を広げる戦いを繰り広げており、尾張をほとんど制圧していない状況で一挙に上洛を目指すという冒険的決断をしたとするには極めて難がある。更に、歴史的に今川氏が一時尾張守護を兼ねていた時期があり、尾張そのものに単なる隣国ではなく今川氏の旧領としての意識があった可能性が強い(尾張守護への補任)。

最近の研究では、尾張は今川一門今川仲秋(尾張守護)の守護任国であり、末裔の今川那古野氏(室町幕府奉公衆の今川氏)が那古野城を構えていた。義元の弟である今川氏豊は、この今川一門の家に養子入りし、家を継いだ。那古野城は織田に奪われ、そこで信長は生まれた。

信長は後に将軍足利義昭を奉じて京周辺の支配や地方大名の紛争を調停する天下人の役割を間接的に担い、甲斐の武田信玄が元亀年間に行った西上作戦は上洛が意図されていた可能性が考えられているが[4]、当時の義元の置かれていた状況は大きく異なる。仮に信長が上洛の名分に利用したように、将軍やそれに準じる者からの上洛命令などがあったとしても、客観的な情勢と義元の従来の領土拡大の方針から見て、この軍事作戦が命令に従って行われたものとは考えにくい。実際、義元が永禄2年(1559年)に発行した出陣準備の文書にも「上洛」の文字はない。また、上洛が目的であるならば、事前に越前の朝倉氏や南近江の六角氏などに協力を要請するはずであるが、そのような書簡も残されておらず、この当時将軍であった足利義輝と義元との間に何らかのやり取りがあったとする史料もない。ちなみに合戦の直前に、織田信長は僅かな供を連れて足利義輝に謁見するという形での上洛は行っている。

既に合戦以前の情勢の節で述べたように、当時の尾張・三河国境地帯では今川軍が尾張側に食い込んでいて優勢ではあったが、最前線の鳴海城と大高城の二城が織田方の城砦によって包囲されて危険な状態であった。したがって、実際には領土紛争の一環としてこの二城を救出しようとしたか、より大胆な意図があったとしてもせいぜい尾張の奪取程度が自然とするのが現在では定説となっている[5]

合戦場と奇襲の問題[編集]

桶狭間の戦いの本戦についても、根本的な「どこで、どのように行われたか」という点において議論となっている問題がある。

桶狭間の戦いの経緯については太田牛一信長公記』、または『信長公記』を発展させた小瀬甫庵『信長記』において具体的に著述されているが、双方の記述には多くの相違が見られる。一般的には『信長公記』が記録性が強く、『信長記』は甫庵自身の史観による改ざんが見られ史料価値は低い[6]。ただし太田牛一も合戦の実情を直接見聞したという確証は無く、『信長公記』における桶狭間合戦も「天道」思想のもと義元の敗死を著述しており、牛一自身の史観が反映された著述であると考えられている。

合戦場[編集]

「どこで」、すなわち合戦の行われた戦場については一般に「桶狭間」という地名で知られており、特に近代以降「桶狭間の戦い」という名称が歴史学上で定着し、文部省の学校教育を通じて全国的に知られている。

「桶狭間」の地名は現在、行政的には名古屋市緑区の有松町(旧・知多郡有松町)に大字として残っており、この行政地名は江戸時代の桶狭間村を継承したものである。名古屋市内の「桶狭間」は東海道から南に離れた緩やかな谷あいで、ここから当時の街道沿いに西に進むと、合戦の前哨戦の行われた丸根砦を経て、今川方の最前線である大高城に至る。名古屋市内の「桶狭間」には、今川氏の家臣である瀬名氏俊が戦いの評議をしたとされる伝承地「戦評の松」など、桶狭間の戦いに関係すると主張される伝承地が存在する。

一方、名古屋市の有松町桶狭間からやや北東、東海道のすぐ傍にある豊明市には、「桶狭間古戦場伝説地」が存在しており、桶狭間の戦いの合戦地として著名である。ここは今川方の拠点である沓掛城と鳴海城を結ぶ合戦当時の東海道(鎌倉街道)からはやや南に離れてはいるが、鳴海城の方面に通じる谷筋の一角であり、また伝説地の一帯は奇襲に適すると思われる谷あいの地形である。ここには義元の墓が残っていることがかなり古くから知られており、江戸時代の記録(『守貞漫稿』)にも現れる。

ほぼ同時代の史料に基づいて合戦場を見ると、『信長公記』では今川義元は「桶狭間山」に本陣を構えたと記録されている。

「桶狭間山」の位置ははっきりとはわかっていない。延享2年(1745年)の大脇村(現・豊明市)絵図において大脇村と桶狭間村の境に図示され、天明元年(1781年)の落合村(現・豊明市)絵図において落合村と桶狭間村の境で前述大脇村絵図のものよりやや南に下った山として示されており、現在の豊明市の桶狭間古戦場一帯と名古屋市の「桶狭間」の間の山を指していたと考えられる。

一方、江戸時代に描かれた桶狭間の戦いの合戦図の中には、今川義元の本陣所在地として江戸時代当時の桶狭間村のあたりにある丘を図示したものが見られる。こうした絵図の中の「桶狭間山」が16世紀の太田牛一の認識と一致しているかは明らかではないが、「桶狭間山」は名古屋市内の桶狭間にある丘陵に比定する説もある。

また『信長記』には、今川義元が討たれた場所は「田楽狭間」であったと記されている。

田楽狭間の場所については、尾張名所図会には「田楽が窪を経て三河の堺川の前なる祐福寺へ入る」、「田楽が窪と言える野を行けば山立ち出るよしおどされて」、「あぶりたる山立ちどもが出であいて串刺しやせん田楽が窪」という一節が残っており、これに表される「田楽が窪」は現在も豊明市二村山周辺に大字として残っている。また本来、坪、窪とは窪地や深田である地内を表しており、これを素直に信じるのであれば、当時の鎌倉街道周辺の窪地はこの地を置いて他に無い事になる。しかしながら、窪地や深田ではないが、江戸時代から昭和の頃まで名古屋市緑区の有松町桶狭間にも同様の字名が存在していたとされる地(現在の地番は緑区桶狭間北)があり、ここに比定される説もある。

以上のように、同時代の史料からは丘陵、緩やかな谷あいや窪地が錯綜したこれら一帯のどこかで合戦が行われたことが明らかになるものの、正確な合戦地の範囲、今川義元の本陣所在地、義元の戦死地などは完全には確定できない。

静岡大学教授の小和田哲男は、「桶狭間山」の場所を豊明市の古戦場の南方にある標高64.7mの地点と特定し(この場所は周辺では最高点で、晴れの日には遠く鳴海城や善照寺砦付近まで見渡せるという。また、この場所からだと豊明市の古戦場跡は北の麓、名古屋市の古戦場跡は西の麓になる)、織田軍2000と今川軍5000がぶつかったのであるから、「桶狭間山」の麓一帯は全て戦場になったとみて間違いないとし、どちらの古戦場跡も本物であるとしている。小和田によれば、「おけはざま山」から沓掛城に逃げた今川軍が討たれたのが豊明市の古戦場で、大高城に逃げた今川軍が討たれたのが名古屋市の古戦場であり、さらに義元の戦死地に関しては『続明良洪範』という資料に義元は大高城に逃げようとしたとあることから、名古屋市のほうで戦死したのではないかとしている。

奇襲[編集]

「どのように」、すなわち桶狭間の戦いの本戦の様子については、おおよそ以下の2つの説にまとめることができる[7]

  1. 「迂回攻撃説」
    善照寺砦を出た織田信長は、今川義元の本隊が窪地となっている田楽狭間(または桶狭間)で休息を取っていることを知り、今川義元の首を狙って奇襲作戦を取ることに決した。織田軍は今川軍に気づかれぬよう密かに迂回、豪雨に乗じて接近し、田楽狭間の北の丘の上から今川軍に奇襲をかけ、大混乱となった今川軍を散々に打ち破ってついに義元を戦死させた。
  2. 「正面攻撃説」
    善照寺砦を出た織田信長は、善照寺砦と丸根、鷲津をつなぐ位置にある鳴海城の南の最前線・中嶋砦に入った。信長はここで桶狭間方面に敵軍が行軍中であることを知り、その方向に進軍、折からの豪雨で視界が効かないうちに田楽坪にいた今川軍に接近し、正面から攻撃をしかけた。今川軍の先鋒は織田軍の予想外の正面突撃に浮き足立ち、混乱が義元の本陣に波及してついに義元は戦死した。

「迂回攻撃説」は江戸時代初期の小瀬甫庵作である『信長記』で取り上げられ、長らく定説とされてきた説である。これに対し「正面攻撃説」は信長に仕えた太田牛一の手になることから信頼性の高い『信長公記』に基づいており、また『信長公記』の記述は『信長記』と大きく食い違うことから、「迂回攻撃説」には現在では否定的な見解が見られる。

「迂回攻撃説」では、前提として今川軍が丸根、鷲津の勝利に奢って油断していたとされる。「正面攻撃説」を取る者も信長があらかじめ情報をよく収集して(後述)、今川軍が油断しているところを義元の首のみを狙って一挙にしかけたのだというような見解を述べることがある。例えば、『信長公記』には「今川義元の塗輿も捨てくづれ逃れけり」(今川義元は塗輿を捨てて逃げた)という記述があるが、総大将の目印となる塗輿が義元のそばに置いてあったのだから、つまり義元が奇襲をまったく予期していなかったのだという見方がされる。油断した大軍に決死の寡勢が突入して撃破するという構図は劇的でわかりやすく、また桶狭間の織田方の勝利の要因を説明しやすい説と言える。

これに対して、今川方が油断していたと明確に伝える史料は同時代のものが少なく根拠に乏しい、常識的にいっても合戦に慣れた当時の武将達の1人である今川義元(あるいは今川方の武将たち)がそのような致命的な油断をするとは考えにくいという反論もある。例えば大久保忠教の『三河物語』では、義元が桶狭間山に向かってくる織田勢を確認しており、北西の方角に守りを固めていたということも書かれてあるように、同時代人には今川方が必ずしも油断して奇襲を受けたとは思われていなかったことは指摘できる[8]

また、織田軍の「奇襲」成功の要因として、今川軍の情報を織田信長があらかじめよく収集していたという見解は非常によく見られる。その根拠として有名なのが、織田信長が桶狭間の戦いの後の論功行賞で、義元の首を取った毛利新助ではなく、今川軍の位置を信長に知らせた簗田政綱天正年間に信長の有力武将として活躍した簗田広正の父とされる)が勲功第一とされたという、『信長記』等における逸話である。この見解は信長が戦争における情報の重要性を非常によく認識していた証拠として挙げられ、信長の革新性を示すエピソードとしてしばしば語られるところである。

しかしながら、『信長公記』の記述を全面的に採用する正面攻撃説の論によれば、信長があらかじめ情報を収集していたという見解にも無理があることになる。これによれば、既に触れたように今川軍が油断して守るに難い場所で休息していたとする前提が成り立たない以上、義元の居場所が一定している保証はなかったはずである。何より『信長公記』によれば信長自身、中嶋砦に入ったところで敵中に突出することを諌める家臣に向かって、敵は丸根、鷲津砦を攻撃した直後で疲れきっているはずであり、戦場に到着したばかりの新手の織田軍がしかければたやすく打ち破れるはずであるという主旨の発言をしている。

この記述を素直に信じるならば、つまり信長自身は桶狭間に発見した敵の軍を、沓掛城から出てきたばかりの敵本隊だとは思わず、大高城から出撃してきた敵軍の先鋒隊であろうと考え、これを一気に打ち破ってともかく劣勢を覆そうとしていただけだったということである。

すなわち『信長公記』を全面的に論拠とする立場によれば、結局のところ織田信長が一時の形勢逆転を狙ってしかけた攻撃が、偶然に敵本隊への正面突撃となったということになる。

一方、この説を考慮に加えて今川方の条件を考察すると、そもそも今川方は油断していたかどうかに関係なく、この戦いにおいて非常な悪条件が重なってしまったと考えられる。沓掛城から出てきたばかりの時点ならば、隊形も整っていなかったはずで、十分に準備を整えた新手に猛攻を受けたとするならば大混乱に陥り、壊走することはありうる。すなわち、桶狭間の戦いは今川軍にとっては不期遭遇戦であったと思われる。さらにこれに、戦闘前後の偶然の雨天と、地形が窪地あるいは丘陵であったために混乱すれば本隊が撤退しにくい、などという条件が重なる。つまり、信長から攻撃を受けて今川勢は混乱を来たし、そしてその混乱は一時撤退して立て直せば十分に収拾が可能だったのであるが、それを行う間もなく、運悪く今川義元本人が討ち取られたということである。

以上の論点により、信長の奇襲とは地形的に選択され、計画的に行われた奇襲ではなく、タイミング上の奇襲であった、あるいは偶発的に奇襲になったのではないか、という解釈になる。このように『信長公記』を全面的に依拠する論によれば、桶狭間における織田方の勝利は、様々な条件が重なってもたらされた成功ということになる。

また、現在でもよく分かっていないことであるが、『信長公記』によると、信長本隊から佐々隼人と千秋四郎ら300人ほどの足軽隊が本戦前に今川軍に攻撃を仕掛けて敗退したという記述があり、これが何を意味するのかはまだ確定されていない(佐々隼人討死)。小和田哲男によれば、信長本隊の動きを今川軍にわかりにくくさせるための囮部隊で鳴海城をこの部隊に攻めさせて、「信長軍は鳴海城を攻める」と今川軍に思わせるための部隊であるという。また当時の合戦ではよくあったことだが、単に戦場に到着した信長の前で手柄を上げるために独自の判断で抜け駆けを行ったとの説もある。ちなみに、この部隊の中に若き日の前田利家もいたとの説もあるが、定かではない。

簗田出羽守の手柄[編集]

上記の通り、簗田出羽守の情報を元に奇襲作戦を行ったという説には疑問が持たれている。また、最初から奇襲作戦を行うとすれば信長があらかじめ綿密な作戦を立てているはずであり、今川軍が休憩中・行軍中のどちらであっても奇襲は決行されたはずである。そのため、今川義元の休憩場所を通報した程度で勲功第一になるのは過賞といえる。

しかし、そもそも簗田出羽守が勲功第一になったとする記述は史料には存在していない。それどころか、敗者である今川家にはこの前後の感状が残るが、勝者である織田家には信長からの感状が存在していない。

簗田出羽守の勲功第一と言う表現に比較的近いものは、小瀬甫庵の『信長記』や『武家事紀』にある「(義元を討ち取った)毛利良勝に勝る殊勲とされた」とし、その報酬として沓掛を拝領したとする部分であり、勲功第一と言うのは桶狭間の戦いの後、それまで今川氏の領有であった沓掛を簗田出羽守が拝領したと言う事実から、後に行われた小説的解釈である。

ほかに、簗田出羽守が合戦前に偵察や地形の調査を行っていたとも言われているが(『武功夜話』など)、確実なものとはされていない。現代では武岡淳彦が軍事研究家の観点から詳細に構想している[9]ほか、小和田哲男が沓掛の土豪である簗田出羽守が地形などを把握していた可能性に言及している[10]が、これらにも史料的な裏づけはなく、簗田氏の本領は九坪であるとする説もある[11]。武田鏡村は「合戦の際には双方にいい顔をするのが地域小土豪の知恵」とし、義元本隊の場所を土豪が通報した相手として簗田の名を出している[12]

また、中嶋砦の軍議で出撃に慎重な家臣が大勢を占める中で、簗田だけは作戦決行を強硬に主張して家臣団の消極論を封殺したとする説もある。だが、これも戦記物のような本には登場するものの、史料には見受けられない。

史料に残る事実は、桶狭間の戦い前までは今川氏領有の沓掛が、この戦いの後に簗田氏に拝領され、その領地になったということだけである。沓掛を拝領するような手柄を立てたことは確かであるが、それがどのような手柄なのかはわかっていない。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 小和田哲男 『戦史ドキュメント 桶狭間の戦い』 学研学研M文庫〉、2000年、216頁、ISBN 4059010014
  2. ^ 甲斐国の武田氏は晴信(信玄)期に三国同盟を背景に信濃侵攻を行い、北信地域を巡り越後国の上杉謙信川中島の戦いを繰り広げているが、信濃に拡大した武田領国は尾張の隣国である美濃に接し、武田と織田氏は永禄初年頃から外交関係を持ち始めていたと考えられている。
  3. ^ 太田牛一 「今川義元討死の事」『信長公記』より。「この時信長敦盛の舞を遊ぱし候。人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり。一度生を得て、滅せぬ者のあるべきかとて、螺ふけ具足よこせと、仰せられ、御物具めされ、たちながら御食を参り、御甲をめし候て、御出陣なさる。」
  4. ^ 甲斐の武田信玄は元亀年間に信長・徳川家康と敵対し、反信長勢力を迎合した将軍義昭に呼応して大規模な遠江・三河侵攻を行っている(西上作戦)。西上作戦は従来から上洛意図の有無が議論され、近年は前段階の駿河今川領国侵攻も含めて武田氏の軍事行動が中央の政治動向と連動したものであることが指摘されている(柴裕之「戦国大名武田氏の遠江・三河侵攻再考」)。
  5. ^ 小和田哲男『今川義元 自分の力量を以て国の法度を申付く』ミネルヴァ書房<ミネルヴァ日本評伝選>、2004年、239頁、ISBN 9784623041145
  6. ^ 谷口克広『検証本能寺の変』p27。
  7. ^ 作家の橋場日月は、両説を加味した上で新説として「別働隊による背後からの奇襲」説を唱えている(出典:『歴史群像』2008年2月号 ASIN: B00117DNI2)
  8. ^ 但し、大久保忠教の生年は1560年であり、合戦に直接参加していたわけではないことに留意する必要がある。
  9. ^ 武岡淳彦 『戦国合戦論』 プレジデント社、1981年、ASIN B000J800JY
  10. ^ 小和田哲男 『戦史ドキュメント 桶狭間の戦い』学習研究社〈学研M文庫〉、2000年、ISBN 4059010014
  11. ^ 谷口克広 『信長と消えた家臣たち』 中央公論新社中公新書〉、2007年、ISBN 9784121019073
  12. ^ 武田鏡村 『大いなる謎・織田信長』 PHP研究所PHP文庫〉、2002年、ISBN 4569578071

参考文献[編集]

  • 橋場日月 『新説 桶狭間合戦―知られざる織田・今川 七〇年戦争の実相』 学習研究社(学研新書) 2008年
  • 藤本正行 『桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった―信長の戦い(1)』 洋泉社(新書Y) 2008年
  • 『新訂 信長公記』(大田牛一著,桑田忠親校注, 新入物往来社刊)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]