飯尾乗連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飯尾 乗連(いいお のりつら、生年不詳 - 永禄3年(1560年))は、戦国時代武将今川氏の家臣。曳馬城主。父は飯尾賢連、子に飯尾連竜通称は善四郎。官位豊前守を名乗る。

飯尾氏渡来人三善氏の後裔。京都出身で室町幕府相伴衆の家柄とされる。祖父長連の代に駿河国へ下って駿河守護今川氏に仕え、父賢連の代になり今川氏譜代の重臣となった。

今川義元に仕え、永正年間に今川氏の支城曳馬城を築城(異説あり)し、城主となり同地に1万石を与えられた。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで織田軍の猛攻をうけ、戦死したとも、また落ち延びたとも言われる。静岡県浜松市東区の東漸寺に供養塔がある。

関連項目[編集]