毛利良勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

毛利 良勝(もうり よしかつ、生年不詳 - 天正10年6月2日1582年6月21日))は、戦国時代武将織田氏の家臣。通称は新助(新介とも)、新左衛門。諱は秀高とも。

生涯[編集]

出自については不明。織田信長馬廻として仕えたとされるが、小姓であったともいう。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでは負傷した服部一忠を助け、今川義元の首を取り名を上げた(この際、指を噛み千切られたともいわれる)。その功により、のちに黒母衣衆のひとりとなった。

信長上洛後は大河内城攻め甲州攻めなどに参加したが、桶狭間以後は目立つ活躍もできず、一隊の長に昇ることなく信長の側近として旗本部隊に属した。天正10年(1582年)、本能寺の変の際は京都に随行しており、信長の長子信忠を守って二条城に篭り、信忠とともに奮戦の末に討死した。

関連作品[編集]

小説
  • 『桶狭間の勇士』-文藝春秋中村彰彦
  • 『果報者の槍』(『王になろうとした男』収録の短編)-文藝春秋、 伊東潤