一宮宗是

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一宮 宗是(いちのみや むねこれ、生年不詳 - 永禄3年5月19日1560年6月12日))は、戦国時代武将今川氏の家臣。

天文23年(1554年)、甲相駿三国同盟により武田氏と同盟を結んでいた今川氏は、甲斐国戦国大名武田信玄信濃へ進出し侵攻を開始。その際に彼を援軍として信濃に派遣したとされている。武田信玄が信濃へ侵攻した結果、諏訪氏などの小豪族の多くは、滅亡したり、追放させられた。

永禄3年(1560年)5月19日、桶狭間の戦いで討死した。