朝比奈泰朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝比奈泰朝
時代 戦国時代安土桃山時代
生誕 天文7年(1538年)?[1]
死没 不詳
官位 左京亮、備中守
主君 今川義元氏真
氏族 朝比奈氏
父母 父:朝比奈泰能

朝比奈 泰朝(あさひな やすとも)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将今川氏の家臣。朝比奈泰能の子。掛川城城主。

生涯[編集]

生年は一説に天文7年(1538年)とされる。生母について明記した史料はないが、父・泰能の正室は中御門宣秀の娘で、寿桂尼今川義元の母)の姪にあたる。こうした縁から父とともに山科言継らとの交流も深く、弘治2年(1556年)には言継から「梶井宮之御筆百人一首」を与えられている。

父の死後に家督を継承し、備中守を称する。永禄元年(1558年)には駿東郡(現・沼津市)の霊山寺を再興している。永禄3年(1560年)には、今川義元の尾張国侵攻で井伊直盛とともに織田氏鷲津砦を攻略。窮地にあった大高城を救ったが、後続本隊の義元が桶狭間の戦いで討死。やむなく放棄し、撤退した。

義元の横死後、三河国遠江国の今川領内では動揺が拡大、離反する諸将もある中で、今川氏真を支える姿勢を貫いた。永禄5年(1562年)3月には謀反の疑いのある井伊直親を氏真の命により成敗している。永禄期には三浦氏満とともに越後国上杉氏との交渉に当たった。

永禄11年(1568年)12月、甲斐国武田信玄が同盟を一方的に破棄して駿河国に侵攻。それによって氏真が駿河国を追われると、泰朝は氏真を掛川城に迎えて保護した。同年末には三河国の徳川家康が遠江国に攻め寄せている。家康は曳馬城を陥落させるなど順調に遠州を制圧し、掛川城を攻囲した。こうした状況の下で、今川氏の重臣の大半は氏真を見限って武田氏徳川氏に寝返ったが、泰朝は今川氏に最後まで忠義を尽くしている。

掛川城を守る泰朝は5ヶ月に亘って奮戦したが、援軍の見込めぬ中での戦いには限りがあった。永禄12年(1569年)5月17日、氏真は開城要求を受け入れ、伊豆国に退去することとなったが、この時も泰朝は氏真に供奉し、伊豆へ同行している。氏真は北条氏の庇護の下に入ったが、泰朝は上杉謙信の家臣・山吉氏に援助を要請するなどの活動を行っている。元亀2年(1571年)12月、氏真は家康を頼って浜松城に出向くものの、泰朝はこれには従わなかった。

泰朝のその後の消息は不明である。

小説[編集]

  • 岩井三四二『難儀でござる』(光文社(光文社時代小説文庫)、2009年)

参考文献[編集]

  • 山本大小和田哲男編『戦国大名家臣団事典 東国編』(新人物往来社、1981年)
  • 戦国人名辞典編纂委員会編『戦国人名辞典』(吉川弘文館、2006年)、「朝比奈泰朝」(北村啓執筆)

[編集]

  1. ^ 『戦国大名家臣団事典』・『戦国人名辞典』は、ともに生年を不詳としている。

関連項目[編集]