中村獅童 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にだいめ なかむら しどう
二代目 中村 獅童
Nakamura shidou 2011 8 29.jpg
スペースFS汐留にて(2011年8月29日)
屋号 萬屋
定紋 桐蝶 Kiri chō inverted.jpg
生年月日 1972年9月14日(41歳)
本名 小川 幹弘(おがわ みきひろ)
襲名歴 1.二代目中村獅童
出身地 日本の旗 日本東京都
初代中村獅童
マスコミに答える中村獅童

二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、1972年昭和47年)9月14日 - )は、歌舞伎役者日本俳優声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。日本大学藝術学部演劇学科中退。2013年4月より京都文教大学客員教授。母親が社長を務める中村獅童事務所所属。

来歴[編集]

歌舞伎の名門・小川家(旧播磨屋、現・萬屋)に生まれる。結婚10年目での待望の長男であった。おおらかにスケール大きく育つようにと、母の陽子は幼い獅童に北海道の雄大な景色を見せたり、アングラストリップなどの多種多様な舞台を鑑賞させるなどしたという。

6歳の6月より日舞の稽古を始め、獅童自ら舞台に出たいと祖母に直訴。1981年、8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏む(萬屋3人(歌六・時蔵・歌昇)の襲名興行。『妹背山婦女庭訓』)。当初から二代目中村獅童を名乗る。「獅童」は父・小川三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。父は獅童が幼い頃に歌舞伎をやめているため、獅童は歌舞伎役者として後ろ盾がない状態でのスタートとなった。番頭も付き人もおらず、楽屋の支度などは全て母が付き添って行った[1]1983年10月、『春日局竹千代にて松竹社長賞を受賞。

中学時代よりロックに傾倒し、バンド活動を続ける。歌舞伎が開店休業状態のまま、日本大学藝術学部演劇学科に入学。在学時にはアマチュアバンドを結成している。19歳で歌舞伎の道を目指す事を再び決心するが、後ろ盾がないために役がつかず、最後列の一番端に並んでいるだけの役などを演じる下積みの日々を送る。

1995年3月、団優太とボーカルユニット「UNIT33」としてCDを発表[2]

1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説にて国立劇場特別賞を受賞。20代半ばより、歌舞伎と並行して野田秀樹大人計画などのオーディションを受け始めるが、落選が続く。しかし映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞日本映画批評家大賞毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。2002年公開、29歳であった。以降、多数の映画やドラマに出演することとなる。歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』にて初の主演を務める。またこの頃、タレントの篠原ともえとの交際が報道される[3]

2005年5月10日、オフィシャルサイトで『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子と結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、6月に婚姻届を提出。その後の会見で、竹内が妊娠3ヶ月であることも公表した。同年6月、京都南座にて『船弁慶』の弁慶役を務める。この公演で、初めて一人部屋の楽屋を使うことが許された[1]

2006年7月12日、酒気帯び運転と信号無視で警視庁に検挙された(飲酒運転騒動を参照のこと)。

2008年3月7日、竹内結子との離婚が成立。竹内側から離婚届の提出は2006年10月末には行われており、1年半近くが経過してからの離婚となった。

2011年8月29日、都内で行われた米人気ドラマシリーズ「SUPERNATURAL VI〈シックスシーズン〉」のブルーレイ&DVD発売イベントに出席し一般女性との交際順調と答えた[4]

家系[編集]

弟子[編集]

歌舞伎・舞台年譜[編集]

  • 1981年6月 歌舞伎座妹背山婦女庭訓』御殿の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名のり初舞台。
  • 1998年 名題適任証取得。
  • 2001年11月 平成中村座試演会にて『狐忠信』を初主演。
  • 2002年6月 国立劇場 鑑賞教室 『俊寛』の成経、解説『歌舞伎のみかた』
  • 2003年1月 浅草公会堂にて『義経千本桜』の狐忠信、『菅原伝授手習鑑・車引』の松王丸をダブルキャストによる初の主演。
  • 2003年6月 文化村シアターコクーンにてコクーン歌舞伎夏祭浪花鑑』の玉島磯之丞。
  • 2003年8月 歌舞伎座にて『どんつく』の門礼者、『野田版 鼠小僧』の辺見勢左衛門。
  • 2003年11月 錦秋花形歌舞伎全国巡業にて『三人吉三』の和尚吉三、『棒しばり』の曽根松兵衛。
  • 2004年1月 浅草公会堂の新春浅草歌舞伎にて、ついに歌舞伎十八番に挑戦。『毛抜』の粂寺弾正、『三人吉三』のお坊吉三など。
  • 2004年5月 - 6月 青山劇場にて『浪人街』(赤牛弥五右衛門役)に出演。
  • 2004年10月 三越劇場の三越歌舞伎にて『双蝶々曲輪日記・引窓』の濡髪長五郎、『白浪五人男』の南郷力丸。
  • 2005年5月 中村屋の披露目で野田の『研辰の討たれ』再演。
  • 2005年6月 京都南座 『船弁慶』の弁慶。
  • 2006年1月 浅草公会堂の新春浅草歌舞伎 歌舞伎十八番のうち『鳴神』の上人。
  • 2008年10月6日 - 26日 梅田芸術劇場メインホールで石原裕次郎三船敏郎主演で映画化された『黒部の太陽』を舞台化。石原裕次郎演じた岩岡源三を演じた(三船敏郎が演じた北川役は神田正輝が演じた)。
  • 2013年10月 新橋演舞場『大和三銃士』に主演。

受賞歴[編集]

逸話[編集]

  • 一曲だけ参加したものも含め、現在4枚のCDを出している。他にも、JTAKUYA、元Oblivion DustのFURUTONらと共に、RED SHOESで初めて組まれたバンド、「西麻布アウトサイダーズ」(2008年のバンド名は「高樹町ミサイルズ2008」)のボーカリストとしても活動し、年に一度「Wear Red Shoes!」に出演。メンバーの入れ替わりもあるためバンド名は変化し、2008年は「高樹町ミサイルズ2008」。
  • マーケティング会社ブライト・ウェイ(東京)が2006年9月7日にまとめた有名人の子育てイメージに関するアンケートで、子育てに不熱心な父親の1位に選ばれた。[5]
  • 大のスパイダーマン好き。映画『スパイダーマン2』『スパイダーマン3』のプロモーションに、”日本のスパイダーマン”として協力し、『アメイジング・スパイダーマン2』に吹き替えの声優として出演した。
  • ラーメンが大好きで、そのラーメン好きは芸能界でも有名である。1日3食ラーメンでも構わないというほど。プロデュースしたラーメンに、湘南獅龍麺がある。
  • 2003年に行ったダブルキャストでの初主演の演目のひとつ『義経千本桜』で演じた狐役が縁となり、動物の物語であるNHKテレビ絵本『あらしのよるに』の声優に抜擢された。仕事の依頼を受けた獅童は、配役のうちの1匹を演じると思い込んでいた。実際は出演する動物三役をすべて1人で演じている。
  • 若い頃ケンタロウとバンドを組んでいたことがあり、その際ボーカルを担当していた。はじめはベースをやっていたが「おれに歌わせろ」ということでボーカルになった(『ウチくる!?』09年3月29日中村獅童の回でVTRゲストのケンタロウが出演した際発言)。また同番組内では非常に仲がいいという辺見えみりがゲスト出演した。
  • 喫煙家である。
  • 無名時代から、遠戚(父の従兄=いとこおじ)である五代目 中村勘九郎に世話になり、「兄さん」と慕っている。その縁で、『たけしの誰でもピカソ』で中村座を特集した際、勘九郎に世話人に指名され、ビートたけしら出演者に、歌舞伎の指導を行った。そして、その後自らが特集されたものの、その事が出演者に忘れ去られ、VTRを見てやっと思い出してくれたが、流石に落胆していた。
  • 映画『ピンポン』に出演した当時は役作りでスキンヘッドと強面の風貌だったので当時は警察によく職務質問された。[6]
  • 2013年12月17日に母親の小川陽子が死去した。死去から10日後の12月27日に公開され、声優として出演した『劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』の12月19日試写会舞台挨拶を欠席した[7][8][9]

飲酒運転騒動[編集]

  • 2006年7月12日 酒気帯び運転と信号無視で警視庁に検挙された。当初の会見では、同乗者は妻・竹内とも知り合いである一般女性と発表していたが、実は女優岡本綾だったことが発覚した。
  • 2006年7月13日 記者会見後に、警察から家に帰り家族の顔を見て、人を轢いていたらと思うと反省するしかないと思い、来ていた仕事のほとんどを辞退し「一からやりなおす」と話した(既にアフレコの終了していた11月公開の映画『デスノート the Last name』は、差し替えられなかった)。
  • 2006年7月14日 イメージキャラクターを務めるマンダム、森永製菓、UCカードは、CM、HPなどの露出を自粛することを決定。契約については検討。
  • 2006年9月5日 主演舞台「獅童流 森の石松」のキャンペーンに出席。検挙直後に行った会見以来の公の場への登場となった。
  • 2006年9月8日 警視庁世田谷警察署により道路交通法違反(酒気帯び、信号無視)の疑いで東京区検察庁に書類送検される(なお、同乗者は"嫌疑なし"とされた)。
  • 2006年9月11日 アニメ 『DEATH NOTE』(リューク役)の出演が発表される。その後新作出演が続々発表され、事実上の復帰となる。
  • 2006年9月29日 東京簡易裁判所が、道交法違反(酒気帯び運転)で罰金20万円の略式命令を出した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ[編集]

  • 小悪魔ドクショ 〜文学で恋をつかまえる方法〜(2010年1月7日、日本テレビ)
  • デジスタ・ティーンズ(2010年4月21日、4月28日、5月5日、NHK教育テレビ)
  • 日本怪談百物語 その弐(2010年8月16日、NHK総合テレビ) - 語り手
  • 緊急SP!!THEプレミアムグータン(2010年12月15日、フジテレビ)- スタジオ・ゲスト
  • 歴史にドキリ(2012年4月4日 - 、NHK・Eテレ)
  • 井上ひさしとてんぷくトリオのコント(NHK-BSプレミアム、2012年7月8日)

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

ネットドラマ[編集]

舞台[編集]

作品[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]