ベン・ビラフロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・ビラフロア
基本情報
階級 ジュニアライト級
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 1952年11月10日(62歳)
出身地 フィリピンの旗 フィリピンネグロス島
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 69
勝ち 54
KO勝ち 31
敗け 8
引き分け 7
テンプレートを表示

ベン・ビラフロアBen Villaflor、男性、1952年11月10日 - )は、フィリピンの元プロボクサーネグロス島出身。身長166cm。元WBA世界ジュニアライト級(スーパーフェザー級)王者。サウスポー、強打のファイター・タイプで、世界タイトルを2度獲得、連続5度、通算6度防衛した。

略歴[編集]

1968年デビュー。1972年4月25日、18勝(12KO)1敗1引分けの成績でWBA世界ジュニアライト級王座に挑み、アルフレド・マルカノを15回判定で破ってタイトル獲得。1度防衛したものの、1973年3月12日、2度目の防衛戦で柴田国明のスピードに強打を封じられ、王座を失った。

しかし、同年10月17日に行われた再戦では、持ち前の強打で柴田に1ラウンドでKO勝ちし、タイトルを奪回する。アポロ嘉男上原康恒柏葉守人と、3人の日本人を含む5人の挑戦者から王座を守ったものの、1976年10月16日、プエルトリコの技巧派サムエル・セラノにアウトボックスされ、王座を失った。

スピード、フットワークのある相手を苦手とするなど、攻撃のセンスは卓越しているとは言い難かったが、その強打は破壊的であった。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アルフレド・マルカノ
第16代WBA世界ジュニアライト級王者

1972年4月25日 - 1973年3月12日

次王者
柴田国明
前王者
柴田国明
第18代WBA世界ジュニアライト級王者

1972年4月25日 - 1976年10月16日

次王者
サムエル・セラノ